RSS | ATOM | SEARCH
はてなダイアリーの終わり

▼9月19日で「はてなダイアリー」がサービス終了。2000年代にあったテキストサイトという得体の知れないエネルギーの塊。それらを牽引していた一つが「はてなダイアリー」だった。一つの時代の区切りを感じる。

 

今はブログやSNSにとって代わられたが、かつては日記が流行っていた。日記サイトの「エンピツ」はまだ生きているのだろうか。「サルサル日記」は死んでしまったし。「Read Me!」などのランキングサイトも一時は隆盛を極めていた。日記やブログにもそれぞれ色がある。「jugem」はデザインが女性向けのものが多い印象。内容は軽い。「Ameba」は芸能人が多く、やたら改行が多くて中身が薄い感じ。「FC2」や「ライブドア」は商用利用可能なこともあり、まとめサイトが多い印象。「はてなダイアリー」は読み応えのあるきちんとした文章が多い印象がある。あと、ちょっと面倒くさい人が多い。そこに触れるの、やめとこ。

 

本当にねえ、いろいろありましたよね。ずいぶん楽しませてもらったなあ。かつてのネット上のお知り合いも、いつの間にかどこかへ消えてしまった。ヒトワさんなど、どうしたのだろうか。というか、皆ちゃんと生活しているのだろう。まだフラフラ漂っている私のほうが問題では。

 

 

▼2019年の茨城国体でeスポーツ大会が開催(CNET JAPAN)という記事を読む。よくわからぬ話。国体の種目として当然、サッカーはある。で、eスポーツとしてサッカーゲームのウィニングイレブンをやるらしいのだけども。サッカーのメダルとウィニングイレブンのメダルの重さは同じなのだろうか。なんだか変な気分になる。eスポーツは、スポーツの世界に入って来たがっているように見えるけど、スポーツというより将棋や囲碁のようなテーブルゲームに近い。べつにスポーツの方がゲームより上、と言いたいのではなく、ジャンル分けとして変じゃないのという話。オタクの逆襲としてスポーツに参入したいのかなあ。

 

それだったら、男女二人(男女ではない場合もあるが)が、くんずほぐれつする競技人口が世界一のアレこそ、スポーツに分類してもよいのではないか。というか、どうして急に下ネタを。人の心はわからぬもの。

 

 

▼映画の感想「バーニング・オーシャン」「バチェラー・ジャパン(シーズン1)」を書きました。ついに感想も千本となった。とりわけ感慨があるでもなく「ヒマか‥‥」と、思いました。「バーニング・オーシャン」はメキシコ湾の石油掘削施設ディープウォーターホライズンで起きた大火災を描いたもの。「バチェラー・ジャパン」はリアリティ番組です。イケメンが女性25人から理想の女性を選ぶというもの。バチェラーは久保さんが何を考えているのか、それをずっと考えていました。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 22:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark

▼以前、一緒に働いていたSさんが会社にやってきた。彼女は出産で退職し、今日は近くまで来たからフラッと寄ってみたらしい。こうやって気軽に寄れることが、この会社のいいところかもしれないなあ。殺伐とした雰囲気でバリバリ働いている会社じゃ、こうはいきませんよ。ダメ会社だからこその長所といいますか。ダメだからなあ、ここ。ハイチュウ食べる? それともアルフォートにする?

 

会った早々「まだ、つぶれてないんだ〜」などと言われる。バカ言うな。今からつぶれるんだよ。見くびるな。雑談をした後、部長について訊かれる。Sさんは部長の下で働いていたのだ。「部長は‥‥、部長はいない。それでも部長は、僕達の心の中で生き」「遅めの夏休みですか?」と、あっさり見抜かれた。まったく私のことを信用しないところも変わっていない。どうかお元気で。

 

 

 

▼そんなSさんが教えてくれたのがバービージャンプという運動。1日4分ぐらいで痩せるらしい。たった4分で? と思うが、たしかに本人は痩せている。Sさん指導の下、実際にやってみたところ、1分半ぐらいで吐きそうになった。きつすぎるわ。20秒やって10秒休みというのを繰り返すらしい。朝2分、夜2分でいいそうです。1分半でぜいぜい言ってしまった。

 

 

Sさんを送り出して席に戻ったところ、呼吸の乱れが10分ぐらい戻らなかった。口が半開きのまま、ハアハア言っていた。隣席のTさんから「実家の犬がそんな感じでした」と言われる。実家の犬が日記を書いています。

 

 

 

▼尿酸値の値が先天的に高くて、何年かに一度痛風が出ていた。医者の治療方針もまちまちで、薬を飲んで積極的に尿酸値を下げていくべきだという医者と、運動などで体重をキープして薬を飲まずにやっていくべきだという医者がいる。当然、私も薬を飲まずにやっていきたいのだけど。ここ1年の間に2度ほど痛風の関節炎が出たこともあり、どうしようかなあと考えていた。薬を長期間服用することのリスクについて疑問があった。

 

そもそも薬とは何かということを考えた結果、よくわからんかった。実家の犬なので。そこで登録販売者のテキストを読んでみた。登録販売者というのはドラッグストアなどで薬を売っている人(薬剤師ではない)。薬には副作用による危険度のランクがあって、薬剤師はすべての薬(医療用医薬品、要指導医薬品、一般用医薬品1類、2類、3類)を扱えるが登録販売者は一般用医薬品2類、3類だけを売ることができる。

 

本は一応最後まで読んでみたものの、読めば読むほどねえ、人は薬を飲んだらいかんのじゃないかと思う。ほぼすべての薬には、なんらかの副作用があり、長期連用するのもよくない。読んだらますますわからなくなってしまった。あと、テキストを読み通す自信がなかったので、受験の申し込みをしておいた。これで最後まで読むはず。先日、日大で試験を受けてきました。受かったらお薬を売れるようになるのかあ。ふーむ、そういう道もありなのかなあ。

 

 

 

▼映画の感想「アンダー・ザ・スキン」を書きました。スカヨハが出てます。エイリアンが地球人を静かに捕食していきます。地味映画。人間の美醜というのは、なぜあるのだろうか。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 11:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
反抗期

▼北海道で震度7の地震。北海道全域で停電。地震から二日目だが電気はまだ全世帯の4割程度しか復旧してないとのこと。大変である。今年は天災の夏だ。

 

昔ならば天災が多ければ元号を変え、遷都したものだった。遷都というわけにはいかないが、偶然来年には改元がある。新元号は何になるのだろう。パッと思い浮かんだのが「懲役」である。年が重なるごとに重苦しさを増していく。「懲役40年」などと聞くと「おお‥‥、もう人生終わりではないか」と思う。思わせてどうする。

 

 

 

▼このサイトのアクセス解析を見てみた。ふだんまったく見ないわけで、もう見方も忘れていたのだけど。昨日、北海道からのアクセスがあったので驚く。よもや電気も供給されない過酷な状況の中で、このサイトを見てくれている人がいたとは。どこか頭がおかしいのではないか。もっと他にやることがあるはず。でも、ありがたい話。そんな奇特な方のために、何か少しでも和む話をお届けしたいところ。

 

心温まる話とかないかなあ‥‥。ないなあ。たまに一緒にご飯を食べるEさんという顧問の方がいる。顧問といっても50歳ぐらいなのだけど。その日はいつもとどこか様子が違う。「何かいい匂いがしますね」と言うと「実は‥‥」と少し照れた様子で教えてくれたのだが、香水をつけているそうだ。理由を訊くと、娘さんが反抗期に突入したとのこと。香水と反抗期がどう関係があるのかと思うが、これは何か揉める話が聞けそうな予感。ワクワクする。

 

なんのことはない。「お父さんは臭いから洗濯物を一緒に洗ってほしくない」と言われてしまったらしい。噂に聞いたことはあるが、そう言われた人を見るのは初めて。世間的には平凡な悩みだけど、本人にしてみればショックなのかもなあ。それで密かに香水を振ってみるというところがEさんのかわいらしいところに思える。「どうかなあ」と言われるので嗅いでみたが確かにいい匂い。おっさん同士がクンクン臭いを嗅いでいるのは相当怪しいが。

 

でも、待てよ、と思う。反抗期というのは程度は違えどだいたいみんな経験するもの。そもそも反抗は避けられないものなんじゃないのかな。反抗そのものが、成長の一つの過程だとすると「臭い」という欠点をクリアしたとしても、今度は違う理由で反抗するのではないか。臭いが反抗の理由ではなく、反抗の理由付けの一つとして臭いがあっただけなのでは。Eさんの臭くない奥さんも、やはり娘さんの反抗期に手を焼いているという。つまり、Eさんがエルメスだのブルガリだの付けて、いい匂いになったところで「急に香水つけだして気持ち悪い」と違う方向から反発するのではないか。

 

だからこれ、香水振ったところで、という話に思える。娘さんに、Eさんが臭いというのは「自分で意識してないかもしれないが反抗の理由付けの一つにすぎず本質ではない。こういった時期はやがて過ぎ去るものである」と言った方がいいのではないか。私がEさんの娘さんだとしたらどう思うだろう。

 

うぜー。わけわかんないこと言い出した。うぜー。と思う。そしてますます反抗する。

 

答えがありません。ほっとこ。

 

 

 

▼停電したら、冷蔵庫開けないとのこと。

普段から保冷剤を入れとくのもいいかもしれませんね。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark