RSS | ATOM | SEARCH
桜の樹の下には

▼もう平成も終わるのかと感傷的な気分になっていたら、ジェイコムで「平成最後のセガール生誕祭」と銘打ってスティーブン・セガール特集をやっていた。いつもやっとるやないかい。「年忘れセガール祭り」とか。もっともどうでもいい「平成最後の」を聞き、感傷的な気分も吹き飛ぶ。

 

近所では桜が見頃。梶井基次郎の短編に『桜の樹の下には』というものがある。「桜の樹の下には屍体が埋まっている」という言葉はこの短編の中の一節。初めてこの言葉を目にしたとき、短編の内容はさておき、すんなりと納得できた。するりと言葉が入ってきた。あれほど美しい桜なのだから、根元に死体が埋まっていてもおかしくはない。いや、むしろ埋まっていなければおかしい、そんな妖しい美しさが桜にはある。短編を読んだことがない人でも、あの一文だけで感覚が共有できる。文才というのは、こういうことかもしれない。

 

 

 

▼「お湯を沸かす」という言葉がありますが、水が沸いたものがお湯であって、お湯をさらに沸かしてもお湯であり、もう沸いているのだから沸かす必要がない。だから水を沸かすが正しいのではないか。つまらないことが気になる。人に料理の手順を説明したとき、これが気になるあまり「まず、お湯がありますね」など、日本語おぼえたての人みたくなってしまう。たどたどしい。もうおとなしく「お湯を沸かす」を使っとけと思います。

 

すごく久しぶりにあれを作る。水を沸騰させたものに具材を入れて煮込み、味噌を溶いたもの「味噌汁」。変な書き方をするもんだからまずく感じる。美味しかったのに。

 

 

 

▼新しい温水洗浄便座がつきました。工事費込みで26000円ほど。安。

 

自分で作業もすれば2万円ほどで付けられる。動画で手順を見れば簡単そうなんですよねえ。景気がパッとしないというのも、みんなある程度のことは自分で調べてやってしまうことも大きいのかもしれない。それはそれでいいことのように感じるけど。

 

書きたいことまでたどりつけず、毎回、前書きで終わってしまう。それもまたよい。前書き日記に名前を変えてもいいかもしれない。

 

 

 

▼ゲームの感想「MTGアリーナ」を書きました。面白いのに流行らないのはなぜか。面倒くさそうだからかな。そのとおり。面倒くさいゲーム。ルールが複雑すぎるところがある。初めてやると、何をやっているかわからんうちに殺される「わからん殺し」を食らうこともある。

 

そろそろゲーム禁止令を出さねば。「ファイアーエムブレムヒーローズ」もやめねば。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 19:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
新札

▼4月というのに雪が降った。氷点下まで下がり、唐突な寒さにおののく。ストーブは片し、冬物の布団はしまったのに。

 

ち、地球ちゃん、どうしちゃったの‥‥。あれか、「誰でもいいから、誰か適当にやっとけー」ということで、入社したての新入社員に気温担当させたのでは。誰でもよくなかった。凍えている。

 

 

 

▼新元号に次いで新札の発表もあった。一万円札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎、二千円札はなかったことにされた。都合が悪いことは触れられずに終わる。ああいうよくわからない物があったっていいじゃないか。おまえ、二千円札みたいな子だねえ、私は親からそう言われて育ってきたのだ。そんな人間だってこうして立派に生きている。きっと誰にでも居場所はある。

 

どうして突然、嘘を。二千円札できたとき、もう二十歳こえてたわ。

 

 

 

▼おしゃれな喫茶店でジェラートをかけたパンケーキを食べる。そこにはマクドナルドが併設されていて、ポテトにもジェラートをかけて食べると美味しいと店内にポスターが貼られていた。甘じょっぱいのがいいのかな。友人(男)とマックのポテトも買おうかと相談し、割り勘で買う。という夢。

 

なんて夢を見るんだ。おっさんが見ていい夢の限界を超えた。友人にメールし「とんでもないことに巻き込んで申し訳なかった」と謝罪したほうがいいのかもしれない。

 

 

 

▼Amazonプライムが年間3900円から4900円に値上げ。おおおおお。神も仏もないものだ。もはや私はアマプラがないと生きられない体になっているというのに‥‥。猫にとってのチャオチュール、ジャンキーにとっての覚醒剤、私にとってのAmazonプライムじゃんかあ!

 

不穏なたとえをしてしまった。

 

 

 

▼一つ書きたいことがあったのだけど日記に書くには長すぎる内容で、なんだか中途半端になってしまった。前置きだけで終わる日記である。あと『ファイアーエムブレムヒーローズ』というゲームを始めました。難易度がマゾくて発狂、というのがかつてのファイアーエムブレムシリーズでしたが、えらい簡単。どしたの。これからひどくなるのだろうか。レベル40以上あがらんのかな、これ。もうしばらくはやる。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 16:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
蝶番

▼肌寒し。今日も戸棚の蝶番(ちょうつがい)を交換。先日のものよりうまく付けられた。これを生業として生きていきたい。日曜大工の楽しさに目覚めそう。

 

「そんなこと業者に頼めばいいじゃないですか」と言われたけれど、べつに嫌でやっているわけではないのだ。釣りも仕事としてやれば漁師だけど、趣味で早起きして釣りに行く人もいる。お金を払ってディズニーランドに行くだけが娯楽というわけじゃなくて、楽しめることはそこら中にあるんじゃないのかなあ。

 

元の上司が「どんな所にも光はある」と言っていた。ある事をするのにそれを作業や義務としか受け止められないのは、あまりにもつまらないように思える。できればすべてが初めてである赤ん坊のように受け止められたら、いろいろと楽しくなるのではないか。

 

オギャアバブバブ、オギャアバブバブの精神でいく。日々、オムツを交換してもらいながら生きていく。そういったプレイではなく。

 

 

 

▼知り合いが観ているというので、つられてアニメ「どろろ」を観る。面白し。戦国時代。凶作や戦争にみまわれた領地に繁栄をもたらすため、領主は子供を生贄に捧げることを鬼神に約束する。生まれてきた領主の子供は目、耳、手足、皮膚がなかった。これを忌み嫌った領主は赤子を捨ててしまう。捨てられた赤子は拾われ、みずからの体を取り戻すためにあやかしを倒していく。

 

捨てられた子供であり、超人的な力を持つ「百鬼丸」がタイトルではなく、一緒に旅をする平凡な子供「どろろ」がタイトルになっているんですね。何かありそう。「百鬼丸」は怒りで鬼に変わりそうになるし、かろうじて百鬼丸を人に留めているのがどろろの優しさで、それこそが物語の鍵なのかもしれない。

 

ぼーっと観ておりましたけど、昔は生まれついた身分の差がすさまじい。貧しい人は一生貧しいまま死んでいく。格差社会ということが言われるようになったけど、そもそも人の歴史はずっと格差社会でそれが一瞬埋まったように錯覚できたのが昭和、平成という時代だったのではないか。格差といっても、どろろの時代のように侍による切り捨て御免というほどではなく、そこまでの格差でもないけれど。

 

格差社会こそが当たり前だからこそ誰もそんなことは言わなかった。でも、一度平等と信じ込み、それが定着したがゆえに「格差社会」が出現したように感じるのだろうか。ずっと格差があった昔に格差社会と言わず、今これを言う。不思議。

 

 

 

▼映画の感想「ブラッド・スローン」「ライフ」を書きました。「ブラッド・スローン」は飲酒運転で刑務所に入った人が中で変貌していく話。ほんまアメリカの刑務所は地獄や! 「ライフ」は古典的SF。人類が遭遇した知的生命体は凶悪でした、という。うーむ、ほんとこれ何百回作るのかねえ。でも観ちゃう。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サドンアタック(SUDDEN ATTACK)