RSS | ATOM | SEARCH

▼4月の頭に種を撒いたバジルが芽を出した。ほんの小さな芽で、まだ1ミリか2ミリほどの大きさしかなく心細い。だが、鮮やかな緑が美しい。植物は水をやれば芽を出す。人間と違ってきちんと応えてくれるからいい。

 

何かありましたか。

 

 

 

▼自宅の前に停めてある営業車の会社を調べ「お宅の社員がサボっています」と、会社に告げ口をするのが趣味の卑屈君という人がいる。卑屈君は前から被害妄想気味なところがあって「誰かに監視されている気がする」という。話を聞いてみると、家の表札の隅に小さく印が付けられているらしい。泥棒とか訪問販売の人間が、住民の情報を共有するのにそういった印を付けるというのは聞いたことはある。一人暮らしだとか、老人だとか、気弱で商品を買わせやすいとか。

 

スマホで撮った表札の画像を見せられる。かすかに「×」と書かれているようにも見えるし、ただの傷のようにも見える。仮に「×」だとしても情報が少ないようにも思う。ここに住んでいる人間はダメな人、というなら正解だけど。「これは絶対に泥棒ですよ。狙われてるんですよ!」と興奮気味の卑屈君である。

 

「そんな心配なら警察に相談したら?」といってみたが、このかすかな印だけで警察に行くのはさすがに気が引けたらしい。「大丈夫。防犯対策はしました」と自信満々なので、防犯カメラでも付けたかと思えばそうではない。彼の住むアパートの他の住人の表札全部に「×」を書いてきたとのこと。正真正銘のクズを見た。お巡りさん、コイツですコイツ。

 

 

 

▼BSでは原節子の映画をまとめて放送しているらしく何本か観る。小津安二郎や成瀬巳喜男が監督した1950年代のものが多い。ハリウッドや韓国映画ですさまじい拷問や暴力を観た後、こういった作品を観ると不思議な気分になる。ささいな仕草、視線の運び方に登場人物の細やかな気持ちが表れている。たいした事件は起きないし、見ようによってはずいぶん退屈だ。

 

薄味の食事を続けていると味覚が鋭敏になる。ちょっとした味の変化もそうだが素材そのものの味を感じる。それと同じで小津映画などを観続けていれば、多少は人情の機微などもわかるようになるだろうか。たくさんの映画をただ観続けていても、味つけの濃さで味覚が麻痺するようなこともあるかもしれない。ちょっと静かなものを観るのもいいかなあと思っている。

 

そんなこといいつつ、頭が派手にぶっ飛ぶタランティーノ監督の「ヘイトフル・エイト」を観ました。罵倒、罵倒、暴力、罵倒というような。濃いったらありゃしない。これはこれでジャンクフードの美味しさ。たまらん。他にはフランス映画「エール!」成瀬巳喜男監督「山の音」などの感想を書きました。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 15:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
8年

▼JUGEM(このブログのレンタル元)の管理画面の仕様が変わり、ブログを始めた日が管理画面に表示されていた。もう8年もこんなことをやっているのかと愕然。8年‥‥。小1が中2‥‥。あんなにかわいかった坊主が、盗んだバイクで走り出す年頃ではないか。万引き、恐喝、校内暴力に明け暮れる日々ではないか。情報がいちいち古いんですよ。昭和の香りがきつすぎる。

 

 

 

▼北朝鮮のミサイル発射失敗のニュースを見る。最近どうもきな臭い雰囲気だなあ。佐藤優さんの本などを読むと、政治のことは複雑すぎて外側からは絶対にわからないものに思える。今回のミサイル発射失敗は、本当に失敗だったのかなと思う。アメリカは2隻の空母を朝鮮半島に向かわせていたこともあったし、シリアにミサイルを撃ち込んで緊張状態が高まっていた。

 

そんな中で北朝鮮のミサイル発射失敗は、他国にとっては北朝鮮の技術力の不足を示すようで緊張を緩和させたようにも見える。北朝鮮の内部に戦争を始めようとするような急進派がいたとしても、技術力の不足ならば今は我慢するしかないとなる。もし、成功していたら「成功しているのになぜやらないんだ」と穏健派が糾弾されるかもしれない。閉ざされた体制の中では、過激なことをいう方が力を持ちやすい。

 

世の中には頭のいい人がいるし、今回わざと失敗させたとすればこれはかなり優れた行動に思える。そんなことはないのだろうけど。

 

 

 

▼そんで日本はポテチ不足に陥っていた。平和。

「作業請け負います」とかではなく「貸します」という直球の言葉。そうだよなあ。本当は会社勤めの人間は、会社に自分を貸しているともいえるんだなあ。それにしても怪しいぞ。幸雄は誰なの。

 

 

 

▼映画の感想「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」書きました。面白い映画だと「いやあ、良かったねえ」ぐらいしか出てこない。何もいう必要がない気にさせられてしまう。ごく当たり前のことしかいえない。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
盛り塩

▼ヤクルト×中日戦を観ていたら、ヤクルトベンチの隅に盛り塩がしてあった。ヤクルトは6連敗中ということで神頼みということらしい。サッカーでコートジボワールが呪術師を連れてきて、相手のチームに呪いをかけて勝とうとしていたがそれと同じような。もはや実力で勝つことはあきらめたか。盛り塩はしないほうがいいように思う。対戦相手のある競技でやると、相手に「今弱ってます」と告白しているように思える。精神的な弱さを感じる。

 

わはははは、我が中日ドラゴンズが盛り塩チームに負けるわけがない。すでに勝負あった! と思ったら、岩瀬が打たれてまさかのサヨナラ負け。効いたんじゃないの、盛り塩。中日もやったらどうか。

 

 

▼我が町散策。いまだに自分の住んでいる町で迷子になる。今日はドクターペッパーの売っている自動販売機を発見した。珍し。コーラなどに比べてあまり人気のない炭酸飲料だがコアなファンも多い。アニメ「シュタインズゲート」で主人公が愛飲していたこともあったし、細々とまだ生産されているのかな。

 

中学時代、先輩に「ジュース買って来い」といわれ、ドクターペッパーを買って戻った。「なんでよりによってドクターペッパーなんだよ。おまえ、グラウンド三周走ってこい」と理不尽に怒られた。ドクペを買った罪でグラウンド三周走らされたこと、まだ忘れない。もう41なんですけど。そんなドクペの思い出。

 

 

▼浅田真央さんが引退。記者会見での記者の質問が話題になっていた。「トリプルアクセルに声をかけられるとしたら、どんな声をかけたいですか?」という技を擬人化した変な質問だった。「なんでもっと簡単に飛ばせてくれないの? って感じです」という見事な返しだった。仮にうまく答えられなかったら記者は批難されただろう。なんであんな変な質問するんだポンコツ野郎ってなる。ああいった人柄の表れるような切り返しで、誰かを救うこともできるのだなあ。

 

涙が溢れそうなときは後ろを向いて涙を見せないようにしていたのが印象的でした。お疲れ様でした。

 

 

▼映画の感想「HUNGER ハンガー」書きました。井戸の底に閉じ込められて共食いする話ですムシャムシャ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark