RSS | ATOM | SEARCH
モニタリング

▼モニタリングというドッキリ番組を観る。俳優の瑛太さんが出ている。家庭内で軽んじられているお父さんが家族と食事に来たところに、偶然に俳優の瑛太が居合わせる。瑛太はお父さんの知り合いで、お父さんの株が上がるという内容。しかし、知り合いだからって本当にお父さんの株は上がるのだろうか。瑛太の地位は瑛太が努力したからあるもので、お父さんは関係ない。「俺の知り合いに〇〇がいて」などと有名人の名前を出す人がいるが、そんな人間は自分を大きく見せたいだけのポンコツでしかない。ポンコツを診断するのに「俺の知り合いに」を使ったほうがいいんじゃないかと思う。

 

しかも、これはドッキリ番組だからお父さんは瑛太の知り合いでもなんでもない。家族に対して一個、嘘をついただけなのだ。初期値より評価が下がるのではないか。私は何を見せられているのか、と思いながらも番組を観てしまう。

 

そうそう話は変わりますが、この前、楽天の三木谷社長とすれ違いましてね。わっはっはっは! かくいう私も三木谷社長とすれ違うほどの人間なんですわ。うわっはっはっは!

 

書いていて虚しくなりませんか。

 

 

 

▼誘拐 女子高生を「彼女にしたかった」容疑で逮捕。(毎日新聞

 

本当にどうでもいいニュース。だが、この書き方だと女子高生を彼女にしたかったから逮捕されたように見える。逮捕されたのは、未成年を誘拐したからだけど。で、このニュース、よく読んでみると犯人は「かわいかったので二人目の彼女にしたかった」とある。一人いるのかよ、と驚くが、さらに「交際女性が住む同市中区のマンションに連れこんだ」とある。一人目の彼女に対して二人目(誘拐)をどう紹介するつもりだったのだろうか。

 

怒られない理由って不可能じゃない? 背中から生えてきた、はどうか。

 

 

 

▼新人K君と話す。「僕、大谷選手と同じ歳(23歳)なんですよ」と言う。「はあ〜。大谷はあんなに活躍してるのに僕全然駄目なんですよ〜」と溜息混じりにこぼす。走行守、顔、性格、金、すべて揃った殿上人と比べてどうするか。

 

アホか。私が23の頃なんてバイトしてプラプラして、挙句の果てに趣味の中古ゲーム屋めぐりというド底辺の生活だったぞ。上を見るな、首が折れるぞ。下を見ろ。と励ますとものすごく憐れみのこもった目で見られた。

 

「じゃあ、部長はどうだったんですか?」と訊かれるが、その頃は部長に会ってないから知らん。「部長なんて23のときはまだ森にいて、たしかに森で一番賢いゴリラだったけど、だいたい毎日ウンコ投げるぐらいしかしてなかった」と言ってみた。

 

明日は暇なので、部長を撃ち殺すための猟銃免許の取得にでも行こうかしら。できることからでいい。一歩一歩だ。

 

 

 

▼映画の感想「柳生一族の陰謀」を書きました。陰謀が錯綜する面白い時代劇。そして萬屋錦之助の顔芸。顔が面白い人は、いい人だ!

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
こける

▼お笑いが好きで、コントや落語を観たりしていましたが、結局何が一番面白いかというと人が転んだところかも。単純。あれより面白いのってそうそうないような。

 

隣席のTさんと打ち合わせのために外出したのですが、彼女は駅前の道路で唐突に足を滑らせて転んだ。スコーンときれいにいきました。背中から道路に落ちて後頭部をしたたかに打って「ぐえっ!」と死にかけのカエルのような声が出た。これは死んだかなと思うほどの見事な転びっぷり。おかしくて仕方がないのでkindleを取り出して写真を撮った。

 

転び方としては、この時の鈴木拓さんにそっくりである。

 

 

怪我がなかったのが幸いだった。それからのTさんの不機嫌ぶりがすごい。私と目を合わせてもくれない。「大丈夫?」とか「怪我はない?」など、相手を思いやる言葉がまったくなかったらしい。そうなのかな。自分では言ったような気もするけど。Tさんによると、私が言ったのは「こ、こけよった! いやあ、いいもの観たなあ! 今日は得したわー」だったという。おまけにkindleで嬉しそうに写真を撮ったのが許せないという。だってkindleってこういうときのために開発されたって聞いたのに。

 

今まで私のことを5点ぐらいに評価していたが1点に落ちたという。なんだそれ。5段階評価なのか、10段階なのか、ひょっとして100点満点で5点から1点なのかな。それなら5点も1点も変わらない気もする。怒ってるTさんに「それは何段階評価で?」と訊くのも、怒りの火に油を注ぎそうである。訊くのやめとこ。Tさんのこけ方は5段階評価で5でした。誤解のないようにわかりやすく伝えていきたい。

 

 

 

▼Nama Biiru Tamo Shimo(Impressione)

タモリ倶楽部の空耳アワーというコーナーがある。クロアチアのアーティスト「インプレシオーネ」の曲「Nama Biiru Tamo Shimo」の歌い出しは、かなりはっきり「生ビール、生ビール楽しもうよ」に聴こえる。

 

 

タモリ倶楽部に投稿しようかなと思うほどの出来。だが、ちょっと空耳として面白くないような。Amazonのほうだと、よりはっきり聴こえる。これはプライムに入ってないと聴けないのですが。そんでまあ、聴けたところで「で?」という話ではあるよ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハトフルボーイフレンド

▼Hatoful Boyfriend

友人からSteamのゲームをもらった。Steamでは知り合いのアカウントにゲームをプレゼントできるんですね。

 

 

古くは「ときめきメモリアル」「ラブプラス」などと同じ恋愛シミュレーションなのかな。「ハトフルボーイフレンド」です。主人公は人間の女の子で、気になるハトを口説いていくらしい。気になるハトが出るのかわからんけども。

 

とりあえず主人公の名前を鳩山由紀子にし、10分ほどプレイして中断。私は何をやっているのか。

 

明日、仕事を終えたら華原涼太クンを口説いてみます。君を片仮名にするのは昭和文化なのだろうか。私がやると、よりおぞましいぞ。

 

 

▼相撲を観る。阿炎(あび)という力士が横綱白鵬に勝って金星をあげた。手足が長くて、四股を踏むときに足を高く上げる姿が立派で惚れ惚れする。これから強くなるのかもしれない。勝利者インタビューでは、早くお母さんに報告したいと喜びを爆発させていた。インタビューもそこそこに「もう帰っていいすか」と、浮かれながら出て行ってしまうのが面白かった。やりたい放題だな。

 

炎上しないように「一番一番、大事にとっていきたい」などの慎重なコメントが多い中、いきなり帰ってしまうところが面白い。もっとこういう自由な人が増えたらきっと楽しくなるだろうなあ。私もインタビュー中に帰る人間になりたい。

 

 

 

▼映画の感想「クライム・ヒート」「BIUTIFUL ビューティフル」「Seventh Code セブンスコード」を書きました。「クライム・ヒート」はトム・ハーディがバーテンをしています。トム・ハーディの存在感でもったサスペンス。「ビューティフル」はハビエル・バルデム主演。「ノーカントリー」で毒キノコみたいな殺し屋を演じたハビエルさん。ただ生きていくのも難しい貧困層の暮らし。「セブンスコード」は元AKBの前田敦子さん主演。これはなかなかのトンデモ映画と言えましょう。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 01:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark