RSS | ATOM | SEARCH
違いがわかる男

▼コーヒーに砂糖を入れなくなってから一週間ほどたつ。ブラックで飲んでいる。砂糖の危険性をうったえた映画『砂糖の甘くない話』を観て感化された。単純。以前は一日三杯、砂糖とミルクをたっぷり入れたコーヒーを飲んでいた。砂糖を入れなくなったからといって何か変わったわけではない。以前もそれほど摂ってなかったから、体調に影響があるわけじゃないのかな。とはいえ、しばらくは止めてみるつもり。

 

 

しかしですよ、さびしいのだ。砂糖がないととてもさびしい。今まで私はコーヒーを飲んでいたのではなく、砂糖とクリームを飲んでいたのかもしれない。では、今飲んでいるブラックコーヒーとは何か。土である。土をお湯に溶いたものとそんな変わらない。あああああああ! 砂糖‥‥砂糖が摂りたい! 血管に注射したい! これはもしや、中毒?

 

ブラックで飲んでいるから、少しはコーヒー本来の味がわかるようになったのだろうか。コーヒー豆の専門店で買い物をすると、店員さんが試飲を勧めてくれる場合がある。今まではブラックが苦手で、小さなコップを渡され「お試しください」と言われても、ありがた迷惑だった。なにせ、あの小さなところに砂糖もクリームも入れられない。コーヒーの味などわかっちゃいない。私はお湯に砂糖とクリームを溶かして飲んでいればいいのだ。

 

せっかく持ってきてくれたので「爽やかな口当たりですね」などと言ってみるも、そもそもブラックを飲めないわけで「にがー」としか思わない。だが、店員さんはコイツはコーヒーにうるさい奴と思ったのか、別のコーヒーも入れてくれて「こちらもどうぞ」などと渡してくることがある。私は私でコイツに舐められてはいけないという小市民意識を発揮し「さっきのより、コクがあってまろやかですね」と聞いたふうなことを言ってみるものの「にがー」としか思ってない。さっきのより「にがー」としか言えない。たぶん土をお湯に溶いたのを渡しても同じ反応をする。舌が小学三年生なので。

 

だが、私もブラックを一週間ほど飲み続け、違いがわかる男になった。店員に違いがわかるところを見せつけようじゃないのと、コーヒー店に立ち寄った。ちょっと動機がおかしいが。コーヒー豆の棚のところをウロウロしていたが一向に試飲を持ってこない。おかしいなと思っていたら「コロナのため試飲の提供は中止しております」とある。そうなのか。でも、試飲中止ってそんなに関係あるのかなあ。飲むの、一瞬ですけどね、飲んで「にがー」ってなるだけだから、こっちは。

 

飲めなかった。コーヒー店からの帰りに芝生があるので、土を掘り返して飲んでりゃいいんだと思います。なにせ私は違いがわかる男。コーヒーと土の違いがわかる男。

 

 

▼映画の感想『サリュート7』を書きました。ソビエト時代、実際に起きた宇宙ステーション サリュート7号の事故を映画化。ゲームウォッチなども出てきて懐かしいですね。ハリウッド映画のような作りに驚きました。面白かったです。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:32
comments(0), -, pookmark
幽霊衣服問題

▼お盆が始まる。夏本番の厳しい暑さ。「夏は暑さを楽しみ、冬はその寒さを楽しむ」みたいなことが『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)という映画で語られていた。たしかにそのとおり。風流である。ほほほ‥‥でも、程度ってもんがあろうよ。36度ってなんじゃーい! ということでクーラーを使う。35度越えれば風流とか無理。風流も息絶える暑さ。

 

しかし、昔に比べると暑さへの耐性がなくなったように感じる。子供の頃は日当たりのよい団地に住んでいた。私の部屋は南に面しており、夏は蒸し焼きになるような暑さ。クーラーは居間だけにあり、ベランダに置かれた室外機からうだるような熱風が部屋に入り込んできた。親は容赦なくクーラーを使用していた。虐待。

 

そんな状況でもプライバシーを守るため、部屋はピッチリと閉め切られていた。プライバシーというか、ゲームやっているのを観られたくなかっただけですけどー。部屋には温度計があったが、夏の室温はしばしば37度を超えていた。下手すれば熱中症にもなりかねない。だが、夏バテしたとか、体調を崩したという記憶がまったくない。『がんばれゴエモンからくり道中』とか、命をかけてまでやるゲームではないんだけどな。あの厳しい夏の日々を乗り越えて、今の私がある。粗大ゴミとしての矜持を持って生きていく。

 

 

 

▼コメントがついた日は、嬉しさのあまり、赤飯を炊いて舞をひとさし舞っている。コメントをくれた人はウィキペディアに聖人として登録していく。ありがとうございます。

 

 

 

▼夏ということで怪談をいくつか聞く。ふーむ。

 

前から幽霊についての疑問で「服を着ている」ということがある。人が霊になるというのはまあよいとして、服も霊になるのだな。あれはどういったルールなのだろう。体に接触していたものは霊になれるのか。携帯電話、財布、鍵などは霊にならない気がする。横たわって死んでしまったとき、枕とか、かけていた毛布とか、寝ていたベッドは霊にならないけれど、服だけがきちんと霊になる。「これは寝具だからダメ! これは服だからよし!」など、誰がどうやって判定しているのか。地獄に判定員がいるのか。鬼に判定できそうもないけどな、頭悪そうだし。

 

メガネをかけている人は寝ているときは外すし、カツラをつけている人も外す。するとですよ、寝たまま死んでしまうとメガネもカツラも外れたまま霊になってしまう。死後、知人の前に化けて出ても「誰?」ということになりはしないか。メイクが濃い人は大丈夫なのか。私が心配してもしょうがないが。霊はメガネがなくても目が見えるのかな。悪霊になっても「メガネ、メガネ」とやっていると、あまり怖くない気がする。そんなことで今後やっていけるのか。

 

服を着ているのは映画や芝居になった際、いろいろと問題が生じるという都合なのかなあ。全裸だと18禁になってしまう。そもそも霊などいないといえば、身も蓋もない話ですけど。

 

 

 

▼映画の感想『砂糖の甘くない話』『孤独なふりした世界で』を書きました。『砂糖の甘くない話』は砂糖を摂り続けたらどうなるか検証したドキュメンタリー。これ観ると、甘い物が食べられなくなります。特にジュース。『孤独なふりした世界で』は、一風かわったポスト・アポカリプスもの。誰もいない世界をのんびりと過ごしています。しみじみ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 22:07
comments(0), -, pookmark
自粛

▼カツオのたたき、イカソーメン、水タコの刺身。お造りの美味しい季節になった。ほほほ。カツオのたたきは10年ぶりぐらいに食べた。水タコ美味し。

 

 

 

▼新垣結衣、星野源の『逃げるが恥だが役に立つ』がAmazonプライムに入ったので観る。これが噂の逃げ恥か。人より5年遅れたところで生きている。星野源はIT企業に勤めるシステムエンジニアの役。営業がそれまでの仕様をくつがえして案件を受注してしまい、ソフトの作り直しが決定。でも納期は変わらずに徹夜続きのデスマーチが始まるという場面を観て動悸がした。業界あるあるとはいえ、あまりに恐ろしいので観るのをやめた。物語の本筋には関係なくて、え、そこ? という場面ですけども。ガッキーが就職面接全滅という設定も信じられない。ガッキーなら何社か受ければうかるわ。白目むいてヨダレ垂らしながらでもうかるし、煙草ふかしながらでもうかる。

 

一人で恋ダンスを練習していたら夜中の2時を越えた。

 

 

 

▼覚醒剤取締法違反と医薬品医療機器法違反で起訴された歌手の槇原敬之さんに執行猶予がついたニュースを見る(中日スポーツ)。

 

ご心配ご迷惑をおかけしたので活動自粛という、このパターン本当に多いな。そもそも周りの人以外、ご心配もご迷惑もないのは毎度のこと。ファンや世間のためを考えるなら、YouTubeで配信をして収益を寄附するとか、麻薬を断ってきちんと活動している元気な姿を見せるとか、そちらではないか。才能があるのだから曲を発表し続ければいいのに。才能がある人間が自粛して、むざむざ時間を空費するというのは実にもったいないし、惜しいのだ。SNSを見ると「自粛しろ」と書いている人もおり、感じ方は人さまざまなのだな。

 

友人がアルコール依存症で禁酒をしているけれど、暇になると飲みたくなるらしく、よく話をしている。暇にしないというのも、立ち直る一つの方法に思える。だとすれば、なおさら自粛なんてせずに精力的に活動して麻薬を断っていくほうが良いはず。マッキ―には曲を書いてほしい。

 

そういえば、麻薬でピエール瀧がつかまり、執行猶予が決定したときの石野卓球は愉快だったなあ。ツイッターで「えー!? 死刑じゃないの?」ってつぶやいていた。迷惑もかけられ、心配もした人だろうけど。あのようにありたいもの。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 09:27
comments(0), -, pookmark
SoulWorker(ソウルワーカー)