RSS | ATOM | SEARCH
荒木飛呂彦の漫画術(荒木飛呂彦)

▼荒木飛呂彦の漫画術(荒木飛呂彦)

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」でお馴染みの荒木先生の漫画の描き方。漫画を描く人が読んだ方がいいのはもちろんだけど、わたしのようにまったく漫画を描いたことがない人間が読んでも面白い。漫画の描き方だけでなく考え方がためになる。小説や映画の観方などにも繋がるし、なぜあの小説が映画が面白いかというのも、この本の考え方に当てはめると理解できるものもある。

 

描きたいテーマがあるが編集者との考え方に違いがあり、そのままでは描きたいものが描けない。どうやって作家性を曲げることなく編集者にも納得してもらい、漫画家としてご飯が食べていけるか。環境の整え方などにも言及している。物事を分析的に捉えていく手法は、そこら辺のビジネス本をより優れている。

 

また、ジョジョを読んでいたときに感じた誠実さの正体がわかった。安易に、超人的な力を持った人間や必殺技が出て事件が解決されるということがない。将棋だとか、本格ミステリーに近いものがある。作者も読者も同じ材料しかなく、隠されているものがない。解決不可能と思われる困難な状況から見事な解答を提示してみせる。だからこそ、読み手は素直に感心できる。黒澤映画でも似たようなことを感じる。

 

ジョジョの四部では吉良吉影という手強い悪役が出てくるが、荒木先生があまりに登場人物たちを追い込みすぎて「勝てないかと思った」と書かれているのには笑ってしまった。自分で追い込んどいて。

 

物を作るお仕事の方には特にお薦めです。

 

 

 

▼注文を「忘れる」料理店 ふしぎなお店が目指すものは(Yahoo! ニュース

期間限定ですが認知症の店員が接客をする店。いつか自分もそうなるかもしれないことを考えると、こういう場所ができたらいいなあ。

 

 

 

▼映画の感想「ナイトクローラー」を書きました。報道専門パパラッチの話。モラルを売ってお金に換えるぞお〜。ジェイク・ギレンホールの怪演。ギョロ目がすごい。

 

ゲームの感想「CREATIVERSE その2」を書きました。巨大蟹を召喚。しかしですね、誰かこのブログ、読んでくれる人いるのかな。うーむ。そもそもこのゲームやっている人が日本で50人もいなさそうだけども‥‥。

 

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 01:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ファスナー

▼今使っているエアコンが冷えなくなってきたので買い換えなければ。家は変な間取りなので、なかなか冷えない。エアコンも、もう15年ぐらい前のものである。価格を調べると工事費込みで一畳一万円というのが、だいたいの相場らしい。百畳だと百万円ということになる。うーん、百万円かー。懐が冷え冷えである。もはやなんのために働いているのかわからないことになる。

 

 

 

▼女物で、背中にファスナーがついている服がある。事が終わり、女が服を着て「上げて」と男に背中のファスナーを上げさせる。そんな場面を映画で観かけることがある。あれがよくわからない。自分で上げられないとしたら、家を出るときどうやってその服を着て来たのだろう。着方がよくわからないのだ。

 

家の壁にフックがあって、まずそこに服のファスナー部分を引っかけます。その服(おそらくワンピースのような形状)の下から潜り込むように体を入れて着る。このとき、ファスナーがフックから外れないようにする。そんで、背中のフックとファスナーをうまく抑えたまま、体を下方向に移動させる。がに股でしゃがむようにすると、体重の重みでファスナーが上がるのではないか。ファスナーが上がったら、今度はフックからファスナーを抜く。高い所にかけていた場合、ジャンプして抜くのだろうか。どんな美女でも、がに股になったり、ジャンプしたりしていると考えると間抜けである。ははは。

 

違うと思います。何かわたしの知らないやり方があるのだろう。間抜けはおまえのほうだという。

 

しかし、あの「上げて」という命令も、かなりいい女感を醸し出している。そうでない人間がいったなら、後頭部をスリッパで叩かれても仕方ない気がするが、そんなことはないだろうか。なにこの文章。

 

 

 

▼BSで再放送していた「マイケル・サンデルの白熱教室 トランプ派対反トランプ派」を観る。観ようと思っていたわけじゃなくて、テレビをつけたらやっていたから観たのだけど予想外の展開で引き込まれた。

 

トランプ支持者に対する偏見がわたしの中にあって、話を聞かない人たちなのではないかと思っていた。最終的には拳で解決になったら面白いと思っていたら、そんな番組ではないという。当たり前か。この番組に出ているトランプ支持者はとても冷静で、トランプ氏の政策や行動をすべて支持しているわけでもない。反トランプ派の意見や価値観の違いを受け入れ、反論にもきちんと耳を傾けていた。

 

討論番組でよくありますが、相手の発言をさえぎって自分のいいたいことだけをいったり、相手をへこましてその場を制したら勝ちということじゃないんですね。相手を侮辱したり人格批判などもない。そういった態度が本当に問題解決に繋がるのかが疑問で、ほとんど討論番組を観なかったのだけど、この番組は違った。サンデル教授の巧みな進行もあって、怒鳴り合いになるようなこともない。

 

番組は2時間あり、収録時間は2時間を超えているだろうから、実際はもっと長く討論をしていたことになる。やるにしろ、観るにしろ、なかなかのエネルギーを使いますね。討論の中では、マスメディアの姿勢についても取り上げられる。極端で過激な意見がもてはやされ、「ようするにどういうことなの?」とすぐに結論を求められる。わかりやすい意見だけが放送され、複雑で理解に時間がかかるものは捨て置かれてしまう。そんなものは視聴率が取れないし、誰も観ないということだろうけど。でも、極端で過激な意見ばかりが放送されるというのは問題に思える。ジャンクフードは美味しいけど、たまには野菜もねという。

 

トランプ派も反トランプ派も丁寧に議論をするうちに、お互いがわかりあえるのではないかという希望を持って番組を終えた。特に移民問題については移民排斥を唱える人が誰もいなかったことにも希望が持てた。でも、それはこれだけの時間、きちんと時間を使ったからだろう。誰もが観る番組ではないにしろ、こういった番組は意義があるしやり続けてほしい。この番組はNHKが企画したものなんですね。アメリカでは放送されないのかな。だとするとすごく残念に思える。久しぶりに、まともなアメリカ人を観たようで嬉しかった。ほら、ふだん、銃で頭をふっ飛ばしたりする映画ばっかり観ているから。

 

 

 

▼百畳の家に住んでない。念のため。二畳ぐらいである。そこにわたしの家がある。お給料はドングリだし、ボーナスではヒマワリの種が出る。今度のボーナスでは、回し車を買おうと思います。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 19:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
父の日

▼父の日、お父さんにパソコンを贈ろうという宣伝メールがDELLから来る。DELLでパソコンを買う人は、自分用にカスタマイズして注文するイメージがある。それこそ、勝手にパソコンを贈られたら怒りそうな人たちが顧客だと思うのだけど。マイクロソフトは嫌いだからオフィスは使わないとか、そもそもWINDOWSいらないとか、インテル嫌いだからAMD積みたいとか、ゲームやるからグラボは最低これ以上にしろとか。面倒くさいユーザーだな。

 

はたしてこのメールは効果があるのだろうか。そう思ったんだけど、そもそもこのメールが来るのはDELLのオンラインショップにユーザー登録していた人だけなのだ。メールを受け取ったお父さんが奥さんに見せて「これ安いし、買いたいんだけど」と自己申告するのではないか。解決。そうか。あなたは家族からパソコンをプレゼントしてもらえる幸せな方ですね、という自尊心を満足させてくれる宣伝メールなのだ。勉強になる。DELLもまさか「おまえに決裁権はないから妻に許しを請え」とはいえない。そこまで見越しての、お父さんにパソコンを贈ろうというメールなのか。納得。

 

買わない。もうDELLからは買わない。面倒くさいユーザーだな。

 

 

 

油淋鶏(ユーリンチー)を作る。鶏の甘酢あんかけですね。このレシピだと餡はないけど。片栗粉で揚げましたらサクサクして美味しい。油の処理が面倒だから揚げ物はあまりやらないけど、フライパンでも大丈夫なんですね。調味料に酢が少し入っていて酸味が食欲をそそります。サクサクなのは嬉しいけど、うまく切れないのが悩み。包丁が悪いのかな。また挑戦せねば。ともあれ、太る。これは太る。明日も作る。油淋鶏ブームが来ている。

 

 

 

▼仕事を請けている会社へ。変な男がいると隣席のTさんから相談を受ける。その男は仕事を委託している先の人間で、たまにこの会社に来て、6時ぐらいに会社を出る。Tさんが会社を出たとき、男が前を歩いていたのでなんとなく後を付いていったという。男は駅には向かわず、なぜか遠回りする道を通る。たまに通りの家を眺めて立ち止まることもあるが、何をするでもなく結局そのまま駅に向かったのだという。不思議といえば不思議な行動。だが、考え事でもしていたのではないかと思う。

 

しかし、その日だけではない。別の日、また男が前を歩いていたので後ろを付いていくと前とは別の道を通る。男が通るのは住宅街で、たまに立ち止まり家を眺めているようなのだ。そしてすぐにまた歩き出して、結局どこにも寄らずに駅に行く。そんなことが3、4回あったらしい。たしかに男は挙動不審かもしれないが、いちいち尾行する方も不審者である。

 

Tさんも最初は彼が考え事などをして遠回りしているのだと思っていたが、空き巣か下着泥棒の下見でもしているのではないかと疑うようになったという。

 

話は逸れるが下着泥棒は不思議。ニュースでたまに見るが押収した下着が何百枚、何千枚と並んでいる写真がある。もはや中の人にはまったく興味がないのだろうか。以前、知り合いで饅頭は好きだけど中の餡子は嫌いという人がいた。彼は饅頭を食べたとき、きれいに餡子だけ残して皮だけを食べた。残された黒い餡子の塊は異様に見えた。わたしにとって饅頭の本質は餡子だったけど、彼にとっては餡子をくるむ皮なのだ。

 

下着泥棒は餡子嫌いと同じで、中には興味がないのだからどうでもいいのだ。外側が美味ければいいのだ。納得。今日は立て続けに納得する日である。

 

で、ひょっとしてお気づきかもしれませんが、この毎回ルートを変えて帰る人間はわたしなのだ。住宅街で立ち止まるというのは、家から漂ってくる晩御飯の匂いをかいで「今日は鰻だな。フヒヒヒヒ」と、嗅いで嬉しくなっているだけなのである。べつに自分が鰻を食べられるわけでもないのだが。よくよく考えるとちょっと気持ち悪い趣味。そのために遠回りまでするか、普通。Tさんには「考え事をしていただけ」とごまかしたが、まだ疑われている。だが、いい歳してこんなことをしていると告白するのも何か恥ずかしい。ここはやはり下着泥棒をするために家を物色していたという方がノーマルなのではないか。よし、それでいこう。

 

 

 

ゲームの感想のブログを作りました。今後、ゲームのことはそちらで書いていこうと思います。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 09:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark