RSS | ATOM | SEARCH
SUPER HOT

▼WBC準決勝、日本×アメリカ戦が始まった。知り合いは前日のプエルトリコ×オランダ戦から翌日の日本×アメリカ戦、さらに翌日の決勝戦のために3日間会社を休んだという。月曜が春分の日なので4連休である。すごいな。今日の日本×アメリカ戦はともかく、前日のプエルトリコ×オランダ戦は休まなくてもよさそうだけど。

 

「いやいや、勝ち上がってくる勝者の分析をしなくては」というが、それは必要なのか。ファンはそういうものなのかな。日の丸の鉢巻きを占め、「必勝」と書かれたタオルを肩にかけ、声を振り絞って応援するらしい。「前回の恨みを晴らさねば」という。前回WBCはアメリカと戦わなかったはずと思ったら、彼がいう前回は第二次大戦のことだった。こっわー。これはスポーツバーに行ってみんなと観戦できないタイプ。

 

いろんな人が応援している。70年前の恨みを晴らそうと考えているやつもいる。

 

 

 

▼SUPER HOT

 

久しぶりにゲーム。STEAMで売っていたゲーム「SUPER HOT」。これ、ちょっと変わったFPSなのです。FPSというと反射神経と正確な狙いが必要ですが、このゲームは違う。時間がとてもゆっくりと流れ、自分が動いているときだけ相手が動く感じなのだ。相手が撃った弾の弾道が見えてよけることもできる。マトリックスみたい。

 

これ、FPSというよりパズルなんですね。誰から順番に倒すかという。相手に物を投げつけて、相手が手放した銃を奪って撃つ動作も軽快で気持ちいい。日本刀で五右衛門のように弾も斬れる。

 

 

ジョージ・オーウェルの小説「1984年」のような管理社会を思わせる世界観。なぜ戦うか、赤い人間はなんなのか、わからないままストーリーは進む。ステージをクリアすると「SUPER HOT」という文字が何度も映し出される謎の演出。洗脳されそう。

 

 

 

今ではほとんど見かけないDOSを思わせるメニュー画面。

 

 

異様な雰囲気がいいですねえ。一見すると手抜きでレトロっぽく見せて、実はきっちり作られている。だけど、やり込み要素があるとはいえ三時間ぐらいで終わってしまうので定価で買うのは少しもったいないかも。日本語対応してませんが、まったくプレイには問題ありませんでした。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 10:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
鶴の恩返し

▼女優の広瀬すずさんのせいか、おかっぱ頭の女の人が増えたと思う。今日、わたしのところに書類を持ってきた女性もおかっぱにしてきた。ある仕事をどこの部署がやるか、押しつけ合いになっている。そんな毒キノコみたいな頭にしても、わたしは引き受けんぞと決意する。

 

 

 

▼付箋

システム管理者が激怒しそうな。使う人の気持ちはわかるけどもー。セキュリティとはいったい。

 

 

 

▼知人の家へ。4歳の女の子がいる。「これ読んでー」と鶴の恩返しを持ってきた。一度、読み終えたらまたしても「読んでー」といってくる。不思議。前にもこんなことがあったが、子供はなんで同じ本を読ませたがるのかな。内容はすでに知っているのだし「あ、それ、知ってるからけっこうです」とならないのが不思議。そんなふうに話されたら気持ち悪いけど。

 

二度目の鶴の恩返しを読み終えた。アナウンサーのように一言一句間違えずに読んだが、これは面白いのだろうか。アレンジしなくていいのか気になる。いくら子供とはいえ、先がわかっているものを聞いても何も面白くないんじゃないのかなあ。それとも、人を独占しているという感覚がいいのかな。人との関係は結局のところ一緒にいた時間で作られるとすれば、本を読むことはあくまでも手段であってその先にコミュニケーションをとるという目的があれば、わたしに鶴の恩返しを死ぬほど読ませてもいいことになる。

 

そうかそうか。なんだかわかってきたような気がしてきたぞ。でも、もう鶴の恩返しはいいやと思ったので「何か他のことをしよう」と提案した。「わかったー」といって、しばらくするとまた鶴の恩返しを持ってくるので恐怖した。「鶴、もう羽根がないって」といったらケラケラと笑った。鶴の恩返し地獄から逃れられない。

 

 

 

▼映画の感想「アナザー・プラネット」の感想を書きました。地球のすぐそばにもう一つ地球が。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大村益次郎

▼BSプレミアム「英雄たちの選択」で長州の兵学者・蘭方医である大村益次郎を観る。農民出身の大村は、幕末に長州の軍制改革に着手する。当時、特権階級だった侍たちに銃を持たせて西洋式兵制にするということは侍の優位をなくすことになり相当な反発を招いたと思われる。実際、大村の以前に行った西洋式兵制への改革は失敗している。侍たちが病気と称して訓練に出てこなかったという。侍たちにとって町人や商人と一緒の立場で戦うなど考えられなかったのだろう。

 

どうやって大村が侍たちを説得したかは説明されていなかった。もっともその頃、長州藩は四国艦隊下関砲撃事件で外国から叩かれ、さらに幕府の長州征討により、強烈な圧力を受けて余裕がなかった。侍の面子を守るためだけに昔ながらのやり方で通すわけにもいかなかったのかもしれない。とはいえ、「侍の意地」などといって自分たちが滅びても、あくまで特権を手放そうとしない人間たちもいそうだけど。よく改革できましたね。

 

侍の反発を今の視点から見れば、バカだなあの一言で済むけれど、実際にわたしたちの身の回りも似たようなことが多いのではないか。自分が優位な立場にいると利益を手放すのは難しい。大村とはまったくレベルが違う話だが、定年退職したあとの夫に家事を分担させるのも妻からいい出すのはかなり難しいように思う。どちらかが病気になる可能性は高いのだから、リスクを減らすためにどちらも家事ができたほうがいいに決まっている。だけど「なんで俺がそんなことを」となりそうである。今の若い人は家事分担が当たり前になりつつあるから、そんなことないのかもしれんけど。まったく家事分担の心配のないわたしが心配してしまった。杞憂。とにかく、つまらないことですら、今までのやり方を変えることはなかなか難しい。

 

大村は明治2年に暗殺される。暗殺者の中には元長州藩士もいた。暗殺者の所持していた斬奸状によると、大村の急進的改革に反発したものだったという。大村の出身は農民であり侍ではなかった。そんな大村に上に立たれ、あれこれ指示をされることに内心不快だった侍は多いのではないか。身分だけが己の誇りとはなんとも情けないが、それしか誇るものがない人からそれを取りあげたときの恨みはすさまじいものなのだろう。

 

 

 

▼アメリカのアムトラック。

みんな楽しそう。ひょっとしてこのファンがいるのでは。

 

 

 

▼映画の感想「柔らかい殻」書きました。子供の目から見える世界ってどんなだったっけ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 22:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
終わり

▼3月というのにいつまでも寒い。風邪。今年の風邪は関節にくるのかな。おじいちゃんだからかな。いい機会なので毎日更新はそろそろ終わりにします。寝よ。

 

寝ながらWBCを観戦。WBC日本代表は準決勝へ。なんだろうねえ、この強さ。全員活躍したけど、また菊池の守備が良かったなあ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 22:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
特になし

▼WBC日本×キューバ戦。今日も熱戦だった。ハズレがない面白さ。野球楽しいなあ。

 

 

 

▼ホワイトデーだった。特にどうということのない話を聞く。

 

取引先のAさんはバレンタインデーに義理チョコをもらったが、机の奥に忘れたままホワイトデーになってしまった。仕事が忙しくてお返しを買い忘れたという。Aさんの同僚Bさんも同様の状態だった。AさんとBさんがもらった義理チョコは違う物だったので、二人はチョコを交換し、そのままお互いの相手に返したという。お互い義理同士だし特に問題もないのか。

 

見事なまでに「そうなんだ‥‥、ふーん」としかいいようのない話。こういう話を収集したい。目的はないけど。

 

 

 

▼アライグマと遊ぶお姉さん。

Wait for it!

アライグマの視線の先に‥‥。あのシャカシャカがたまりません。

 

 

 

▼映画の感想「記憶探偵と鍵のかかった少女」を書きました。登場人物がダレノガレ明美に似ている。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
カレーの国

▼カレーばかり食べている。作りすぎた。以前は毎日カレーでもよいと思っていたし、マサオがラモスになるほどカレーを食べていたわけだが、ここ三日でそれほどカレー好きでもないということに気づいた。朝晩カレーだとさすがにきつい。わたしのカレー愛はその程度だったということか。べつにショックでもないけど。そもそも、わたしなどスパイスから作ったカレーではなく、カレーの王子様でももったいないほどだ。

 

そういえば、カレーの王子様ってよく聞くけど、あれはなんだろう。カレーの国の王子なのかな。カレーの王様、カレーの女王、カレーのお姫様などもいるということか。カレーの社長、カレーの部長、カレーの係長などもいる。カレーの社長の愛人が会社の経理を牛耳っていて、必要な備品の購入にもいちいち口を出してくるのでたまらないという。たまにカレーの社長とカレーの社長の愛人が一緒に姿を消して、ブランド物の袋をさげて帰ってくるという。そっちに回すなら給料上げてくれとのこと。これは、わたしのカレーの友人の話です。

 

 

 

▼なぜあえてお金を払ってまでホラー映画を観るかというのは以前考えた。そのときは、怖い目に遭うことによって生を実感したいからだと考えた。でもこれは違うように思う。わざわざそんなことをしなくてもよい。たとえば健康な状態の人がいたとして、自分の顔面を自分でぶっ叩いて「痛い! さっきまで痛くなかったのに今は痛いぞお。これは幸せ!」って喜ぶだろうか。頭がおかしい。試す必要などないのだ。

 

怖いものを見るのは、恐怖のあとの安堵の感情が気持ちよいからではないか。ホッとするというやつである。あれが快感。仕事のあとのビールと同じである。くぅ〜、この一杯のために生きてきました〜である。まったく飲めないわたしがいうのもなんですが。

 

つまり、安堵を感じたいためにせっせと自分から恐怖を摂取していることになる。なんだか、いびつで異常な行為にも思える。これは安堵だけではなくて感動する映画やスポーツの興奮も同じなのだろうか。現代人は感情を揺さぶる中毒の中にいるのかもしれない。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
カレー

▼WBC二次予選、日本×オランダ戦をテレビで観る。年に何回も観られないしびれるゲームだった。8対6で勝利。タイブレーク(延長11回以降はノーアウト1塁2塁から)の試合となった。あの緊張感はすさまじい。観ただけで疲労。小久保監督のおっしゃるように死闘でした。

 

 

 

▼BSでチベットの修行僧の番組を観る。「他人を罰せず、自己を律せよ」という教えが寺院に掲げられていた。自分の身を厳しい環境におけば、つい他人にも厳しく接してしまいがちになる。これくらいやって当然と思う。自分が正しいと思えば、他人にそれを押し付けたくなる。自分の持つ正しさも、他人に押し付けるという過ちによってかき消されてしまう。気をつけよう。全然厳しい環境に身をおいてないけど。

 

チベットの修行僧もいまやPCもスマホも普通に使っているんですね。なのに家にストーブはないし、薪を割ってかまどでご飯を炊いている。バランスが滅茶苦茶に見える。修行僧の一人が実家に帰るのに密着していた。家族の一人が娘を呼びに行くというので、娘に電話をかけるのかと思ったら大声で山に向かって名前を呼ぶので驚いた。「一時間ぐらいしたら帰ってくるだろう」って、すごい連絡法である。声が何キロ先かに届くのだ。ちゃんと帰ってきた。

 

 

 

▼スパイスからカレーを作る。けっこう手間がかかるので、なかなか大変。レシピはこちらのサイトで公開しているものを使いました。ない材料はいろいろ省略したけど、インド料理屋で出るような味になります。ただ、スパイスが使ったことがないものばかりで、味の調整がまったくわからない。砂糖は甘くなる、塩はしょっぱくなる、というようなわかりやすさがない。

 

チリパウダーは赤いのでたぶん辛さかなとか、ターメリックはカレーっぽい風味なのか、ガラムマサラはなんだこれは雰囲気か、カルダモンてなによという。すべては勘にかかっている。気がつけばハウスとかSB食品の馴染みのカレールーに近づけようとしている自分がいる。なんのためにスパイスを買いましたか。でも、ちゃんとインドカレーっぽい味になりました。

 

甘めのバターチキンカレーが好きなので蜂蜜とヨーグルトを足してみたら好みの味に。明日もまた楽しめそう。スパイスで作ると、いろいろ調整できるところに楽しさがありますね。嬉しいなあ。勘なのでギャンブル的楽しみ方ができる。間違えると慌ててヨーグルトで薄めて、なかったことにする。

 

家事というのはどうしてもマンネリ化して労働になりがちだけど、市販のカレールーをただ使う受動から、積極的にスパイスを組み合わせていく能動に変えることで趣味になるのかも。毎日作れるようなものでもないけど。新しい趣味を発見したような。インドカレー屋に行って「ほう、コリアンダーがなかなか効いているねえ」などと通ぶれる。これで嫌な人間にまた一歩近づけた。コリアンダーがどんな味かは全然わからない。

 

 

 

▼映画の感想「イン・ザ・ヒーロー」を書きました。スーツアクター(ヒーローの中の人)の話。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
声に出して読みたい

▼カレーのスパイスを買いにスーパーへ。クミン、ガラムマサラ、コリアンダー、チリパウダー、ターメリックなど、探していた物はすべてあった。ひょっとしてスパイスから作るカレーって流行っているのかな。だが、ここでちょっと迷う。わたしは本当にスパイスからカレーが作りたいのか。それは偽りなき心か。スパイスからカレーを作る自分が好きなだけでは?

 

スタバでノートパソコンを開くわたしが好き、と同じ構造ではないか。そう考えると恐ろしくてレジまで行くのがためらわれた。わたしにもスッピンをインスタグラムに投稿できるぐらいの勇気があれば。「ブスすぎて悲しい」と、否定してもらう気満々で投稿できる鋼の心臓があれば。なぜ突然、関係ないところにケンカを売りましたか。

 

せめてインド人に生まれてればなあ。なんのためらいもなくスパイスを買えたのに。インド人であれば。今からインド人になれないものか。こんなことならターバン巻いてくれば良かった。

 

ただ「スパイスを買った」というだけの話。そんで肉を買い忘れた。

 

 

 

▼北朝鮮の金正男殺害事件に関連し、マレーシア政府は北朝鮮の駐マレーシア大使をペルソナ・ノン・グラータとして国外追放処分にした。元外務官僚の佐藤優さんの本を読んでいると、たまにこのペルソナ・ノン・グラータ(外交上、好ましからざる人物)という言葉が出てくる。憧れていた。声に出して読みたい日本語である。日本語ではないけど。

 

邦訳の「好ましからざる」の辺りも語感がたいへんよろしい。「からざる」がいいんだな。わたしが中学生だったら毎日、ペルソナ・ノン・グラータ、ベルソナ・ノン・グラータと念仏のように唱えているだろう。かわいそうな子。他にもテラ・インコグニタ(未踏の大地)なんてのも渋い。だが、圧倒的にかっこいいのはウンゲツィーファーではないか。

 

邦訳は「生贄にできないほど汚れた動物あるいは虫」である。かっこいいいいいい! いくない?

わたしのことは今後、ウンゲちゃんと呼んでもらいたい。ウンゲちゃんは41歳になりました。死にたい。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スパイス

▼知人宅にお邪魔。スパイスから作ったカレーを振る舞ってもらう。わたしが地球征服に成功しても、インド人だけは生かしておこうと思うほど美味しかった(問題のある文章)。クミン、ガラムマサラ、チリパウダー、ターメリックなどスパイスをいろいろ混ぜて作るらしく、この配合を考えるのが楽しいという。

 

学生の頃、ファミレスのドリンクバーでいろんなジュースを混ぜて究極のジュースを作ることに挑戦したが、ああいう感じだろうか。ちょっと違う気がする。書かなきゃいいたとえを書いてしまった。

 

近々、わたしが「どうもガラムマサラの割合が問題だなあ‥‥」などと聞いてほしそうに書きだしたら、生温かい目で見守っていただきたい。あ、こいつ自慢したがってるなと思っていただきたい。

 

 

 

▼で、その知人宅で赤ん坊を拝見。1歳ちょっとなのかな。

 

奥さんは赤ん坊が生まれたとき、ダンナさんに「猿そっくりだな」といわれたのがいまだに許せないという。確かに猿そっくりとは聞くけれど。ダンナさんは赤ちゃんが生後2週間ぐらいしてからかわいくなったという。これは他の人もいっていたのだけど、母親は産んだ直後からかわいく見え、父親は少し時間が必要なのかな。母親はすぐにかわいく見えないと育児ができないだろうし。

 

ダンナさんは出産直後に、猿そっくりといって奥さんを激怒させ、そのあと慌てて「でも、猿の中でもかなりかわいいよな! 猿の中の石原さとみだよ」といったが怒りは解けなかったそうである。

 

その女の子はわたしのところまで這ってやってくると、右手を自分の口に突っ込んで唾液まみれにした。そのままわたしにつかみかかってくる。わたしはその子の右手首を左手でつかまえた。すると今度は左手を口に突っ込んで、またも唾液まみれの左手でつかみかかってくる。その左手首を右手でつかまえる。わたしに唾液がつけられないと今度は大声で泣きだした。なんと勝手な。おまえ、自分中心に世界がまわっていると思っているだろう。そうはいかない。だが、赤ん坊を泣かしたことで周りの目は冷たかった。これ、わたしが悪いのでしょうか。

 

どうも、ありとあらゆるものを唾液まみれにしないといけないルールがあるらしい。気づいたときにはわたしのカバンはえらいことになっていた。あれは絶対に石原さとみではない。ただの猿なのです。

 

 

 

▼猫が自分のオモチャの修理を心配そうに見つめる。

べつに何もおかしいことはないのに、静かなおかしみがありますね。

 

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
グッズ

▼野球が始まったのはいいが、この季節は花粉の季節でもある。地獄到来。また花粉グッズ探しの旅が始まる。

 

 

 

▼野球といえば、各球団のサイトでグッズを眺めるのが楽しみです。たまにわけのわからない物が置いてあるのがいい。ジャイアンツは、正月にはジャイアンツお節などを売ってたっけ。どうも野球グッズというのはセンスが悪い気がする。センスが悪いわたしがいうのだから、実はセンスがいいのかもしれんけど。

 

まだチラッとしかチェックしてないのに今年も豊作の予感がする。

 

 

巨人からは菅野投手のフィギュア。20,520円。いるのか、これは。真のファンこそが買うであろう至高の一品。ファンでない人が買っていたら頭がおかしい。

 

 

 

 

横浜からは冷蔵庫・電子レンジ・オーブントースターの家電三点セット。やはりこれを揃えてこそ真のファン。横浜は、オーナーがTBSからDeNAに移行してからはファンサービスに力が入りグッズの質もかなり良くなった。そんな横浜ですら、なぜか家電を売ってしまう。しかも「ブルーメタリック家電第4弾」ということから、すでに3弾まで出ていたことになる。売れてるのかもしれない。

 

 

阪神は毎年、量が充実している。見切れないほど出ているのだ。その中でも目を引いたのが高級ステテコ、9,720円。高い。これを着ていてカタギといわれても、ちょっと信じられない。道であったら全力で逃げたい。やはり阪神はグッズでは頭一つ抜けているのではないか。

 

 

あと、ハンガーが売っていまして、これは福留選手ですね。欲しいなあ。家のハンガーが全部こういうのになったら、だいぶシュールな気がする。

 

 

 

 

で、最後にわたしの応援する中日ドラゴンズですが、残念ながら中日のグッズは他球団に比べるとちょっと劣っているように思う。しかし、値段ならば負けていない。この18金製ドアラペンダントは105,840円という、もはやグッズの値段ではない。投資ではないか。しかし、ファンなら嬉しいのだ。

 

ブランド物のアクセサリーなどより全然これをもらうほうが嬉しい女性ファンも多いはず。応援のときに付けてもよいし、ゴールドだからフォーマルな場でも大丈夫!

 

などと擁護してみようかと思ったが駄目だった。ファンでさえたじろぐほどの商品を平然と出してくるのが恐ろしい。恋人にプレゼントすると破局するのではないか。普通のブランド物よこせってなると思う。

 

今年も中日を応援したい。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark