RSS | ATOM | SEARCH
歯、割れる

▼先日、かりんとうを食べて歯が割れたので今日、歯医者へ行った。奥歯の一本が割れたのだけど、舌先でレロレロしてみると歯の半分ぐらいない感じなのだ。かりんとうで歯が割れるて。おじいちゃんである。ヨヨヨ‥‥。

 

以前に歯医者へ行ったのは5年ぐらい前だった。会社の近くの歯医者で歯石をとってもらった。それからだいぶ時間が経ってしまった。「1年に1回ぐらい来てくださいよ。歯医者嫌いでしょうけど」と言われてしまう。自分の職業が嫌いなんて言われると傷つくんじゃないかと思い「歯医者、大好きなんです」と気を遣ったら「何言ってんだ、この人」みたいな顔をされた。やや引かれたのではないか。気の遣い方がわからない。

 

歯医者は無精髭の泥棒みたいな顔をした人だったが、説明が丁寧でわかりやすかった。歯医者は泥棒に限る。で、歯医者さんの説明によると子供の頃に虫歯治療したときに詰めたアマルガムが劣化し腐食したらしい。黒くなったアマルガムが楔のようになり、歯を割ってしまうこともあるらしい。現在の治療ではほとんどアマルガムは使わないようですね。アマルガムには水銀が含まれており、掌や足の裏の皮がむける掌蹠膿疱症の原因になる場合もあるという。掌の皮がむけた時期があったけどアマルガムが原因だったのかもしれない。しばらくすると治るから、いつもほっといたのだけど。

 

今は代わりにコンポジットレジンなどの樹脂を使うようです。割れた歯に痛みはなく、奥に虫歯があるようなので神経を保持したまま治療ということになった。これを機に悪いところ全部治してもらおうと思う。アマルガムを摘出して全部コンポジットレジンに入れ替えるのかな。とりあえず、今日は仮の状態でセメントを詰めてもらっている。セメントってこういうところにも使われているのかと感心。

 

それにしても今の歯医者は説明が親切なのだ。デジカメで口の中を10箇所ぐらい撮影し、状態を解説してもらう。わりときれいなようで良かった。このお医者さん、親切なのだけど歯科医院の内情をペラペラ喋るので心配になる。スタッフが扶養控除の関係であまり働けなくて一人しかいないとか。いや、もう一人雇えばいいんじゃないかと思うのだけど。スタッフの手が足りないからか、受付も先生自身がやっているが、料金を払うときに「本当にありがたいです。助かります」などと言われ、ビビる。ここ、倒産するんじゃないだろうな。

 

この医者は家の近所なのだけど、何をやってもあまり流行らない場所に建っている。立地が悪くてみな2,3年で次の店舗になってしまうのだ。嫌な予感はするものの、親切な医者に歯を託していこうと思います。

 

 

 

▼毎月の密かな楽しみが管理組合から送られてくる月報なのだ。集合住宅で起きたトラブルにどう対処したかなどが書かれている。管理人さんは大変なのだ。

 

最近、揉めていたのが子供についてのトラブル。毎月、何件かの投書が必ずある。敷地内の公園で外部から来た子供を遊ばせるなとか、子供に公園でボール遊びをさせるなという投書が目立っていた。しかしですよ、この集合住宅の子供が外部の子供と一緒に遊んでいたとして「おまえは外の子だから入るな」とはとても言えないだろう。ボール遊びをさせるなというのもねえ、なんのための公園なのかよくわからない。

 

そもそも投書をする人というのは住人の何百分の一で、大多数は私のように読み物として月報を読んでいるだけな気がする。だが、不寛容派の攻勢に堪えかねたのか、今月ついに寛容派が出現した。「今まで黙っておりましたが、皆様もう少し寛容になられたほうがよろしいのではないかと思います」とか「具体的に外部の子供がなんらかの被害を与えたのなら、そのことを書かれてはいかがでしょう」など、寛容派が反転攻勢を仕掛け始めた。盛り上がってまいりました。

 

私としては寛容派、不寛容派にツイッターアカウントを開設していただいて派手にやりあってもらいたいもの。私も参戦したい。来月の月報が待ちきれない。

 

 

 

▼映画の感想「ダウト・ゲーム」を書きました。サミュエル・L・ジャクソンはほんといろんなところに顔出すなあ。倒叙ものサスペンスです。ちょっと応援しにくい主人公なので、あんまり感情移入できませんでした。主人公が小市民だから、感情移入できてもいいのになあ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 21:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
赤い羽根

▼赤い羽根共同募金の季節。これはもう何回も書いていることだけれど、子供の頃、ボーイスカウトで募金活動をやっていた。高額紙幣を募金してくれた後に「羽根はけっこうです」と去っていく人がいる。スカウトたちは「今の見た?」「かっけー!」と、まあ盛り上がる。金額の多寡は重要ではないにしろ、やはりかっこいい。

 

あの活動はいろんな人を見られて有意義だった。人に見せびらかさない善意を持つ大人が一定数いることを知れただけでも嬉しい。世の中それほど悪くないと楽観的になれるのはこういう経験が効いているのかもしれない。もちろん普通は羽根を受け取るし、募金してくれるだけでもありがたい話。

 

 

 

▼かりんとうを食べていたら奥歯が割れた。5ミリ四方の欠片が2つも取れた。歯が割れるなんて経験は生まれて初めてで、さすがに動揺した。よく見ると、割れた歯の根本、歯茎に繋がっている部分が黒ずんでいる。痛みはないが虫歯だったのかもしれない。密かに症状が進行していたのかな。磨き方が悪いのだろう。慌てて近所の歯医者を何軒か周ったが、今はどこも予約制で飛び込みでは見てくれないのだ。困った。

 

受付の人に「死にそうなほど痛い場合、どうすればいいんですか?」と訊いたら「死にそうなほど痛いですか?」と訊き返される。「いや、そうでもないです」と正直に答えたら、診てもらえなかった。バカであるが性分なので仕方ない。明日の予約を取った。震えて眠ろ。

 

 

 

▼浅田次郎さんのインタビューを読む。「プリズンホテルのようなギャグはもう書けない」と答えていた。プリズンホテルは読んだことがないしどんな作品かはわからない。だけど、その時期にしか書けないということはわかるような気がする。ある時期に自分が熱中して面白いと感じていることがあって、それを「後になってやればいいや」と後回しにすれば、いざ取り組んだときには当時の熱量が落ちてしまっている気がする。

 

技術的に当時より上達していたとしても、心から自分が乗っていけないというか。下手であっても、楽しいと感じたら今それをやらないといけないのだろう。後でやれたとしてもそれは違った形にしかならない。

 

 

 

▼今、カップヌードルはこんなことになってたのか‥‥。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 15:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
似ている

▼仕事終了。農家と関係がある仕事だったので報酬の一部をジャガイモでもらう。村の診療所のような感じか。

 

そういうわけで毎日ジャガイモ料理になっている。ジャガイモを5分ほどレンジにかけて茹で上がった状態にし、切れ目を入れてオリーブオイル、塩、ニンニクをかけてオーブンで7、8分焼く。切れ目部分がパリパリになり、香ばしくて美味しい。スウェーデン料理ハッセルバックポテトみたいなのを作る日々。ジャガイモ地獄になってきているので、あらたな料理を開拓したい。何かありますか。

 

 

 

▼仕事を手伝ってもらったS君と食事。いろんなところから仕事を振られて大変らしい。仕事を振ってもらえるというのも人徳だとは思うけれど、あまり集中すると大変ではある。先輩がいつやってもいいような仕事を振ってきて、後回しにすると怒られそうなのだけどどうすればいいかと言われる。重要じゃないのなら「すみません。今ちょっと○○さんからも指示を受けていまして、そちらを先にやってもいいですか。終わり次第、すぐとりかかりますんで」と一言断れば済む話だと思うのだけど。

 

S君が言うには、自分がちっとも悪くないのに「すみませんが」などは一切言いたくないらしい。ひえーっ。すごい。若い。たしかに、忙しいところに重要度が低い仕事を持ってこられれば内心「なんだよ」とはなる。でも、仕事を円滑にすすめるためならば、いくらでも頭なんか下げられると思うけども。純粋なのかなあ。それとも先輩と折り合いが悪いのだろうか。バンバン頭を下げまくっていたわたしには、S君の気持ちはわからないがそれでも何か懐かしい気はする。これから先、会社のために、自分が悪くなくても頭を下げる機会というのはいくらでもあるだろうけど、そのときにS君の持っている純粋さが少し邪魔になるのかもしれない。

 

思えば、わたしも20代の頃はS君のような部分があったのかもしれない。これはひょっとしてあれではないか。「コイツ、俺の若い頃によく似ている‥‥」っていう! 漫画とかでよくある展開ではないか。自分がかつて持っていた青臭さをまだ持ち続けている若者に自分をだぶらせちゃうアレじゃんかあ! なあ!

 

というわけで、若かりし頃の自分にS君を重ね、元気を出すように奢ったりした。だが、二軒目の店で「いろいろあって、今、結果的に三又かけちゃってるんですよね〜」などという話を聞いたので、まったくわたしに似ていないと思いました。一円単位で割り勘にしとくべきだった。

 

 

▼それにしても「Hide online」は流行る兆しがないなあ。まだたまにやってるのだけど。難しいのかな。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 11:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark