RSS | ATOM | SEARCH
SUPER HOT

▼WBC準決勝、日本×アメリカ戦が始まった。知り合いは前日のプエルトリコ×オランダ戦から翌日の日本×アメリカ戦、さらに翌日の決勝戦のために3日間会社を休んだという。月曜が春分の日なので4連休である。すごいな。今日の日本×アメリカ戦はともかく、前日のプエルトリコ×オランダ戦は休まなくてもよさそうだけど。

 

「いやいや、勝ち上がってくる勝者の分析をしなくては」というが、それは必要なのか。ファンはそういうものなのかな。日の丸の鉢巻きを占め、「必勝」と書かれたタオルを肩にかけ、声を振り絞って応援するらしい。「前回の恨みを晴らさねば」という。前回WBCはアメリカと戦わなかったはずと思ったら、彼がいう前回は第二次大戦のことだった。こっわー。これはスポーツバーに行ってみんなと観戦できないタイプ。

 

いろんな人が応援している。70年前の恨みを晴らそうと考えているやつもいる。

 

 

 

▼SUPER HOT

 

久しぶりにゲーム。STEAMで売っていたゲーム「SUPER HOT」。これ、ちょっと変わったFPSなのです。FPSというと反射神経と正確な狙いが必要ですが、このゲームは違う。時間がとてもゆっくりと流れ、自分が動いているときだけ相手が動く感じなのだ。相手が撃った弾の弾道が見えてよけることもできる。マトリックスみたい。

 

これ、FPSというよりパズルなんですね。誰から順番に倒すかという。相手に物を投げつけて、相手が手放した銃を奪って撃つ動作も軽快で気持ちいい。日本刀で五右衛門のように弾も斬れる。

 

 

ジョージ・オーウェルの小説「1984年」のような管理社会を思わせる世界観。なぜ戦うか、赤い人間はなんなのか、わからないままストーリーは進む。ステージをクリアすると「SUPER HOT」という文字が何度も映し出される謎の演出。洗脳されそう。

 

 

 

今ではほとんど見かけないDOSを思わせるメニュー画面。

 

 

異様な雰囲気がいいですねえ。一見すると手抜きでレトロっぽく見せて、実はきっちり作られている。だけど、やり込み要素があるとはいえ三時間ぐらいで終わってしまうので定価で買うのは少しもったいないかも。日本語対応してませんが、まったくプレイには問題ありませんでした。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 10:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
鶴の恩返し

▼女優の広瀬すずさんのせいか、おかっぱ頭の女の人が増えたと思う。今日、わたしのところに書類を持ってきた女性もおかっぱにしてきた。ある仕事をどこの部署がやるか、押しつけ合いになっている。そんな毒キノコみたいな頭にしても、わたしは引き受けんぞと決意する。

 

 

 

▼付箋

システム管理者が激怒しそうな。使う人の気持ちはわかるけどもー。セキュリティとはいったい。

 

 

 

▼知人の家へ。4歳の女の子がいる。「これ読んでー」と鶴の恩返しを持ってきた。一度、読み終えたらまたしても「読んでー」といってくる。不思議。前にもこんなことがあったが、子供はなんで同じ本を読ませたがるのかな。内容はすでに知っているのだし「あ、それ、知ってるからけっこうです」とならないのが不思議。そんなふうに話されたら気持ち悪いけど。

 

二度目の鶴の恩返しを読み終えた。アナウンサーのように一言一句間違えずに読んだが、これは面白いのだろうか。アレンジしなくていいのか気になる。いくら子供とはいえ、先がわかっているものを聞いても何も面白くないんじゃないのかなあ。それとも、人を独占しているという感覚がいいのかな。人との関係は結局のところ一緒にいた時間で作られるとすれば、本を読むことはあくまでも手段であってその先にコミュニケーションをとるという目的があれば、わたしに鶴の恩返しを死ぬほど読ませてもいいことになる。

 

そうかそうか。なんだかわかってきたような気がしてきたぞ。でも、もう鶴の恩返しはいいやと思ったので「何か他のことをしよう」と提案した。「わかったー」といって、しばらくするとまた鶴の恩返しを持ってくるので恐怖した。「鶴、もう羽根がないって」といったらケラケラと笑った。鶴の恩返し地獄から逃れられない。

 

 

 

▼映画の感想「アナザー・プラネット」の感想を書きました。地球のすぐそばにもう一つ地球が。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大村益次郎

▼BSプレミアム「英雄たちの選択」で長州の兵学者・蘭方医である大村益次郎を観る。農民出身の大村は、幕末に長州の軍制改革に着手する。当時、特権階級だった侍たちに銃を持たせて西洋式兵制にするということは侍の優位をなくすことになり相当な反発を招いたと思われる。実際、大村の以前に行った西洋式兵制への改革は失敗している。侍たちが病気と称して訓練に出てこなかったという。侍たちにとって町人や商人と一緒の立場で戦うなど考えられなかったのだろう。

 

どうやって大村が侍たちを説得したかは説明されていなかった。もっともその頃、長州藩は四国艦隊下関砲撃事件で外国から叩かれ、さらに幕府の長州征討により、強烈な圧力を受けて余裕がなかった。侍の面子を守るためだけに昔ながらのやり方で通すわけにもいかなかったのかもしれない。とはいえ、「侍の意地」などといって自分たちが滅びても、あくまで特権を手放そうとしない人間たちもいそうだけど。よく改革できましたね。

 

侍の反発を今の視点から見れば、バカだなあの一言で済むけれど、実際にわたしたちの身の回りも似たようなことが多いのではないか。自分が優位な立場にいると利益を手放すのは難しい。大村とはまったくレベルが違う話だが、定年退職したあとの夫に家事を分担させるのも妻からいい出すのはかなり難しいように思う。どちらかが病気になる可能性は高いのだから、リスクを減らすためにどちらも家事ができたほうがいいに決まっている。だけど「なんで俺がそんなことを」となりそうである。今の若い人は家事分担が当たり前になりつつあるから、そんなことないのかもしれんけど。まったく家事分担の心配のないわたしが心配してしまった。杞憂。とにかく、つまらないことですら、今までのやり方を変えることはなかなか難しい。

 

大村は明治2年に暗殺される。暗殺者の中には元長州藩士もいた。暗殺者の所持していた斬奸状によると、大村の急進的改革に反発したものだったという。大村の出身は農民であり侍ではなかった。そんな大村に上に立たれ、あれこれ指示をされることに内心不快だった侍は多いのではないか。身分だけが己の誇りとはなんとも情けないが、それしか誇るものがない人からそれを取りあげたときの恨みはすさまじいものなのだろう。

 

 

 

▼アメリカのアムトラック。

みんな楽しそう。ひょっとしてこのファンがいるのでは。

 

 

 

▼映画の感想「柔らかい殻」書きました。子供の目から見える世界ってどんなだったっけ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 22:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark