RSS | ATOM | SEARCH
Dlife終了

▼BSでは3月いっぱいでDlifeというチャンネルが終了した。悲しみ。大好きな『ブリティッシュ・ベイクオフ』だとか料理番組の数々が観られなくなった。特に何を作るというのではなく、ただ観ているのが楽しかったのに。オリンピック終了よりもDlife終了のほうがダメージはでかい。私の中で2020年はDlife終了の年として記憶されるだろう。

 

代わりに『駅ピアノ』を観ている。ピアノを弾く人の中には独学が多いことにも驚かされる。ピアノを演奏している人たちの人生が興味深い。日本だとピアノを弾くのは女性が多いけど、海外ではそんなことないのかも。男女比が5:5か、もしくは男性のほうが多いぐらい。観ていてふと思ったのは、リズム感がない黒人というのが存在しないのかということ。ダンスが下手な黒人というのはいない気がする。偏見か。それは、日本人が全員、空手やってると同じことか。リズム感のない黒人に会いたい。

 

 

 

▼LINEが行った「新型コロナの状況把握アンケート」を見たけれど、なかなかテレワークが進まない感じがある。30代だけは13.2%と10%を超えているものの、他の世代は10%に達していない。周りでも結局、元からやっている人がやっているだけである。

 

テレワークを断念した会社の人と話したけれど、主に二つの面で難しいのではないか。一つはPCやソフトの費用。新年度だから通常ならば予算はとれるけど、なにせ見通しが立たない。テレワークにするために新しいノートPCとofficeを買うと、だいたい一人10万はかかる。それで人数分となるとかなりの金額になる。体力のない中小企業だと、テレワークを推奨すると政府から言われてもなかなか‥‥というのはある。

 

もう一つは情報漏洩などの事故について。はっきり言えば従業員が信用できないという。そりゃね、得体の知れないサイトに行って変なウイルスに感染して顧客情報や機密情報流出で訴訟というのが一番怖いわけで。私がお世話になっている会社の人を思い浮かべると「アイツならやる! 必ずやる!」と断言できるのがいる。営業のEさんは必ずやってくれる。あの人は期待を裏切らない人。

 

以前、PCで何かを教えてほしいと言われ、EさんのPCを借りて操作していた。アイコンの上で右クリックするとメニューが表示されるが、そのメニューの中に『sex.com』みたいな明らかにアダルトサイトのようなものが入ってしまって消せない。で、Eさんと話していると一分おきぐらいに、画面の右下の時計の辺りからも『sex.com』という小窓がピョコっと出てくる。裸の外人が踊りまくっている。やりやがったなオイしかない。これは他のPCに感染するウイルスではなく単なる悪質なプログラムだけど。Eさんに「変なサイト行きました?」と訊いても「買ったときからこうだった」と言い張る。嘘をつけ嘘を。そんなPCあるか。リモートワークへの道の険しさを教えられた。

 

今回、コロナ対策では台湾がとてもうまく対応している。国は小さいのにマスク生産量を世界2位まで押し上げたのもすごい(PRESIDENT Online)。それぞれの行政のトップが専門家というのが大きいのだろう。政治家はよく「平和なときなら誰がやっても一緒」と言われてきた。たしかにその通りと思いたくなるが、やはり間違っていて、今回のようにいざ有事となったときに誰かに切り替えるわけにもいかない。平和な日常から有事になるのは、あっという間で境がない。

 

それにしても台湾のIT担当大臣オードリー・タン氏ですが、中学中退の天才プログラマーって、つくづくアニメに出てくるキャラ設定で中二心がときめく。

 

 

 

▼『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』を観ました。

 

 

いかにもアメリカがやりそう、みたいなアメリカの悪事を描いた映画なんですけども。前作『ボーダーライン』は緊張感がある作品でしたが、監督は代わりましたがこちらもなかなか。

 

アメリカでイスラム原理主義者によるテロが頻発し、政府は頭を悩ませている。前作『ボーダーライン』はメキシコからの麻薬流入を扱っていました。今はどうやら麻薬を運ぶより、密入国のほうが儲かるらしく、麻薬カルテルは密入国ビジネスに力を入れている。で、CIAは麻薬カルテルのボスを殺すことも考えるけれど、ボスを殺しても次の誰かがボスになるだけで意味がない。だから、麻薬カルテルのボスの子供を誘拐して、その犯行を対抗する麻薬カルテルの仕業に見せかけて殺し合いをさせよう。僕たち天才! という計画を思いついて実行するのです。最低だなオイ。

 

やりそうなんだよ、アメリカは。麻薬カルテルの弁護士を殺したり、子供をさらってみたりしたものの、実は国内でテロを起こしていたのは密入国者ではなく、アメリカ国籍を持つアメリカ人だったことがわかるんですね。ここらへん、大量破壊兵器あるって言ってイラク戦争引き起こしたのに似ているな。ずさんさがすごい。で、さらっちゃった子供や、実行部隊をどうしようか、みたいな話になって、どうしようもないから殺すかという。どクズ!

 

その他、ベニチオ・デルトロが最後、とんでもなく怖い雰囲気で登場して、相手の殺し屋がビビりまくるところが良かったですねえ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 15:50
comments(0), -, pookmark
無職

▼コロナなどあって予定の仕事が延期に。ついに私も流行の先端にのった。コロナ無職である。のほほ。これからどうやって生きてこ。今、私が罪を犯すと「40代、無職男性」という完全無欠のヤバい奴になる。道で警察官とすれ違うときも、つ・み・を・お・か・せ・な・い! という変なプレッシャー。視線も泳いで挙動不審。信号もきちんと青になるまで待って渡っています。

 

早く堂々と罪を犯せる身分になりたい。

 

 

 

▼知人に「仕事くんろ」と言ったところ、紹介でアルバイトをすることに。遺言の証人をやりました。事前に遺言内容を確認し、少し法的に気になるところを調べたぐらいで準備に10分もかかっていない。当日は公証役場に行き、公証人の前で遺言内容を確認して署名捺印した。正味45分の仕事で11000円もらう。いかん。

 

学生時代やったバイトの一つに市場での肉体労働があった。一日中、段ボールに入った重い物をあっちに運び、こっちに運び、体中が軋みをあげる。市場内の塵と埃で鼻の穴が真っ黒になる。それでも支給額は7000円程度だったと思う。どうも仕事というのは高額のほうが格段に楽のような。なんだかなあという気もする。おじさんたちとちょっと話しただけで11000円とは、もう、パパ活といっていいレベル。しかし、この先、このような簡単な仕事はないわけで。あとはコンビニ強盗などをやって地道に生きていくしかない。だが、パパ活の喜びをおぼえてしまったこの体が、ハードな労働に堪えられるだろうか。

 

 

 

▼ニュースやネットを観ていると、若者対お年寄りという世代間の対立が高まっているように見える。不安やプレッシャーを受けると、どこかでわかりやすい原因を求めてしまうというか、目立つところに責任をかぶせたくなるのではないか。「若者」「お年寄り」という世代ではなく、責任の所在は個人にあると思うのだけど。世代、出身地、国籍、性別問わず、困った人はどこにもいる。自分が攻撃的になっているかもと思った時点で、自分の精神状態について点検してみるといいかもしれない。

 

 

 

▼志村けんのコントを観ていたら、ドリフよりも石野陽子さんとの夫婦コントが面白かった。

 

 

このシリーズ、けっこう作ってたんですね。仲良さげでグダグダなところも、いい雰囲気。

 

 

 

▼映画の感想『(r)adius ラディウス』を書きました。設定が面白いサスペンス。低予算でもちゃんといいものが作れるという見本のような作品。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 15:25
comments(0), -, pookmark
来る人、去る人

▼春なのにえらい寒いのだった。先日の雪は桜を散らさなかったようで、今が見頃。買い物がてらに花を見た。

 

 

 

▼新年度、異動する人あり。お菓子大好きお菓子ちゃんが異動した。お菓子ちゃんの後任には、井森美幸にそっくりな井森さんが配属された。お菓子ちゃんは引継ぎ資料とは別に、人についてのことを口伝えで残していったとか。武芸や芸事の奥義も口伝えが多いという。データにしないあたりさすがと言える。元秘書課だけあって用心深さを感じる。

 

Aさんはキャパが小さいので一度に仕事を頼むとキレやすいとか、Bさんは正面から仕事を頼むと嫌がるので喫煙所にいるときに相談すると引き受けやすいとか、こちらのほうが引継ぎ資料よりも重要かもしれない。

 

私について何を言っていたのか、井森さんに訊いたところ「寒がり。甘い物が好き。特にシュークリームを与えると機嫌が良くなる」とのこと。私だけペットの飼育メモだと思います。

 

 

 

▼志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎でなくなった。テレビをとても楽しみにしていた小学生の頃、金曜がくるのが待ち遠しかった。金曜夜7時は『ドラえもん』を観て、次の土曜は半日授業で夜は『8時だョ 全員集合』を観る。だから金曜あたりからワクワクしていた。今、何かが待ち遠しくてワクワクするなど、ほとんどなくなってしまった。今よりずっと多くの人がテレビを楽しみにしていた時代だった。

 

ドリフ、ひょうきん族、とんねるず、ダウンタウンとウッチャンナンチャン、ここら辺まではテレビが生活の中心にあったように思う。ドリフの笑いは次の世代に取って代わられて、それからはかつての勢いを取り戻すことはなかった。でも、深夜にテレビをつけるとコントをやっていて、まだ作り続けていたのだなと観ることもあった。志村どうぶつ園というバラエティもやっていたけれど、本当にやりたいのはコントだったんじゃないのかな。そうやって一つのことをやり続けて一生を終えるというのは、すばらしいことに思える。

 

テレビで観るだけの人だけど、ぼんやりとした喪失感を感じる。そうか、死んでしまったのだなという。コントでもなんでも、今は嫌な見方だけどどこか斜めから観てしまうところがある。映画を観れば、作品自体が面白くなくても自分のほうから面白さを見つけに行ったりもする。それはそれでいいことなのかもしれないけど、ドリフを観ていた子供時代はそんな小細工など必要ないぐらい、心の底から面白がって夢中で観ていた。くだらなくてバカバカしくて楽しかった。そういう時間があったのだ。本当にありがとうございました。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:03
comments(0), -, pookmark
CABAL