RSS | ATOM | SEARCH
無職

▼コロナなどあって予定の仕事が延期に。ついに私も流行の先端にのった。コロナ無職である。のほほ。これからどうやって生きてこ。今、私が罪を犯すと「40代、無職男性」という完全無欠のヤバい奴になる。道で警察官とすれ違うときも、つ・み・を・お・か・せ・な・い! という変なプレッシャー。視線も泳いで挙動不審。信号もきちんと青になるまで待って渡っています。

 

早く堂々と罪を犯せる身分になりたい。

 

 

 

▼知人に「仕事くんろ」と言ったところ、紹介でアルバイトをすることに。遺言の証人をやりました。事前に遺言内容を確認し、少し法的に気になるところを調べたぐらいで準備に10分もかかっていない。当日は公証役場に行き、公証人の前で遺言内容を確認して署名捺印した。正味45分の仕事で11000円もらう。いかん。

 

学生時代やったバイトの一つに市場での肉体労働があった。一日中、段ボールに入った重い物をあっちに運び、こっちに運び、体中が軋みをあげる。市場内の塵と埃で鼻の穴が真っ黒になる。それでも支給額は7000円程度だったと思う。どうも仕事というのは高額のほうが格段に楽のような。なんだかなあという気もする。おじさんたちとちょっと話しただけで11000円とは、もう、パパ活といっていいレベル。しかし、この先、このような簡単な仕事はないわけで。あとはコンビニ強盗などをやって地道に生きていくしかない。だが、パパ活の喜びをおぼえてしまったこの体が、ハードな労働に堪えられるだろうか。

 

 

 

▼ニュースやネットを観ていると、若者対お年寄りという世代間の対立が高まっているように見える。不安やプレッシャーを受けると、どこかでわかりやすい原因を求めてしまうというか、目立つところに責任をかぶせたくなるのではないか。「若者」「お年寄り」という世代ではなく、責任の所在は個人にあると思うのだけど。世代、出身地、国籍、性別問わず、困った人はどこにもいる。自分が攻撃的になっているかもと思った時点で、自分の精神状態について点検してみるといいかもしれない。

 

 

 

▼志村けんのコントを観ていたら、ドリフよりも石野陽子さんとの夫婦コントが面白かった。

 

 

このシリーズ、けっこう作ってたんですね。仲良さげでグダグダなところも、いい雰囲気。

 

 

 

▼映画の感想『(r)adius ラディウス』を書きました。設定が面白いサスペンス。低予算でもちゃんといいものが作れるという見本のような作品。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 15:25
comments(0), -, pookmark
来る人、去る人

▼春なのにえらい寒いのだった。先日の雪は桜を散らさなかったようで、今が見頃。買い物がてらに花を見た。

 

 

 

▼新年度、異動する人あり。お菓子大好きお菓子ちゃんが異動した。お菓子ちゃんの後任には、井森美幸にそっくりな井森さんが配属された。お菓子ちゃんは引継ぎ資料とは別に、人についてのことを口伝えで残していったとか。武芸や芸事の奥義も口伝えが多いという。データにしないあたりさすがと言える。元秘書課だけあって用心深さを感じる。

 

Aさんはキャパが小さいので一度に仕事を頼むとキレやすいとか、Bさんは正面から仕事を頼むと嫌がるので喫煙所にいるときに相談すると引き受けやすいとか、こちらのほうが引継ぎ資料よりも重要かもしれない。

 

私について何を言っていたのか、井森さんに訊いたところ「寒がり。甘い物が好き。特にシュークリームを与えると機嫌が良くなる」とのこと。私だけペットの飼育メモだと思います。

 

 

 

▼志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎でなくなった。テレビをとても楽しみにしていた小学生の頃、金曜がくるのが待ち遠しかった。金曜夜7時は『ドラえもん』を観て、次の土曜は半日授業で夜は『8時だョ 全員集合』を観る。だから金曜あたりからワクワクしていた。今、何かが待ち遠しくてワクワクするなど、ほとんどなくなってしまった。今よりずっと多くの人がテレビを楽しみにしていた時代だった。

 

ドリフ、ひょうきん族、とんねるず、ダウンタウンとウッチャンナンチャン、ここら辺まではテレビが生活の中心にあったように思う。ドリフの笑いは次の世代に取って代わられて、それからはかつての勢いを取り戻すことはなかった。でも、深夜にテレビをつけるとコントをやっていて、まだ作り続けていたのだなと観ることもあった。志村どうぶつ園というバラエティもやっていたけれど、本当にやりたいのはコントだったんじゃないのかな。そうやって一つのことをやり続けて一生を終えるというのは、すばらしいことに思える。

 

テレビで観るだけの人だけど、ぼんやりとした喪失感を感じる。そうか、死んでしまったのだなという。コントでもなんでも、今は嫌な見方だけどどこか斜めから観てしまうところがある。映画を観れば、作品自体が面白くなくても自分のほうから面白さを見つけに行ったりもする。それはそれでいいことなのかもしれないけど、ドリフを観ていた子供時代はそんな小細工など必要ないぐらい、心の底から面白がって夢中で観ていた。くだらなくてバカバカしくて楽しかった。そういう時間があったのだ。本当にありがとうございました。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:03
comments(0), -, pookmark
プロフェッショナル 仕事の流儀 本木雅弘スペシャル

▼この時期にしては珍しい雪。一片が大きい。積もりそう。

 

相変わらずマスク不足が続いている。YouTubeで「縫わないマスク」で検索すると、手間をかけずに作れるマスク動画がいくつもでてきますね。ありがたい。

 

『プロフェッショナル 仕事の流儀 本木雅弘スペシャル』を観る。役者として存在感があり、成功者としての印象があったのだけど本人の自己評価はまったく別ということに驚きました。もう本当に愚痴っぽい人なんですよね。番組始めから終わりまで、ずっとグチグチ言い続けていた。そんなに言う? ってぐらい言ってましたよ。わはは。

 

自分が凡人ということをわかっていて、そこから抜け出すためにもがき苦しむ姿が映し出されていた。たしかに、変人や天才はこういった苦しみ方はしないだろうなと思う。すごく真面目で求める場所が高いところにある。普通の人はその高みが見えたとしても、到達することを諦めてしまうかもしれないし、気にすらしないかもしれない。でも本木さんは正解や答えがあるのかわからない問いの答えを愚直に探し続けている。探し続けて見つからなくて傷ついている。二枚目なのにどこか間が抜けていて、愛おしさも感じる。

 

自己肯定感や自己評価という言葉をここ2、3年でよく聞くようになった。おおむね自己肯定感が高い方がいい、幸せだという考え方が多い。でも本当にそうなのかなと思う。本木さんのように自己肯定感が低いからこそ、徹底的に自分を追い込んで正解を探し求めて成長していく人もいる。自己肯定感が高ければ、心の安らぎは得られるかもしれないが努力はとまってしまうのではないか。自己肯定感を得れば成長を失うようなトレードオフの関係が成立するのかもしれない。

 

『おくりびと』『坂の上の雲』『永い言い訳』など本木さんの作品で好きなものがある。『永い言い訳』の主役は素の本木さんに似ているように思う。苦しみが結実して、いい作品になったのかもしれない。しかし、奥さんは大変だなと思います。近くで「俺は駄目だ、俺は駄目だ。なんて下手クソなんだ。あ〜駄目だ駄目だ」って、つぶやき続けられたら「うるせーなオイ!」ってなりますよ。普通の人はもうちょっと外殻が厚いんですよね。外側に内面をさらさない。でも、本木さんはその駄目なところや迷いを隠さず見せており、それが本木さんをより面倒臭い人にしている感じがある。本当の凡人のように何も見えなければ苦しまないだろうけど、それほど鈍感でもいられず、見えているところには手が届かず、もどかしさに押しつぶされそうになる。きっとずっと葛藤し続ける「途上」の人なのだろう。

 

だからこそ作品を観続けたいし、魅力的に映りました。

 

 

 

新型コロナウイルスを分散コンピューティングで解析するプロジェクトがFolding@homeに追加されました。以前、電波望遠鏡で得たデータを解析して宇宙の知的生命体を探すSETIというプロジェクトがありましたが、あれのコロナ版ですね。世界中の人が、自分のPCの空いているリソースを使って、コロナウイルス関連の解析を手伝えます。たとえが古いがドラゴンボールの元気玉のような感じです。今はGPUでの解析も行えるんですね。ゲーミングPCを使っている人は、かなり速度出るのでは。

 

 

演算能力が1EFLOPS(エクサフロップス)を越えたという記事もあった。スーパーコンピューターの演算速度が京なので、その100倍ということになる。

 

このお手伝いで私もだいぶ徳を積んだのではないか。まったく苦労してないけど。神様、来世は北川景子似の天文学者に生まれ変わらせてください。贅沢は言いませんので。

 

 

 

▼映画の感想『コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語』を書きました。1950年代のイギリス。助産婦たちの活躍を描いた作品です。とてもいい作品でホロリとさせられる場面が多い。完成度が高いので悪口を言うところがない。悪口を言いたかった。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 10:37
comments(0), -, pookmark
CABAL