RSS | ATOM | SEARCH
カールツァイス

▼「どうせ僕なんか」が口癖の卑屈くん。珍しくご機嫌。「これ見てくださいよ」と言うので、また芸能ゴシップか、SNSで知り合いが香ばしい発言をしているとか、そんなとこかと思った。彼が取り出したのはケース入りの双眼鏡。かなり重みがあり、手に取った感触も高級感を感じさせる。画像はシャープでとてもよく見える。「カールツァイスなんですよ、ふっふっふ」と自慢げに笑う。

 

双眼鏡のことはわからないものの、カールツァイスという名前だけは知っている。日露戦争当時、海軍を指揮した東郷平八郎が持っていたドイツ製の双眼鏡がカールツァイスだった。当時、カールツァイスなどは海軍で持っている人がほとんどなく、軍人がかわるがわる覗かせてほしいと頼みに来たとか。海軍軍人、憧れの双眼鏡だったのだ。司馬遼太郎の『坂の上の雲』に、カールツァイスの双眼鏡が出てきた。

 

値段を訊ねると10万円というから驚く。お高いのね。そんな卑屈君の趣味といえば、家の前の道に駐車して仕事をさぼっている営業車の社名とナンバーを記録し、会社に通報すること。心に闇のある人間しかできない趣味。彼が休みだった水曜日、さっそく自慢のカールツァイスが威力を発揮したという。世界最高の双眼鏡が、サボっている営業車の通報という超絶暗い趣味に使われるとは。

 

カールツァイスが泣いている。

 

 

 

▼夕方、突然の雷雨。今年初めての蝉の声を聞く。

 

参院選の投票。自分の望み通りの政策など一つもないわけで、そんなものを待っていたら一生投票できない。消去法で少なくともこれだけは、という妥協で投票するしかない。投票所に行くのも面倒だし、どこか好きな政党があるわけでもなく、行きたくないったらありゃしないのだけど、まあ仕方なくという。ただ、選挙権が当たり前にあるという世界が、実は当たり前ではなくて、昔の人たちが戦った結果、選挙権を勝ち取ったという歴史もある。

 

 

映画『未来を花束にして』とか。こういうものを観ると、やはり選挙に行くかなあ、でも、お布団が恋しいなあ。などと。

 

 

 

▼Amazonプライムのドラマ「ボーイズ」が面白そう。まだレビューが一件もなく、どんなものかはわからないのですが。表では華々しい活躍をするヒーローたち、だが彼らは裏ではかなりひどいこともやっている。ヒーローが起こす事故に巻き込まれ、恋人を失った主人公は、事故を隠蔽しようとするヒーロー会社の姿勢に強い反感を持つ。『ウォッチメン』などと同じようにヒーローものの変化球作品なのかな。まだ1話を視聴しただけですが、面白くなりそう。

 

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 11:14
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:スポンサードリンク, category:-, 11:14
-, -, pookmark
Comment
こんにちは。
卑屈くんさんのクズっぷりになんともいえない気持ちになりました。
休日にすることがチクリとは。
自分のズルさは咎められたくないけど、他人がズル休みしてるのはメシウマなんですね。いつか彼に会社でちょっと漏らすとか、快速で下痢になるとか、天罰が下りますように。
わこ, 2019/07/28 11:52 AM
通報趣味を語るときの卑屈くんはとても生き生きしています。
「会社に通報する瞬間が『生きてる』って実感するんですよね〜」と熱く語っている。もっと何か他にあるだろうという感じですけども。
「しゅんさんも、ちゃんとした趣味、見つけたほうがいいですよ。人生が変わります」と言われてしまった。

うーむ、通報趣味の人から「ちゃんとした」って言われても。その自信はどこからくるんだという。謎。
しゅん, 2019/07/29 1:23 AM









Trackback
url: http://kaeru-tama.jugem.jp/trackback/1442