RSS | ATOM | SEARCH
青い便箋

▼元ヤクルト、阪神、楽天の監督野村克也さんが亡くなった。鋭い観察眼での辛口の批評、愛嬌のある人柄が好きだった。野村さんというと野球界への多大なる貢献もそうですが、野球以外でも視野が広く優しい人だったように思える。野球を辞めてからの人生のほうが長いのだから、選手に本を読むよう薦めて人間的な成長を促している。サッチー(奥さん)の経歴が嘘だらけで、野村さんもだまされていたことについても「それだけ自分と結婚したかったのだろう」と語っている。だまされたことに対する恨みはなく、懐の深い人だった。また一人、好きな野球人が逝ってしまった。

 

 

野村さんの本を読むのなら、技術についての話は『野村ノート』がいいと思います。あとの本はもう、なんというか、ご本人も認めているとおりタイトルが違うだけで内容がほとんど同じなんですよねえ。野村商法。

 

 

 

▼部屋を掃除していたら白い封筒が出てきた。中に入っていた青い便箋には小さく丸いかわいらしい文字が並んでいる。便箋の下のほうには血が飛び散ったような跡が何滴かついていた。大学時代に好きだった子からの手紙だった。よくこんなもの取ってあったなと驚く。私が手紙で告白して、その返事だった。手紙て。重い感じですけども。当時はギリギリありだったような‥‥。ありだったんです! 誰への熱弁か。

 

彼女には付き合っている人がいてフラれたのだけど、なんだかすっきりしないのは「女は受け身の立場だし、一回断られたぐらいであきらめちゃ駄目」みたいなことが書いてあった。フラれたのはいいとして、つまりこれはどういうことなのかと悩んだ。脈があるのか、でもはっきり彼氏がいると書いてはある。暗号か、これは。現代国語の成績は良かったはずなのに、そんなものは女心の前ではまったく無力。簡単な日本語の意味がわかりません。当時、女性との交際経験もまったくないわけで目まいがした。

 

悩んだ私は、バイト仲間で年上の女子に相談してみた。でも、無駄にプライドが高いので「実は友達がこういう手紙をもらって困惑しているんだけど、女性の立場から見てどう思う?」と、友達のことという嘘をついて訊いてみた。彼女はすばやく手紙に目を通すと「脈があると思いたいのかもしれないけど、どうせキープ扱いにしかならないし、こんなこと書く子はやめたほうがいいんじゃない? あんたにはちょっと手に負えなさそうだけど」と言った。

 

友達のことという嘘は3秒で見抜かれていた。動揺した私は彼女から手紙をひったくるように取ると、お礼もそこそこに走り出したと思ったら板場の巨大な冷蔵庫に激突、鼻血を出してぶっ倒れたのだった。口の中にひろがった血の味がよみがえるような心地がした。今、手紙を読み返してみたのだけど、20年経ってもやっぱり意味がわからない。女心は暗号。これ、私が人間として何も進歩してないのでは。

 

 

 

▼映画の感想『MR.ROBOT / ミスター・ロボット』を書きました。ハッカーのドラマ。面白かったです。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 00:47
comments(2), -, pookmark
予習

▼森で一番賢いゴリラことゴリラ部長と昼ごはんに。駅前でストリートミュージシャンが演奏していたのでしばらく聴く。ゴリラ部長はしみじみとした口調で「音楽は人の心を豊かにするよなあ」と、私の肩をたたくのだった。心が貧しい人が言うのだから間違いない。

 

 

 

▼今日も今日とてオンラインゲーム『Destiny2』をプレイ。苦難の末、『虫の囁き』というスナイパーライフルを手に入れた。ほほほほ。がんばった。などと書いてもなんのことやらでしょう。いいのです。このブログはDestiny2ブログであるからして、今後はDestiny2のことしか書かないんだ。

 

今までソロプレイだったのですが高難易度コンテンツでは手も足も出ないので、ついに人とプレイするように。

 

 

で、三人推奨のステージ『砕かれた玉座』にチームで行ってきた。これがまあねえ、難しいのです。今のオンラインゲームは予習が必要なものが多い。『Destiny2』も高難易度レイドに行くなら、事前にYouTubeで立ち回りや装備の確認が求められる。遊びじゃないんだよ! という。遊びですけども。

 

PS4だと簡単に日本人と組めるのだけど、PC(Steam)だとどうしても英語圏の人とチームを組むことが多くなってしまう。チーム内のコミュニケーションも全部英語。今まで英語が必要な状況でも、Hello、Thanks、顔芸の3つで乗り切ってきたが、もうそれも通用しない。英語の偏差値が5しかないわけでしんどい。やはり勉強は必要だと、まさかゲームの世界で痛感するとは。日々是勉強。

 

 

 

アメリカに出没する落書き犯「ペニスマン」本気を出した警察が逮捕livedoor NEWS)。

 

街中に「PENIS MAN」と書きまくったというバカみたいな話ですけども。バカは人を和ませる。定期的に供給してほしいもの。ちょっと笑ったのは、この犯人が捕まったときのコメント。「重装備に身を包んだ25人のSWAT隊員がフェニックス西部にある私のアパートと車を襲撃し、私の顔にアサルトライフルを突きつけました」というもの。やりすぎだろうよ。相手はテロリストじゃなくて、ただのバカである。アメリカ的でたいへんよろしいニュース。

 

 

 

▼私の住んでいる地域でもいつの間にかUber Eatsの配達が始まっていた。あんなものは芸能人かYouTuberが頼むもの、そう思っていたのだけど配達料が安くて驚く。50円から高くても450円ぐらいなんですね。1500円ぐらいするのかと思ってた。庶民でも頼めるのか。Uber Eats内のマクドナルドのメニューを見ていると「スマイル0円」というのも注文できる。

 

これはどういうことになるのかな。スマイルを注文すると、Uber Eatsの配達員の人が注文者にニコッと微笑んだりするのだろうか。そもそも、スマイルを注文する人間がちょっとなあという。大学のサークル内の盛り上げ役で自分のことを面白いと勘違いしていそうな人が注文しそうというか、なにかスマイル0円を注文する人に恨みでも? どうした、オイ。

 

今日は体調不良です。Uber Eatsでなんか頼むか。スマイル抜きでフィレオフィッシュでも注文するか。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 19:09
comments(0), -, pookmark
マウンテントップ

▼『Destiny2』というオンラインゲームをやっています。撃ち合いのゲームです。『Destiny2』には数百種類の武器がある。中には手に入れるのがかなり難しい物がある。特に『マウンテントップ』というグレネードランチャーは、その名前から取得する作業を「山登り」と揶揄されるほど困難な武器なのだ。私はこのマウンテントップを担いで飛び跳ねながら、敵をバッタバッタと倒して愉快な気分になっていた。

 

 

そこで目が覚め、夢ということに気づいた。これはさすがに少し凹んだ。武器欲しさのあまり、夢にまで見るとは。ゲームだぞ。夢にまで見ていいのは、せいぜい中学生までではないか。あまりに痛々しすぎる。私の周囲では、不倫がばれたり、息子の受験があるので小遣いを減らされたり、部下の育成に悩んだり、40代はそういう歳ではないか。マウンテントップを欲しがっている場合か。

 

ともあれ、それほど欲しいならばがんばって手に入れよう! と切り替えた。くだらないことには前向き。この武器を手に入れるには、大雑把にいえば対人戦で勝ってランクを「壮大」というところまで引き上げるのと、グレネードランチャーでダブルキルをとりまくるという2つの条件が必要。山登りと言われるだけあってかなりしんどいのだった。粘り強くやって3週間ぐらいかかりそう。低い山なら、実際に山に登るほうが簡単なのでは。

 

クエストが思ったように進まず、攻略法を調べてみたら代行なんてあるんですね。お金を払ってアカウントのIDとPASSを渡して代わりにとってもらうという。オークションで代行が出品され、かなり落札されていることに驚いた。もちろん規約違反だし、そもそも代行してもらうとゲームをやる意味がないようにも思うけど、取るのが大変なので気持ちはわからないでもない。ちらっと見たらマウンテントップの場合、2万円ぐらいのようですね。2万かー。わーお、代行業で食べていけるのでは。ビジネスチャンスがやってきた。バレたらアカウント削除されますけど。

 

コツコツ積み上げた実績でマウンテントップを手に入れる事に成功した。ほほほほほ。いざ、使ってみたもののミリティア・バースライト(別のグレネードランチャー)とほぼ同じではないか。うーむ、苦労したわりに‥‥というのはこのゲームではよくある。ま、良しとしましょ。

 

 

 

▼一人でバーに行くというコメントを見て思ったが、大人だなと思う。一人でバーに入れるとか、行きつけのバーがあるというのは、大人の定義の一つかもしれない。憧れる。なにやら敷居の高さを感じるし、そもそも入口の木の扉が重々しい。バーといえばバーテンがお酒を差し出し「(これは)あちらのお客様からです」であり、ウィットに富んだ会話をバーテンと交わし、雰囲気の良いジャズに耳を傾けながら葉巻をくゆらせる。私のバー情報、昭和で止まっているけど大丈夫か。

 

私ごときが足を踏み入れていい場所とも思えない。バーに一人で行ってもいいのは北方謙三ぐらいではないか。謙三ぐらいの風格が欲しいところ。マウンテントップで、はしゃいでいる場合じゃないんだよ。

 

さて、では、これから新しい武器『願望の終人』の取得に向けてがんばろうかと思います。人には身の丈というものがある。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 21:10
comments(0), -, pookmark
CABAL