RSS | ATOM | SEARCH
N国党

▼参院選が始まる。NHKから国民を守る党の候補がタレント揃いで、恐れおののく。何かを観て声をあげるということはほとんどないのですが、思わずちょっと声が出てしまった。キャラが濃すぎるぞ。

 

 

このおばちゃん、キャラがどんどん変わっていく。時折みせる顔芸も良い。後ろの人がまったく笑わずに手話を行っているのもすごい。

 

 

この人は、出オチ感がすごかった。政見放送の内容はまとも。ギャップがすごいな。NHKの放送にWOWOWのようにスクランブルをかけ、観たい人だけが受信料を払って観るという主張はいいと思う。ただ、それしか公約がないのかなとも思ってしまう。しかし、タレント揃いな党。

 

 

 

▼映画『デトロイト』を途中まで観る。1967年に起きたデトロイト暴動、そのさなかで発生したアルジェ・モーテル事件を題材にした映画。デトロイト警察の黒人への暴力があまりにひどい。ヨヨヨ‥‥。途中で観るのをやめる理由は、寝てしまうか、つまらなくてやめるかのどちらかですが、この映画は観るのがつらくなって中断した。気分が悪くなるほどハードな内容。明日また観よ。

 

グロッキーになり、太宰治の『斜陽』を読む。なぜか文学に逃避。『斜陽』は滅びゆく貴族の姿を描いた作品。弟の直治という人物は太宰の投影というか、そのものに見える。作中「弟は文学などにかまけて不良になってしまった」みたいなことが書いてあって驚く。文学て不良がやることだったのか。不良かわいや。

 

太宰は大地主の息子であった。周囲の貧しい農民、友人たちからの搾取によって、彼の家の豊かな暮らしがあることに気づき、悩みだす。真面目なんですよね。やがて太宰はマルキシズムに傾倒していく。そんなに富が嫌なら、寄付でもなんでもして働けばいいのに。『斜陽』の直治も同様のことで悩んでいる。だが、直治はすべてをわかったうえで借金を重ねて麻薬や酒へ逃げ、最後は自殺するというですね、もう、本当におまえは何をやっとるんだという。

 

繊細で脆弱すぎたように思える。みずからの身分を当然と思い、傲慢にふんぞり返ることもできず、かといってその立場をかなぐり捨てて庶民と共に汗を流すこともできなかった。悲しいといえば悲しいし、あまりに脆弱で純粋。勇気がなかったとも。

 

 

 

▼映画の感想『万引き家族』を書きました。日本の社会問題が集約された作品。面白かったです。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 01:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
仮面ライダー

▼以前にブログで「ゲーム障害」について書いたら、私の興味がゲームにあると判断したのかツイッターやらブログの広告がゲームのみになった。ゲーム障害について書いて、ゲームを執拗に薦められるという。結果『サイバーハンター』というゲームを始めました。まんまとゲーム障害の道へ。PUBGの類似ゲーム。スカイダイビングで好きな場所に降りて、撃ち合って最後まで生き残った人が勝ちというルール。しかし、私はFPSが下手だなあ。相手にどこからか撃たれて、アワワワワ‥‥となっているうちにだいたい死んでいます。面白いです。

 

 

 

▼Amazonプライムのお薦めに仮面ライダーがよく出てくる。子供の頃は仮面ライダー(初代)ではなく、V3というのをよく観ていました。幼稚園の頃、親が持たせてくれた弁当箱は仮面ライダーだった。だが、よく観ると仮面ライダーではないのだ。仮面ライダーによく似た何か、である。親はあまりわかっていなくて、それっぽい物を買ってくれたのだろう。偽物は安い。そして微妙にかっこ悪い。友達に弁当箱を見られるのが嫌だった。弁当の時間になると、蓋をすぐに開けて裏返していたのを憶えている。そんな仮面ライダー(偽)の思い出。

 

もっといい思い出ないのか。心温まるやつ。

 

仮面ライダーもあの頃から連綿と続いており、今のライダーはずいぶん変わったと聞く。友人が親になり、子供と一緒に観ている。大人も楽しめる内容になっているらしい。私も一本観ようかなあと思ったのだけど、どれを観るのが正解なのか。いろいろあって区別がつかない。タイトル長すぎない?

 

・劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング

・仮面ライダーエグゼイド トリロジー・エンディング 仮面ライダー ゲンムVSレーザー

・仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーブレイブ&スナイプ

・仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダー パラドクス with ポッピー

 

どれを観りゃいいんだよ。そりゃ、親は仮面ライダー(偽)を買ってくるよ。わけがわからん。タイトルを長くするのはいいけれど、出た順に1から番号を振ってほしい。わかりやすさ大事。

 

 

 

▼映画の感想『おとなの事情』を書きました。私たちは親友同士で秘密がないから携帯を見せ合いましょうね! というキチガイじみた作品。それ、悪いことしか起きないだろ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
パウンドケーキ

▼「子いわく、われ十五にして学に志す、三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。以下略」ということでですね、四十歳にしてパウンドケーキとシフォンケーキの型を買った。あれかな、五十歳で天命を知るというのは、美味しいケーキ屋の店名を五十にして知るのではないか。間違いない。孔子が言っているのだから。明日、パウンドケーキが焼かれるだろう。来週にはシフォンケーキが焼かれるだろう。楽しみ。

 

 

 

▼美味しいケーキを食べることも嬉しいのだけど、まず自分で作ってみて仕組みを知ったうえで食べる方がより理解が進むんじゃないのかな。PCも自分で組んでみて、それから店組みのやつを買うと、自分にとって必要な機能がわかっているから余計なところは落として買うことができる。今まで私は物事の仕組みをあまり知ろうとしなかった。これがまずい。なんでも自分で作ってみて、その後にお金で解決するのはいい。まずは自分で作るという。上手下手はまた別の話。楽しいし美味しい。

 

 

 

▼コンビーフのミニトートバッグが売っていた。欲しかった。

前に見たときは買えたのだけど、あっという間に売り切れた。人にはその物が似合う年齢というのがあろう。いくらなんでも40歳過ぎたオッサンがミニトートを持つのはきつい。法律で禁止されているのでは。もちろん、好きな物を身につける自由はあるものの、それでもやはり似合わないかなと思う。せめて性別が女性だったなら、まだありなのではないか。するか、性転換。ミニトートのために。動機が異常。

 

 

 

▼思ったより早くパウンドケーキ型が届いたのでさっそくケーキを焼く。蜂蜜漬けにしたレーズンとクコの実を入れた。もう少し入れた方が良かった。

 

 

画像は白っぽいですが普通に焼けました。やはりハンドミキサーが欲しい。混ぜるのが大変。

 

 

2本焼いて1本は自分用。1本は分割してラッピングし、仕事でお世話になっている人たちに差し上げた。突如「そうそう、ケーキ焼いたんですけど良かったらどうですか」とケーキを出す。コイツはいったいどうしたんだ、となる。これからも随時、ケーキテロを行っていきたい。

 

 

外はサクっと中はしっとり。オホホホホ。レーズンとクコもアクセントがきいて美味し。次はコーヒーとチョコを入れて焼く。

 

 

 

▼映画の感想『ハード・コア』を書きました。世間になじめない人の話。わかる気もする。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 13:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
SEVENTH DARK -セブンスダーク-