RSS | ATOM | SEARCH
揉めない

▼山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」に批判が集まり、駅名撤回の署名運動が起きている。たしかに批判が殺到しそうな名前。「高輪」や「芝浜」あたりでいいんでないのとは思うのだけど。しかし、なぜこれが批判を浴びるかといえば「漢字+片仮名」という珍しい名前だからで、慣れてしまえばなんてことないように思う。最初は「モーニング娘。」もなんだこれは、だった。そういうことか? 本当か?

 

つまりですね「ディストピア新宿」とか「ハロウィン渋谷」とか「パンダ上野」とか「ピンクサロン五反田」とか、偏見にあふれた好きな駅名を付けたらいいんでないの。そうすれば「高輪ゲートウェイ」も目立たなくなる。木の葉は森の中に隠せ。何言ってんだかよくわかりませんが。というか、仮に「高輪ゲートウェイ」に決まったって、みんな「高輪」としか呼ばないでしょうよ。なんだかなあというところで揉めている。

 

 

 

▼揉めているといえばM−1の審査がどうとかで揉めていた。大変だなあと眺める。上沼恵美子さんが漂泊されたみたいな白さで気になった。で、最初の頃のM−1てただの漫才大会という雰囲気だったけど、いつの間にか漫才師が人生を賭けたイベントみたいなものに格上げされてしまった。時間が経つと良くも悪くも洗練される。コメントもあんまりふざけられなくて、審査員も大変そうですよねえ。「よくわかんないので適当入れました」などと言った日には記者会見ひらいて謝罪になりそう。お笑いなのに。こういう重苦しさっていうのはM-1が本来目指していた形なのかなとも思う。格が上がるってのは、いいことだけじゃない。

 

THE MANZAI、FREEZE、ドキュメンタルシーズン6などお笑いをまとめて観る。M-1の千鳥の権蔵院というネタが面白かった。他はよくわからない。どんどんわからないものが増えてくる。歳というのもありますよね。もうお笑いを観る対象から外れているのでは、とも思う。たいしてお笑い番組も観ていないわけで、そうすると筋肉と同様に感性が衰えるのだろうか。お笑い筋肉がまったくないのかな。せっかく観たのに笑えないなんて損しかない。みょうに通ぶっててもなんのいいこともない。箸が転げても大笑いが正解。絶対に楽しいもの。きちんと笑いたいなあ。

 

やっぱりねえ、楽しくなる白い粉に頼るしかない(完全にアウトな文章)。

 

 

▼映画の感想「ヒトラーの忘れもの」を書きました。ドイツの占領から解放されたデンマークでは、ドイツ軍が残した地雷をドイツ軍捕虜が撤去することになったというお話。しかし、第二次大戦でドイツが絡むと題名にすぐ「ヒトラーの」って付けるね。ヒトラーに頼り過ぎ。映画はとても良かったです。今年観た中ではベスト3に入る作品。お薦めです。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 00:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サカナミ君

▼木綿豆腐の味噌漬けを作る。濃厚。写真はレシピサイトのものをお借りしました。

水をきった豆腐(安いやつでOK)をオーブンペーパー(ガーゼでも可)でくるみ、その上から味噌をミリンで溶いたものを塗ります。さらにラップでくるんで容器に保存し冷蔵庫へ。3日ぐらい経って味噌が豆腐に染みたら完成。水が出るので毎日、水だけきります。簡単。薄く切るのではなく、正方形に切ったほうが美味しい。切り方で味がだいぶ変わる。そんなにたくさん食べるものじゃなく、一切れだけでいい。

 

これがチーズのように濃厚でねえ、じゃあ最初からチーズ食べればいいじゃんという気もするが。お酒のおつまみなどに合いそうです。私、飲まないからよくわらんけど。珍味っぽい味がするのだ。是非是非。お正月にまた作ろうかなあ。

 

 

 

▼キングコング梶原さんの長男のお話。

友人に教えてもらったのですけど不思議な話で面白かった。お笑い芸人の梶原さんの長男とうじ君(11才)には、幼稚園の頃からサカナミ君という友達がいる。ところがクラスにはサカナミ君という友達はいない。とうじ君の話によると、彼がいじめられているときにサカナミ君は先生を呼びに行って助けてくれたりもする。サカナミ君は、とうじ君だけにしか見えていないというもの。

 

ここだけ聞けば、サカナミ君というのはとうじ君のイマジナリーフレンド(子供が作り出す空想上の友達)なのかなと思う。だけど、サカナミという名前を幼稚園の先生に確認したところ、その幼稚園の前の前の前の園長がサカナミ先生(現在は亡くなられている)だったという。幼稚園の先生によると、他の子供たちの中にもサカナミ君を見る子供がいるという。とうじ君は過去の園長の名前がサカナミということは知らず、この動画の撮影で初めて知ったという。なかなか面白い話でした。

 

梶原さんがお子さんの話を聞く様子がとてもいいんですよね。否定するような素振りもなく、すごく自然に接していて。娘のかんなちゃんも観察力があって、とてもかわいい。かんなちゃんは、とうじ君がサカナミ君と話すところを何度か見ているが、かんなちゃんにはサカナミ君が見えていない。でも、かんなちゃんはとうじ君を馬鹿にする様子もなく受け入れていて、サカナミ君についてはイマジナリーフレンド(という言い方はしてないが)だと思っている。かんなちゃん、すごいな。

 

むしろ梶原さんのほうがどこかでサカナミ君のことを幽霊か座敷童だと思っているような。サカナミ君が現れるのは4月から5月に多いらしく、サカナミ先生の命日も春だったという。

 

この話どう考えればいいのだろうなあ。サカナミ君というのは、とうじ君のイマジナリーフレンドだと思う。とうじ君の話で矛盾している箇所がある。「いじめられているときにサカナミ君が先生を呼びに行ってくれた」の部分。とうじ君は自分以外にサカナミ君が見えないと言っているから、助けを呼びに行っても先生には姿が見えないのでは。とうじ君は嘘をついているというのではなく、そう思い込んでいるだけに思える。

 

不思議なのは、どこでとうじ君はサカナミという名前を知ったか。珍しい名前で偶然とは思えない。興味深いのは、とうじ君以外の子供でもサカナミ君を見るということ。これねえ、一種の実験なのかな。幼稚園の保育士の中に変わった先生がいたんじゃないのかなあ。園児が泣いているときなどに「先生もさびしいときに、サカナミ君ていう子が助けてくれるんだよ」などと、サカナミ君を意識に植え付けていくのでは。だから他の園児の中にもサカナミ君が出現するようになる。

 

なぜ先生がこんなことをしたかといえば「面白いから」ではないか。というのも、私も知人の子供に「茶色い牛はオス、白地に黒ぶちの乳牛はメス」「犬はオス、猫はメス」「私の職業は、レンコンの穴を彫刻刀でくりぬく仕事」などの嘘を信じさせようとしていた。わりと本気で。動機は「面白いから」である。そういうどうしようもないことをやる人間がいる。

 

梶原さんが言っていた「サカナミ君が現れるのは4月5月が多い」というのも、この時期はクラス替えなどで環境が変わる季節であり、人間関係の問題が出やすい。イマジナリーフレンドの出現回数が増えてもおかしくない。さて、本当のところはどうなのでしょう。気になる。

 

 

▼ドラゴンクエストライバルズ(カードゲーム)を久しぶりにやる。あのー、ネットゲームをですね、久しぶりにやると大変。殺人オニゴッコ「Dead by Daylight」もそうでしたけど。昔のゲームのように一人用だといいのです。だけど相手がいるマルチプレイのものだとちょっと困る。

 

ゲームを集中してやって上のランクに行ってしまい、パタリとやめる。で、たまにやってみようかなあと起動させると初心者同然の腕前になっている。そんで、ランク自体はそんなに落ちてないものだから、プレイした時にものすごく足を引っ張ることになるのだった。怒られることもあるし。初心者レベルから始められないし。あとボコボコにされるし。悲しいし。

 

なんだかんだでまた少しやっている。FaeriaやMagic Duelsもやりたいけど、これは本当に時間かかる。カード性能を憶えるのが本当に大変で、これ憶える時間で簡単な資格なら1,2個とれると思うんだけど。じゃあ資格とれやという話。

 

 

▼映画の感想「ドント・ブリーズ」を書きました。新しいシチュエーションホラー。まったく同情できない主人公が登場。怖かったです。

 

あと「ヒトラーのわすれもの」を観ました。今年観た中でベスト3に入るのではないか。観て観て。人の心を忘れた私の目にも涙が。感想書こう。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 21:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
4k8kで何を観る

▼いつの間にか4k8k放送が始まった。私が楽しみにしていた「ブラタモリ」が4k8k放送開始特番で潰れたので許すまじと思いました。ハイビジョンになったときも思いましたが、ようは中身のほうが重要なわけで8kが16kになろうが32kになろうが64kになろうが128kになろうが256kになろうが512kになろうが1024kになろうが2048kになろうが4096kになろうが8192kになろうが、もうそろそろ許していただけないでしょうか。頼まれてないけど。

 

ようは中身なのだろうなあ。たいして画質の良くないテレビでドリフやひょうきん族を放送する土曜を心待ちにしていたり、野球のオールスターや日本シリーズに夢中で魅入っていた。ただ、本当に昔の番組の質が高かったのかなとも思う。ケーブルなどでは昔の番組がよく放送されているけど、あれほどおかしかった「とんねるず」だとか「ドリフ」だとか、今観ると面白くはない。思い出で美化されているように感じる。

 

ずっと贅沢なものに慣らされていると鈍感になるんじゃないのかな。相対化されてはじめて感動を覚えるように思う。それまでラジオしかなかった世代がテレビを観たときの興奮はものすごかったと思う。街頭テレビでプロレスに夢中になっている人々の姿はしばしば放送されるけど。あそこで行われているプロレスも今のプロレスと比べるとまったく華やかさもないし、技術も低い。それでも人々は熱狂していた。ようは差なんだろうなと思う。

 

何もかも満たされた世代で、もうテレビの興奮も頭打ちになっている。これはテレビだけじゃなくて他の分野でもそうなのだろうけど。ある程度豊かになると退屈な時代が訪れるんじゃないかしら。その退屈を「昔と比べて今は駄目だ」と思い込んでいるけど、実は満たされすぎているだけではないか。退屈さの中で何かを見つけて楽しむには、また別の才能がいるように思う。私がお勧めしたいのはカニ漁である。荒れ狂うベーリング海で鬼船長に怒鳴られながらやるカニ漁。監禁されて逃げ場も娯楽もない。もうカニを獲るしかないんだ。これは陸に上がったときは楽しいぞお。でも、テレビもネットもできそうな気がする。それか刑務所である。今、服役が熱い。それでこそ差を楽しめる。だが、刑務所もテレビは観られるからなあ。刑務所にいてすらテレビは追いかけてくるのだ。

 

友人が大学時代にやっていたバイトが山小屋のバイトだった。なにせ電気がないのがすばらしい。電話もない。2週間に1度ぐらい、麓の人が食料を届けてくれるという。登山客が来た時にカップラーメンを出すとか、寝床を用意するとかぐらいで、普段は何をしていてもかまわないという。友人はその間、国家試験の勉強に集中していた。なにせやることがないのだから。欠点としては、重病になると誰も助けてくれないので死ぬらしい。こっわー。

 

でも、今は山小屋もネットや電話が使えるかもしれない。もう完全に孤立する環境など有り得ないのかな。満たされたことに気づかずに漠然と不満を覚えて暮らしていくなんて、なんだかバカらしい気もする。これはもう拉致監禁してもらうしてもらうしかない。だが、40超えた汚いおっさんを誰が拉致監禁したがるかがまったくわからないけど。

 

 

 

▼映画の感想「幼女戦記」を書きました。性格が歪んだサラリーマンが過去に大戦中のヨーロッパ(架空)に転生しました。性格がドクズなのがたいへんすばらしい。面白かったです。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
World of Tanks(ワールドオブタンクス)