RSS | ATOM | SEARCH
水やり

▼夕方、地元の商店街を散策。それぞれの店の前にはガーベラやマリーゴールドなどの小さな花壇がしつらえてある。ほんの少しの花でも鮮やかで美しい。アゲハ蝶が花の蜜を吸っていた。子供の頃以来だろうか、ずいぶんと久しぶりにアゲハ蝶を見た気がする。イメージアップのために商店街全体で花の世話をしているのだろう。

 

小さなスナックの扉が勢いよく開いた。上下紫のスウェットで椿鬼奴を20年塩漬けにした感じのおばちゃんが腰を曲げ、くわえ煙草で出てきた。いかにも面倒臭そうで、バケツ片手に、もう一方の手ではボリボリとお尻をかいている。アゲハ蝶がいるのを確かめもせずに、バケツの水を手で何回かザブッザブッと花壇にぶっかける。最後はバケツを逆さにして2,3回水を切ると、またすぐにスナックに戻っていった。花壇を見もしない。商店街で決めたから、とりあえず水だけはやっているという感じがいい。とてもいいものを見た。

 

水やりというと、花好きのお姉さんが毎日花の成長を楽しみにしつつ、ジョウロで丹念に水をあげている。たまに花に微笑みかけたりして。そんな勝手なイメージを抱いていた。まさか、あんだけ荒々しく水をぶっかけていたとは。それでも花は美しく咲き誇っている。アゲハ蝶はおばちゃんの襲撃をかわし、高く羽ばたいた。

 

 

 

▼映画の感想『夜に生きる』を書きました。ベン・アフレック監督主演のギャング映画。あまりギャング映画っぽくない。血で血を洗う感じがほしかった。因果応報を感じる作品。ベン・アフレックは『アルゴ』『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』と監督した作品がどれもいい。もっと監督してほしいなあ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 03:31
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:スポンサードリンク, category:-, 03:31
-, -, pookmark
Comment
先日、東京に旅行に行ってたんですが、利用した駅で「玉川上水」の案内板を見つけてテンション上がりました。
しかし東京は人が多いですね…遊びに行くと楽しいけど、消耗も激しいです。でも歩きまくるので暴飲暴食したのに体重増えてませんでした!嬉しい!

会社の社長が昆虫好きで、去年の夏大阪から急にやってきて「蝶々採りに行くぞ!」と言われて一日中蝶々採ってました…。写真スタジオに置く標本のためだったんですが、あんなに全力で蝶を追いかけたのは生まれて初めてでした。綺麗だなとは思うけど、触れないんですよね…
わこ, 2019/06/10 6:50 PM
玉川上水の看板が出ているのって吉祥寺辺りでしょうか。玉川上水の終点なので。東京の西にある羽村から吉祥寺まで43キロ、玉川上水が流れています。僕も玉川上水沿いに住んでいます。畑ぐらいしかなくて、槍を持った部族がピョンピョン飛び跳ねているようなところです。

暴飲暴食しても増えないなんて! いや、リバウンドがきっと来るはず。神様、お願いします。

虫は大人になるとなぜか触りたくなくなってしまいますね。なんでだろ。虫好きの社長さんていいですね。宮崎駿とか養老孟司とか、虫好きというと頭のいい変人の印象が。
しゅん, 2019/06/11 1:50 AM









Trackback
url: http://kaeru-tama.jugem.jp/trackback/1427