RSS | ATOM | SEARCH
終活

▼巣鴨のお年寄りの話を聞く。お年寄りの間では、きれいにメイクしてもらった後で遺影の写真を撮るのが流行っているらしい。終活というやつでしょうか。顔をマッサージしてもらい、目の位置を上げて、さらに吊り上げてテープで固定し、その上からメイクをしてもらうことでまるで別人のようにきれいに撮れるという。メイクやマッサージだけで撮影前に1時間ぐらいかかる。えらい気合の入りよう。そんで、若いカメラマンが「きれいですね〜。かわいい、かわいい」などと褒めてくれるという。料金は2万円ほどらしい。なんだ、それは。年寄りのホストクラブか。

 

ダンナといえば、今更褒めてくれるわけでもなく、褒められたところでどうということもないだろう。そりゃ、若いカメラマンのほうがいい。最悪の場合、ダンナはこの世にいないこともある。そう考えれば、いいサービスかもしれない。孫に写真を見せたところ「実物と違うから、あんまり親しみがわかない」と言われたそうである。スマホの加工アプリで若い子たちは散々盛った写真を撮っているが、年寄りのほうがもっと盛っているのだった。

 

 

 

▼集合住宅の夏祭りの準備。去年の会計報告を眺めていたら、大赤字を出していることに気づいてしまった。しかも、一目では赤字とわからないよう、収支がトントンに見えるように巧みに加工をしている。どうやら、夏祭りを続けたい人たちがいて現状を隠しているようなのだ。住民のコミュケーションのためにある程度の予算をとって、赤字を出すのはかまわないとは思う。だが、それを隠すとなると問題。

 

去年と同じレベルの祭りをやると大赤字は避けられない。で、収支を黒字にするために、有名ブランド(サントリー、キリンなど)の飲み物ではなく、得体の知れない飲み物などを売りつけるとか、食べ物を2、3倍で売れば収支はトントンにできるかもしれない。だがですよ、いきなり物価が2,3倍に上がって、わけのわからないメーカーのを売りだしたら、住民からえらい文句言われるような。これ、私が怒られるのかな。

 

だが実際、夏祭りの費用についていろんな集合住宅でも問題になっており、2016年に国交省がガイドラインを改正して指導を行った。イベント等の費用は管理費ではなく自治会費から賄うように求めているのだ。祭りに興味のない人や、参加しない人だって大勢いる。そういう人たちも管理費を払っているわけで、管理費という税金のようなお金を流用していいわけがないという意見もある。

 

というわけで、今年の祭りはどうしたものかなー。去年と同じで採算度外視の赤字覚悟で行くか、周りから批難されても赤字にならぬよう高めの値段で飲食物を売っていくべきか。今ならば、ぼったくりバーの店長の気持ちがわかる。柿ピーを3万で売りつけたい。

 

 

 

▼映画の感想「先生を流産させる会」を書きました。世の中にはいろんな会がある。雑すぎる感想。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 00:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
祭り

▼集合住宅の夏祭り担当になってしまった。夏祭りを仕切らないために生まれてきた私がなぜ? という気持ちがとまらない。毎年何百人もの参加者があるらしい。私は参加したことがないので知らなかった。「あ、何かやってるな」とは思ってたんだけど。毎年、平気な顔して素通りしていた。100人近い住民が参加して準備を行うらしい。なぜそこまでしてやるのか。家族を人質にとられているのだろうか。で、私に100人もの大人数が仕切れるはずもない。どうしたものかなあ。まあ、適当にやろうと思いますけども。

 

前年はビンゴゲームをやったが不評だったらしい。今年は何をやるか迷っている。前年までのイベント表を見ると「ドジョウすくい」などが当たり前のように書いてあっておののく。盛り上がるのか、これ。「山田さんのドジョウすくいがないと、祭りが始まらないね〜」などの名物なのだろうか。だとすると「これいらないですよね」と、勝手に切ってはまずいような気がする。ドジョウすくいこそ、この住宅の名物なのだから。知らんけど。

 

大勢で参加できて子供からお年寄りまで楽しめるイベントとか、どうすりゃいいのかなあ。そんなイベント、何かあるのだろうか。戦争とか?

 

そもそも、私がイベントにまったく参加しないわけだから難しい。

 

・ビンゴ大会

・カラオケ

・ダンス

・モノマネ

・手品

・クイズ大会

・竹とんぼなどの懐かしい遊び

 

などの案が出る。うーむ。どれも今一つというか、正直なところまったく興味がわかない。盛り上がるのかしら。手品といっても、ステッキの先から花が出るというレベルのものなのか、大がかりな人体消失トリックなのか、どのレベルなのだろう。どう考えても、ステッキから花が出るほうだと思うけど。

 

今、本当に自分が興味があるものを挙げるとすればなんだろう。

 

 

Amazonプライムで配信しているアメフトのドキュメンタリー「オール・オア・ナッシング アリゾナ・カーディナルスの挑戦」である。いやあ、アメフト面白いんだなあ。100キロを超える男たちがぶつかり合う大迫力。この住宅でもアメフトをやればいいんじゃないかしら。確実に死人が出るけど。そういうわけで、多数で盛り上がれる何かを探しています。

 

 

 

▼あと、出店の準備だの、割り振りだので死にそう。前期理事の人たちに話を聞くと「毎年、泣きながら野菜を切っている人がいる」とのこと。そんな妖怪みたいなの嫌だよ。

 

 

 

▼映画の感想「天元突破グレンラガン」を書きました。2007年のアニメ。どこまでも熱い少年漫画。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大風

▼老眼鏡を買ったり、靴を買ったり。新しい物を買うと心が浮き立つし、どこかへ出かけたくなる。しかし、すさまじい大風だった。ちょっと覚えがないぐらい。花粉症がひどいのでマスクをつけて外出。家に帰ってマスクを取ると、マスクの中にまで砂が入り込んでいて驚く。

 

畑の中の道は砂が舞い上がり、黄砂の中を進んでいるようだった。農家のおばちゃんが私を手招きして何かを言っている。近くまで行って聞いてみると「ここで30年農家やってるけど、こんなものすごい風はじめて!」と興奮している。たしかに風はひどいけど、人をわざわざ呼び寄せて言いますか、それ。見知らぬおばちゃんと暴風の中で立ち話。

 

おばちゃんの甥のマサヒロ(50歳ぐらい)がこの春、結婚したそうです。マサヒロ、おめでとう。誰。

 

見知らぬおばちゃんのところで買ったフキノトウを天麩羅に。美味し。

 

 

 

▼打ち合わせまで時間があったので、見知らぬ街の見知らぬ床屋(1000円)に突撃。道場破りの精神。初めてだけど「いつもと同じ感じで」と言ってみる。理容師さんは一瞬、キョトンとした顔をしたものの「いつもはたしか‥‥、短めでしたっけ?」と応じてくれた。なるほどそう来るのか。逆らわず、すべて相手の言う通りに切ってもらう。

 

打ち合わせの現場につくと、相手から「頭どうしたんですか。なんかイワトビペンギンみたいな頭ですね」と笑われる。短くて立ってるということだろうか。

 

 

悔しいので「『イワトビペンギンにしてください』って注文して切ってもらったんだよ」と言う。我ながら、わけのわからぬ注文。しばらくはイワトビペンギンのまま暮らしていく。

 

 

 

新じゃがと鶏胸肉のとろっと照り煮(クックパッド)を作る。新じゃがではないものを使ったので、皮を剥く。胸肉はパサつくと美味しくなくなってしまうけど、これは肉に水分が残っていてジューシー。肉はなんでもそうだけど、使う1時間ぐらい前に冷蔵庫から出して常温にしておくと美味しくできる気がする。レギュラー入りしそうな出来。ニンジンのシリシリもそうだけど、特に凝った材料や手間をかけずに美味しいというのが嬉しい。

 

料理、掃除、靴磨きとか、すぐに結果が出るから嬉しいのかなあ。30代の頃はわりと短期間で結果が出る仕事が多かった。理事会の仕事もそうだけど、3年かかるプランなどもあるわけで、そうなると早く成果が見たいという気持ちが出てしまう。料理や掃除はすぐに成否がわかるわけで、そのわかりやすさを求めてついそういった方向に行ってしまうのだろうか。

 

とても普通の日記だけど、日記とは元来そういうものじゃないかね。突然の問い掛け。

 

 

 

▼映画の感想「ダーク・プレイス」を書きました。シャーリーズ・セロン主演のサスペンス。地味、かつ入り組んでいる。実際の犯罪は偶然が積み重なってこういうふうに起きることもあるのかなあ。あまり面白くはないけど、じっくりした作品でした。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 00:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark