RSS | ATOM | SEARCH
ハッピーバースデーチャレンジ

▼心の故郷、業務スーパーへ。

 

公園を通ると、コロナウイルスの影響で学校が休校のためか小学生が20人ぐらい遊んでいる。なかなか集うねえ、と感心。子供を家に閉じ込めておくのは難しいだろうし、仕方のないことかもしれない。なにせやつらは野獣。野獣どもが走り回っている姿を見てみょうに和む。もし私が小学生で、親から「コロナが流行っているから、あんまり大勢と遊んじゃだめよ」と言われても「二人ぐらいしか来ないから大丈夫〜」などと言って、遊びに行くだろう。自信があるんだ。

 

密閉空間ではないし、それほど心配しなくても良さそうに思える。桜も咲いて、いい陽気。花粉はひどい。

 

 

 

▼仕事で打ち合わせにうかがう。その会社では社長命令でコロナ対策として、外から戻った社員は必ず手洗いをし、その間ハッピーバースデーを2回歌うことが義務付けられたという。そのぐらい長時間洗わないと駄目なのだろう。ハッピーバースデーを2回というのは、イギリスのコロナウイルス対策でジョンソン首相が発表したものだった。

 

ワンマン社長の鶴の一声によりルールは決まったが、実際にトイレで歌うのは恥ずかしいという。というか、見てみたい。「ハッピーバースデー ディア 〇〇」のところを誰にするのかという問題もある。どうでもいいか。当初、皆きちんとルールを守るかが心配されていたものの、社長の思惑とは違う方向にこのルールは動き出したらしい。

 

いつの間にか社員の間で、いかにこのハッピーバースデーを高速で歌うかというハッピーバースデーチャレンジが始まり、7秒で2回歌いきる猛者も出たという。いや、君ら、努力の方向が‥‥。7秒で歌っているのを社長に目撃され、社長は激怒。3日目でこのルールは中止になったとか。私も参加したかった。また何か始めるのかな。どんな悲観的な状況でも、必ず楽しみはある。たとえバカだとしても。

 

 

 

▼くも膜下出血で入院された方の闘病記漫画。誰にでも起こる可能性がある恐ろしさを感じました。

 

 

 

▼FAINAL FANTASY擦離螢瓮ぅが4月10日に発売される。最初の発売が1997年なので、20年以上前の作品なんだなあ。ふうむ。最初の作品をプレイしていれば、リメイク作品は筋がわかっているからやらなかったけど、20年以上前となるともはや別物だろう。そもそも、落語や講談などは何百年前のものをリメイクし続けている。どうやってリメイクしたかが勝負という。そう考えると、やってみてもいいのかなあ。しかし、PS5のスペックも発表された今、PS4を買うというのもなあ。CPU3.5GHz、GPU2.23GHz、SSD825GB、メモリ16GB。CPUはAMD製ですね。これ、とんでもない値段になりそうだけど、いくらで売るんだろう。PCだとこのスペックだと20万以上はしそうだけど。むむむむ。どうしよ。PS4とりあえず買うのかどうなのか。

 

 

講談といえば、神田伯山(元・松之丞)さんがYouTubeで畦倉重四郎(あぜくらじゅうしろう)を公開しています。名奉行大岡越前が「許せない」と言った悪人が三人いる。徳川天一坊、村井長庵、そして今回の畦倉重四郎。全19席という長い話ながら、引き込まれます。4席まで観たけど面白い。講談はじめての方は是非。などと偉そうにいう私が初めてです。

 

 

 

▼映画の感想『オンリー・ザ・ブレイブ』を書きました。山火事専門の消防士という大変な仕事。犠牲者が多数出たヤーネルヒル火災を基にしています。消防士の訓練や山火事鎮火の様子など興味深い。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 14:59
comments(0), -, pookmark
わかってはいるが、わかるわけにはいかん

▼3月14日に雪が降り、桜の開花が同時に告げられた。桜の開花は観測史上もっとも早いとか。

 

テレワークが盛んになった。テレビ電話での会議も当たり前に。人の家の猫や子供が画面に乱入してきて楽し。もはや、テレでないワークに戻れる気がしない。ルー語のような。

 

 

 

▼バケツかぶせるドッキリ

シンプルですてき。

 

 

 

イギリスのUFOキャッチャー。あちらでも日用品が不足しているとはいうけど。

You got to be kidding me.... from r/gaming

これやりだすとねえ‥‥。いつか壊される予感。

 

 

 

▼新型コロナウイルスの話題ばかりなのだった。経済的に堪えられるかということもあるけれど、心的リソースというか、人々の心のHPがかなり減少してきているように感じる。ネット上ではとかく苛立っている人を多くみかける。完全に情報を遮断するのは有効だけど、実際そんなこともできないわけで、ニュースは目に入ってしまうし難しいところ。私はドラマや映画ばかり観ているけど、そんなのん気な人ばかりではないだろうし。

 

オリンピックはどうなるのかなあ。政府もさすがに中止か延期を検討しているだろう。難しいのが、何か大変なことが起きたときに本当のことを告げるべきかどうかということで、どうしたらいいんだろうなあというのはたまに考える。たとえば会社が傾いたとき、不安になった従業員から「大丈夫なんですか?」「お給料でます?」みたいなことを訊かれ「でないかも‥‥」などと答えると、転職活動を開始したり、辞める人がでることもある。社内が浮足立って変な感じになる。

 

社長としては認めるわけにはいかず「大丈夫!」と言うしかない。認めると、認めたことが本当になって倒産ということもある。社員を信頼して「今たしかにつらい状況だが、これこれこういう作戦で好転するから堪えてくれ」というのが誠意ある対応なのかもしれないが、なかなか難しい。この二つの間の答えがないものか。パニックを起こさせず、真実を伝える物の言い方を探しているのだけども。

 

「こんな状況でオリンピックやるのか」と怒っている人もいるが、政府としてはギリギリまで「やる」と言い張り続けて、中止となれば突然「なしよ」と言うしかない。そりゃ、そういうものでしかない。でもまあ、みんな意外と怒ってるなあという感じはある。そりゃ、なんだってそうなのだ。理想はすべての情報を共有することで、でもすべての情報を共有したとき、私たちは堪えられるのだろうかという心配もある。いや、そんな考え方は権力者に都合の良い奴隷の発想だと言われればたしかにそうではあるものの、今一つ、私は私の知性や理性を信じられないというか、パニック起こしそうな自信もあるのだった。だからこそ、真実の良い伝え方みたいなところを考えている。そんなものはないのだろうか。オリンピックで起こる混乱はどうにかなるだろうけど、コロナのことはねえ。

 

 

 

▼映画の感想『風の勇士ポルダーク(シーズン5)』を書きました。没頭して原稿用紙10枚分も書いていた。恐ろし。ドラマの完成度だけならば他にもっと優れた作品は多くあるものの、なぜか心に残る作品だったのだ。ああ、終わってしまったのかという。残念。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:47
comments(0), -, pookmark
コロナを言い訳に

▼花粉症まっさかり。ドラッグストアに寄ったが、相変わらずマスクは売っていない。今ある分で堪えるしかない。トイレットペーパーは、不足しているというデマが消えたせいか入荷していた。ドラッグストア名物、マスクをめぐって揉める人たちを生で見た。世紀末感、出てきたぞおと盛り上がる。私も火炎放射器を買って、モヒカンにしたほうがいいのかな。

 

 

 

亀田製菓が柿の種6:ピーナッツ4の比率を、柿の種7:ピーナッツ3に変更のニュースを見る日刊スポーツ)。

 

世間がコロナ一色に覆い尽くされている中、このニュースを放り込んでくるところがすごい。これほどどうでもいいニュースもなかなかない。このニュースの裏には、イルミナティやフリーメイソンの隠されたメッセージがあるのではないかと疑ってしまう。しかし、こういうときだからこそ、能天気なものが必要とされている。今度から柿の種7:ピーナッツ3なのだなと心に留める。何度読んでも「で?」以外の感想がないニュース。

 

 

 

▼打ち合わせ。とにかく来い、座っているだけでいいからというのでゴリラ部長に付いていく。座っているだけでいいなら、私いなくてもいいじゃんかあ、と思うのだけど。春はとりわけ眠いし。

 

打ち合わせを聞いていたら、ある仕事(Aとする)の進捗が遅いのをコロナウイルスのせいにしていたので驚く。けっこう世間ではあるのだろうな。まったくコロナ関係ないのに。Aの仕事というのはエンジニアのWさんしかできない。そのWさんは別件で急な仕事が入ってAどころではないのだ。代わりと言ってはなんですが先にBのほうを進められてはいかがですかという提案だった。なるほどー、そこで私にBをあてがってというわけか。

 

先方に対して、何もしないわけじゃないですよというアピールもしつつ、年度末で余っている予算もとりやすい時期だし、Bを受けることができれば社内に対しても顔が立つというゴリラ部長の思惑。だが、私の作業量は増大する。一作業者としては受け入れがたいものの、営業的視点では理解はできる。

 

ビルを出たゴリラ部長は、私に向かって得意げに親指を立てて見せた。しゃくにさわる。

 

 

そのまま溶鉱炉に落ちて、溶けてくれんか。それが人類のため。

 

お仕事があるだけ幸せである。たとえそれが朝に穴を掘り、夕にまたその穴を埋めるような仕事でも。そうやってだましだまし75あたりまで行けないものか。40までは来た。あと35年‥‥ながーい。

 

 

 

▼映画の感想『パージ:エクスペリメント』を書きました。12時間だけあらゆる犯罪が合法となる映画『パージ』の前日譚です。うーん、今回はあんまり盛り上がんなかったねえ。

 

『風の勇士ポルダーク』も完結したし、『コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語』も観てしまった。痛風のときはとにかく動画鑑賞がはかどる。なんもしてない。何か面白いのありませんか。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 11:09
comments(0), -, pookmark
CABAL