RSS | ATOM | SEARCH
盆休み

▼涼しいお盆休み。皆様いかがお過ごしでしょうか。今年は11日から20日まで10連休の人もいるという。いいなあ〜。子供のとき「タッチ」や「キャプテン」などを観てダラダラ過ごしていた夏休みを現在に繰り越せれば‥‥。現在に繰り越せればなあ! ああ〜、本当にもうっ! 悔しい!

 

本気で後悔するとか怖い。

 

で、今年のお盆休みですが、さすがに10連休とはいかない。先日の台風5号の際、打ち合わせに行くのが嫌でちょっと先に休んだのだ。その連絡をした際、部長からは「雨に濡れるのが嫌だから休んだんだろ」と言われた。それからは「雨に濡れると溶けちゃうもんな〜」とからかわれた。器の小さい男よ。以前、別の台風の日にわたしが「部長、田んぼ見に行ったほうがいいんじゃないですか?」としつこく言ったのをまだ根に持っているのだろうか。

 

なぜ田んぼを見に行かなかったんだ、あいつは。

 

 

 

▼雨に濡れるといえば、プーチン大統領が大祖国戦争の式典に参加したニュースを思い出した。式典の間、激しい雨が降っていた。傘をささなかった理由を訊ねられてプーチン大統領は「わたしたちは砂糖でできていないし溶けない」と答えている。過酷な状況の中で戦った兵士たちに敬意を表した。

 

 

パフォーマンスのようにも見えるし、本当に兵士たちに敬意を表しているのかもしれない。実際にどう思っているかは本人にしかわからない。民衆、チョロイなと思ってるかもしれんけど。本心はともかく、民衆が指導者のこういった振る舞いを好むということはよく理解しているだろう。だからより恐ろしく感じる。

 

去年、台風10号に伴う豪雨災害の際、岩手県岩泉町を視察に訪れた務台政務官は靴を濡らさないように、随行した政府職員におんぶされている姿が報道されてしまった。自分がどう見られるかということをまったく理解していない。ある意味、正直な人なのだろう。あそこで靴を濡らして熱心に視察しておけば、その姿が報道されることがあったかもしれない。「被災地に来るのに長靴を用意しなかったのは準備不足でまったく恥ずかしい」とコメントしておけば、政治家としてまったく違う道を歩むことになったはずである。

 

もっともそんなことは後から冷静に見るので簡単に言えるのだろう。現場で「おんぶしましょうか?」と言われれば「じゃあ、お願いします」と答えてしまうかもしれない。わたしにはその自信がある。脇が甘いからな。安心して、おんぶされている背中で寝てしまうかもしれない。そのときは、わたしをベビーベッドまで運んでそっと寝かせてもらいたい。子守唄を歌ってほしい。

 

なんだこの気持ち悪い文章。

 

 

 

▼映画の感想「グッドナイト&グッドラック」を書きました。冷戦下のアメリカで、赤狩りに反対するために戦ったマスメディアの話。また、ジョージ・クルーニーはこんな固いの撮ってー。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 10:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
苦手

▼世界陸上でウサイン・ボルト選手がインタビューを受けているとき、他国の国家が流れ出した。ボルトはインタビューを受けるのを中断し、国旗のほうに向きなおって敬意を示していた。ひたすら陽気なジャマイカンかと思っていたら、意外な一面。

 

 

 

▼今年初の梨。まだ早いせいか、あまり味がせず。

 

空には二重の虹が浮かんでいた。あれほどはっきりとした虹を見たのは初めてかもしれない。周りではスマホで写している人も多かった。虹に見とれて蝉を踏んだ。

 

 

以前、ダウンタウンの松っちゃんが「ゴキブリが出たから引っ越した」ということを言い、周囲から笑いが起きていた。だが、わたしは笑う気にはなれず素直にうなづいてしまった。実際、お金があれば引っ越すかもしれないなあと思う。そのくらい苦手。いい歳してゴキブリが苦手というのも恥ずかしいが。

 

ほぼゴキブリが出ないところに住んでいて、ここ10年で見かけたのは3回ぐらい。その3回目が今日であった。恐ろし。さっそく奴を退治すべくゴキブリホイホイを買いに行く。あの虫が苦手な人は、字で見るのも嫌だし、まして絵や写真などはきつい。ところが、駆除商品にはけっこうリアルな絵で描いてあるものもある。

 

あれだな、商品を作っている人たちはゴキブリが好きすぎて気にならんのかもしれないけど、もうそういった絵だけでもダメなんですよ。ホイホイのいいところは、箱に絵が描いてあるのだけど、ちょっとかわいらしくデフォルメしてるんですね。わかっている。かよわき乙女の心がわかっている。

 

絵柄がリアルな商品は、効果があっても売れ行きが悪いのではないか。罠を設置して寝ることにする。明日までに引っかかっていてほしい。さもないと引っ越す。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 00:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
説明

▼部長と食事。部長はラーメン、チャーハン、餃子を注文した。糖質制限なんのその、炭水化物に炭水化物を乗っけてくる。ウェルカム成人病の心意気。これぞおっさんの食事というのを見せつけられた。わたしはおかゆセットを注文。「なんだその病人みたいな食事」と、せせら笑う部長。OLですので。拙者、OLですので。

 

新人のY君についての話を聞く。仕事のことで注意したら「説明がなかったんで」と不満げに言われたという。やっぱりこれは世代の違いなのかなと部長は言うが、どうなんだろうなあ。説明がなかったら「お忙しいところすみません。ここなんですけど」と確認に行くのが普通だけど、そうはしない。待っているだけでお客様的というか。そういう姿勢を年配者は「学生気分が抜けきってない」と言うのかな。

 

ここ何年のサービス向上は目覚ましい。直接お客さんと接することの多い飲食業などは、何かあればすぐネットに書かれたりして気の毒なくらいだ。もちろん悪い事だけでなく、いい評判があればお客さんが増えるとはいえそれでも大変だ。SNSの発達がサービス向上に繋がった面もあるように感じる。より洗練されたサービスを受けられるのはありがたいのだけど、それは逆に自分がサービスを提供する側になったとき、同じことをしなければならなくなることを意味する。これが恐ろしい。

 

ドラクエの店のおやじみたく「また来てくれよな!」では済まない。その態度だと、即書き込まれて炎上する。丁寧で洗練されたサービスを当たり前に受けてきた人が会社に入ったとき、今度は自分が提供する側であるという自覚がまだないのかもしれない。お客様的気分だから、説明してくれなかったという不満が出るように思える。

 

だけど「最近の若い奴は」とは、とても言う気になれない。それは、世代で一くくりにするのではなく個人を見なければいけないという真っ当な理由からではない。単にわたしがポンコツだからである。新人のとき、社長、取引先の方、わたしという三人だけの打ち合わせがあった。わたしはまだ仕事のことがまったくわからず、勉強も兼ねて議事録をとっていた。その三人だけしかない打ち合わせで寝たからな。

 

こんなポンコツに何か言う資格があるでしょうか。しかし、社長はすごかったなあ。何も怒られなかった。後で他の社員から教えてもらったが「アイツ、三人しかいない打ち合わせで寝てたよ〜」と笑っていたらしい。

 

卓越した技術を持ったベテランも、営業成績ナンバー1の社員も、お腹が出て貫禄たっぷりの経営者も、最初はみんな「最近の若い奴」なのだ。がんばっていきましょう。

 

 

 

▼一文字違いの妙。

うまいなあ。解説するのも野暮ですが。「月は綺麗ですね。(でも、あなたは‥‥)」という。

 

 

 

▼映画の感想「コンテンダー」を書きました。2010年にメキシコ湾で起きた原油流出事故。その事故の責任を追及しようとする政治家(ニコラス・ケイジ)がスキャンダルまみれでボロボロになっていきます。それにしてもニコラス・ケイジはやっぱり顔が面白いなあ。

 

 

 

▼ゲームの感想「Trove その2」を書きました。ゲームの拠点ともいえるコーナーストーン消失のバグに遭遇してしまい、運営にコーナーストーン復活の要請を出していた。洋ゲーなので英語で伝えないといけない。殺人的に滅茶苦茶な英語だが奇跡的に通じた。ひょっとして、わたしは英語できるんじゃないか。そもそも、人間同士が真剣に意思を伝えあおうとするとき、言語は必要ないのかもしれない。身振り手振りや絵だっていい。ようするに気合である。英語は気合。わたしは英語ができる。だって通じたから!

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 14:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark