RSS | ATOM | SEARCH
言葉の選択

▼髪型をオカッパにした人を見ると、必ずそばにいって「またまた〜。毒キノコみたいな頭して、どうしたの?」といってしまう。これをいうのが楽しくてたまらない。いわれる側の人間も、わたしがニヤニヤして近寄ってくると毒キノコ呼ばわりされると察っするようになった。「毒‥‥」ぐらいのタイミングで「どうもしません」と冷たくあしらわれる。

 

君ら、年寄りの楽しみを奪っていいのか。心苦しくないのか。

 

 

 

▼世の中の揉め事の大半は、いい方一つで避けられるという話を聞く。なるほどそうかもしれない。マイナスのイメージがある「田舎」という言葉も「自然が豊かな所」といわれれば悪い気はしない。佐藤優さんの本にも、外国との交渉で相手方に「嘘をつかないでください」といえばケンカになるが「お互い正直にやりましょう」といえば、同じことをいっているのにうまくいく、とあった。すべてはいい方ともいえる。

 

最終的には、意識しなくてもそういった言葉が自然に出るようになるのが理想なのだろう。テクニックとしてそういった言葉を使うのではなく、自然にそういった言葉が出るような人間になるというか。それには、本当に性格のいい人間にならないと駄目なように思うのだ。だが、最初はテクニックとして外側から入るしかない。やがて内側が追いついてきて心からそう思えるようになるのではないか。

 

それはそれとして、今日も人を毒キノコ呼ばわりする。

 

 

 

▼会長の句会の手伝い。「君の名は」を知っているか? と訊かれたので戦後にやっていたラジオドラマかと思った。「放送が始まる時間は女湯から人が消えたっていうドラマですか?」と訊き返したら「いつの話してんの。漫画だよ。『前前前世』って曲知らん? 若いのになあ」と呆れられた。

 

まさかお年寄りから前前前世なんて言葉を聞くとは。SFも理解できるのかな。みな意外と若い。わたしが思っているより、お年寄りはお年寄りじゃないのかもしれん。「前前前世というより、もうすぐ来世が見えてるけどなあ!」と嬉しそうだった。

 

来世、生まれ変わったらパンダになりたい。パンダの赤ちゃんになって、みんなにチヤホヤされたい。

 

 

 

▼いかにもありそうな嘘を考えるコーナー。

 

「航空自衛隊のメニューにはスクランブルエッグがない。『スクランブル』は軍用機の緊急発進を指すことから、スクランブルエッグは縁起が悪いと避けられている」

 

かなりいい嘘ではないか。1回目ということもあり、この嘘に85点をつけたい。

 

なぜこんなことをやっているのか、よくわからない。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 16:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
慣れ

▼黄色いトマト「桃太郎ゴールド」を食べている。変な名前。「花咲じじいシルバー」とか「かぐや姫ピンク」などがあれば戦隊ものが組めそうな気もする。

 

 

ちょっとだけ柿にも似た見た目。皮は弾力があり少し固い。塩こうじに一晩漬けると柔らかくなり美味しい。トマトと一緒にキャベツ、キュウリ、大根なども漬けている。大根だけは漬ける加減が難しく、食べ頃の見極めが難しい。固かったり、苦味が強いときがけっこうあるのだ。ちょうどいい頃合いを探すのも楽しい。

 

 

失敗した時は「ちっ、まだ早かったか」などと、つぶやいてみる。王蟲の大群を止めるために未完成の巨神兵を出したクロトワの気分も味わえる。浅漬けには、一人ナウシカごっこができるという楽しみもある。41回目の夏は暑い。

 

 

 

▼久しぶりにメールを頂いた。「コメントもないのに書き続けられるのはすごいと思います」という賞讃とも嘲笑ともとれる言葉があった。ここは前向きに賞讃と受け取りたい。わたしだってコメントをもらえば嬉しいのだ。べつにコメントなどどうでもいいと思われているのかなあ。

 

コメントを頂いた日、赤飯を炊いていることをみな知らない。

 

 

 

▼外食でトンカツ。美味し。一緒に食べた人が「この店も良いけど、○○の店のほうが」といっていた。詳しい人には確かにそうなのかもしれない。食にしろ、酒にしろ、詳しくなってわかる良さもあるのだろうが、同時にいろんな欠点も見えてしまうのだろうなあ。

 

自分が書いた映画の感想を一部読み返したら、偉そうで驚いた。本来なら、観終わって「ああ、面白かった!」でいいのだけれど、やっぱり四の五のいうようになってくる。どうしても目につくところというのは出てくる。それでももっと純粋に、いい物を観たという喜びに浸りたいし、作り手に感謝もしたい。だんだんと調子に乗ってくる。ちょっと距離を置いた方がいいのかな。観る本数を減らして、心から観たいと思ったときに観るようにするのがいいかも。

 

本当にそんなことができるのかわからないが、初心にかえることを目指すべきかもしれない。どうやったらまた素直な心持ちに行けるのか。人生も同じで40年も生きていると偉そうになりがちである。うまい棒を食べて育ったはずが、やれあそこのトンカツはどうとか、調子に乗りまくっている。うまい棒を「一生これ食べられる!」と思った日を忘れてはならない。

 

やはり凡人が初心にかえるとしたら形から入るのがいいのではないか。まずはオムツをはいて会社に行くところから始めてみたい。これを変態とかなんとか罵る人がいれば、それは心が歪んでいる。わたしはもっと純粋な気持ちではいている。しかし、しばらくはいていたら「パンパースの万能性はすばらしいとか、ムーニーマンは蒸れないが吸収力が低い」とか、したり顔でいい出す自信がある。初心にかえることの難しさよ。せめて、いつも心にオムツをはいていたいもの。

 

なにこの終わり方。

 

 

 

▼映画の感想「女の賭場」を書きました。久々の任侠もの。江波杏子さんがきれいです。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 06:22
comments(2), trackbacks(0), pookmark
野菜

▼暑い日が続く。桔梗の鉢に産まれたばかりの小さなカマキリが来ていた。若草色で美しい。

 

 

4月から育てていたバジルはもう終わってしまった。今は小さな芽が一つしか残っていない。一度、コンビーフとジャガイモの炒めものに和えて食べた。そんなに量は採れなかった。ちゃんと余分な芽を摘まないと大きくはならないのかも。もう一度、撒くかなあ。

 

 

 

 

▼近所の農家の野菜販売所でトマトを買う。今は黄色や真ん丸のトマトもあるんですね。調べてみるとリコピンの量は赤より黄色のトマトのほうが多いという。味は黄色のものは酸味が少ないように感じた。立派なトマトが5個も入って100円とはお買い得。リコピンは熱を加えると吸収が良くなるそうでスパゲッティに入れて食べた。

 

「お金を入れずに野菜を持って行く人が何人かいる」と販売所のおばちゃんが落ち込んでいた。仕方ないので防犯カメラを付けたという。防犯カメラも高いだろうし、元を取るには野菜を何千個と売らなくてはいけないかもしれない。持って行くやつは決まっていて白いシャツにグレーのズボン、中肉中背の30代から40代ぐらいの男らしい。もう、犯人はわかっているのだなあ。家に帰って鏡を見ると、犯人の特徴にそっくりなやつが目の前にいた。これは、わたしは疑われているのか。ま、まさか、「おまえ、もう盗るなよ」という警告であのような話をしたのか。

 

わたしはまだ盗ってない。

 

 

 

▼中日ドラゴンズの岩瀬投手が6月の月間MVPを取った。42歳にしてがんばるなあ。嬉しい限り。

 

 

しかし、中日という球団はどうして使いにくいグッズを作ってしまうのだろう。いくらわたしが殺人的センスの人間とはいえ、ちょっとこのバッグはなあ。呪いの装備である。中日ファンとしての忠誠心を試されているような。野菜泥棒の罰として、犯人に使わせるのはどうか。

 

 

 

▼映画の感想「君の名は。」「ラン・オールナイト」を書きました。「君の名は。」面白かったな〜。新海誠監督らしからぬ明るい仕上がり。「ラン・オールナイト」はリーアム・ニーソンが一晩中、追いかけまわされる。おじさんをいじめてくれるな。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark