RSS | ATOM | SEARCH
見えないもの

▼担当していたキャンペーンが一つ終わった。結果は良好。近頃は「見えないものを見る」ということを周囲に言ってきた。隣席のTさんからは、スピリチュアル不思議おじさんと呼ばれている。不思議ちゃん扱いするのやめろ。

 

以前の会社で、この人がチームにいると仕事が円滑にいくという人がいた。そういった人たちはたしかにいる。彼らの共通点を考えてみると、つまるところ親切なのではないかと思う。仕事は、誰の担当でもない仕事というものが必ず発生する。そのときに「それは私の仕事ではない」と言うのではなく、進んで誰の担当でもない仕事をやる人がいると円滑に物事がすすむ。誰かがやってくれるだろうという仕事は、たいてい誰もやってくれていない。

 

仕事が失敗したとき、なぜその仕事がうまくいかなかったかを検証することはそんなに難しくない。道に石が置いてあって事故が起きれば、その石が原因というのはすぐにわかる。でも、何も起きなかった場合は難しい。誰かが親切心から石をそっとどかしてくれた場合、起きなかった事故については誰も知ることがない。でも、石をどかしてくれるような人は確かにいる。

 

見えないものを見たいというのはそういうことで、今回はその点を注意していた。石をどかしてくれた人たちはいた。彼らのすばらしいところは、石をどかしたことを自分ではわかっていなかったことにもある。今回の仕事を手伝ってもらうとき、仕事ができるというより、親切とか責任感があるという点を重視したけれど、それは間違っていなかった。スキルというのは勉強すれば上昇するけれど、親切だとか思いやりがあるというのは性格的なものだから実はずっと難しいことなのかもしれない。

 

隣の部署でも同時期に似たようなキャンペーンをやっていて、そちらは失敗した。その部署の責任者は「今回は不測のトラブルが何件か起きて運が悪かった」と言った。物事がうまくいくのは奇跡だ、というのは私の元上司がよく言っていた。今は少しその意味がわかるような気がする。通常、物事はうまくいかないのが当たり前で、うまくいくとしたら、誰かが影でなんらかの努力や貢献をしているということではないか。奇跡は、奇跡のように見えて必然なのだと思う。必ずその奇跡を起こしている要素がある。運ですべてを片付けてしまうとしたら、次にうまくいったときも運でしかなく、また失敗するかもしれない。運のせいにするのは何も考えていないからに思える。

 

「うちのチームは運がいいからねえ。運だけで生きていきたい」と言っている。スピリチュアル不思議おじさんなので、運気上昇にすべてを賭けたい。

 

 

 

▼kindleにマインクラフトを入れているんだけど、一回触っただけでまったくプレイしていない。

マイクラやろうかなあ。

 

 

 

▼映画の感想『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』を書きました。マシュー・マコノヒー、ウディ・ハレルソン主演の刑事ドラマです。派手さはないものの、執念で事件を追っていく。人の生き方とはなんだろうと思いました。面白かったです。地味な刑事物が好きな人にはお薦め。

 

 

 

▼ゲームの感想『Alice Re:Code(アリスレコード)』を書きました。ブラウザゲームを久しぶりにプレイしました。特に変わってなかった。バグが多発しており、感想というか観察記録みたいですけども。運営は本当に大変な仕事だなあとか。

 

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 11:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
時代に取り残されて

▼今はOSのインストールをUSBから行うこともあるんですね。便利な時代になったものだ。驚いていたら呆れられる。USBからHDDへのインストールは高速だった。かつてはOSアップデートやら環境を整えると、その日は仕事にならず一日がかりだった。それも今は昔。

 

などと昔話をすれば「何時代ですか?」と笑われてしまった。石器です。ウガウガの時代からやってまいりました。さっきマンモス狩ったんですけど、一緒に食べる?

 

 

 

▼知人の家の給湯器が壊れた。彼の住んでいる分譲マンションは規約が厳しく、取り付ける給湯器の色も決められているという。高級マンションというのもイメージを守るのが大変なのだ。外壁と合わせた色にしなければならず、給湯器の色を指定して注文すると40万ぐらいかかる場合もあるとか。「貴族には貴族なりの苦労があるんですねえ」と、いびってみた。「嫌なこと言うなよ。俺の昼なんて毎食450円以内だぞ。35年ローンだぞ」と言われる。

 

500円ではなく、450円という細かさに厳しさを感じる。食事の後、貴族に喫茶店でデザートをおごった。「好きなケーキ食べていいよ」と言ったら「本当か!? どれにしようかなあ!」と目をキラキラさせていた。40過ぎのおっさん、かわいや。

 

 

 

▼映画ではなくドラマばかり観ている。映画ならば長くても二時間ちょっとで終わる。当たり前だけどドラマは長い。『ザ・テラー』というイギリスの北極海探検航海のドラマを観ている。面白くなりそうでならないまま9話(9時間弱)まで観てしまった。いいかげん切ろうかなあと思いつつ、いつか面白くなるのだろうか。でも9話まで面白くなかったしなあ。残り1話しかない。ひょっとして、これ、面白くないのでは‥‥。

 

『TRUE DETECTIVE / 二人の刑事』(全8話)も観ました。これは面白かった。ウディ・ハレルソン、マシュー・マコノヒー主演の刑事ドラマ。犯人どうこうより、二人の生き方がしみじみとして味がある。つまらない人にはつまらないかも。

 

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
9月

▼何も悪いことをしていなくても時間は経つ。あっという間の9月。買い物に行けば、路上に蝉の亡骸が多数。

 

 

 

▼餌を取り出す猫。

この猫は私より5倍頭がいいので上司になってほしい。

 

 

 

▼私が推している英国ドラマ『ダウントン・アビー』ですが、これほど推しているのに誰からも観たという報告がない。ううう‥‥面白いのに。誰か観ておくれ。やはりこのブログの閲覧数の少なさでしょうか。なにせ書いているのが私、見ているのも私だけだからな。今に、コメントしているのも私、運営しているのも私、になるのではないか。恐ろし。

 

『ダウントン・アビー』といえば時代の価値観が面白い。1912年から物語は始まる。相続の都合もあり、貴族の長女メアリーは婿をとろうとする。お婿さん候補の一人として弁護士のマシューが選ばれる。この人は中流階級出身なんですね。最初にメアリーの一族がマシューについて心配するのが「この人、働いているみたいだけど大丈夫なの?」という。今の世ならば「働いてないみたいだけど大丈夫?」ですが、まったく逆なのだ。

 

働くなんて下賤の者のする卑しいことなんですね。当時の価値観とはいえ、えらいこっちゃ。貴族全員ニートやんけ、という。そんな『ダウントン・アビー』、さあ、あなたも観てみませんか。

 

 

 

▼仕事で関わったオンラインゲームがサービス早々バグの嵐でクレームが殺到という夢を見て、冷や汗をびっしょりかいて飛び起きたのだけど、待てよ、これ、現実だったわ、となりました。本当に、あのときは大変でしたねえ。過去のことみたいにいうけど、それほど過去じゃないという。ついこの間。時効として語るには早すぎる。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 02:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark