RSS | ATOM | SEARCH
ヴィーナス&ブレイブス 魔女と女神と滅びの予言

▼友人A子が仕事を辞めた。定期的に辞める人である。「しばらくはニートか」と訊くと、ニートという言葉が嫌いなのか否定された。「時間セレブだ」と言う。新しいヒマ人の呼び方。

 

 

 

▼私は会議に出なかったが、参加者から私の提案が会議で受け入れられなかったというメールをもらった。それはいいのだけど、文面には「非難GOGO!でした」と書いてあった。ノリノリで楽しげに見える。普段どんな変換してんだか知らんけど。非難GOGO!については、私も使っていきたい。

 

 

 

▼ヴィーナス&ブレイブス 魔女と女神と滅びの予言(PS2、PSP、PS4)

ずいぶん前に知り合いに薦めたゲームでしたが、もうすぐクリア間近だそうで。あの人、やってたんだなあ。なかなか面倒なゲームなんですよ。クリアにやたら時間かかるので、よほど時間セレブな方でないと。ニート並のヒマ人でないと。うらやましくなって私もやってみた。しかし、長いなこれ。30年ぐらいでつらくなってきたぞ。

 

不死の主人公が騎士団を率いて、魔物から町を守るゲーム。主人公だけは寿命がない(魔物に殴られて死にはする)のですが、騎士団のメンバーは老いていきますので衰えたら世代交代が必要。女神の予言によって何年後に強い魔物がくるかはわかっており、どういったタイミングで世代交代をはかるかがゲームの肝になっています。

 

 

久々やると楽しいなあ。画像はAmazonから拾ってきました。おとぎ話っぽいほのぼのした絵柄とノスタルジックな音楽がいい。私がやっていたのはPS2版でしたがPSP版は召喚とかあるのね。ちょっと楽になった感じがある。しかし、PSP版てキャラの強さランキングが見られないのかな。あれを見るのが楽しみだったのにー。

 

 

騎士団のメンバーには年齢とピークがあって、その情報とにらめっこしながら災厄の年(えらい強い敵キャラが出る年)に向けて調整していくという地味なゲーム。戦闘も地味だし、育成も地味だが面白い。これ、仕組みがいいから、続編出しても十分遊べると思うのだけど。

 

 

強いキャラがまとめて引退してしまうと騎士団の力がガタっと落ちる。だから強いキャラがピーク時でも、10年後を見据えて引退させ、若い血を入れる必要が出て来たりしてその決断がねえ、難しいし、悲しいというか。騎士団の枠に限りがあるから、悩むんですよねえ。

 

 

うまいこといけばメンバー間に子供ができたりして、メンバーの子供(強キャラ)が15年後に自分の陣営に加わってくれる。血は引き継がれるのです。今、我が白鉄猫騎士団は38歳がピークの侍が二人(38歳ピークが最強なのかな)いる。これがねえ、やめたときにガタっとくるのがわかってるんですよねえ。どちらか一方を入れ替えて若いのを育てたいんだけど、いやあ、でもなあ、切るの惜しいなあ。子供も欲しいしなあ。プロポーズから子供の出産の予定とか、現実の自分とまったく関係ないことを必死で考えている。ほっといて。チマチマしたことが好きな人に向いているゲーム。楽し。

 

 

 

▼映画の感想「マジカル・ガール」を書きました。ちょっとわかりにくくて人を選ぶ作品。奇妙で先の読めない展開に引き込まれました。余命いくばくもない娘に魔法少女の衣装をプレゼントしたいというお父さんが巻き起こすダークファンタジー系のスペイン映画。妖しげな雰囲気がプンプンするぞ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
読書量と人格

▼同じ星3(五段階評価)の映画を観るなら、みんなが星3の評価を付けた映画よりも、星1と星5を付けたので平均として星3になった映画を観たい、と言ったら「全然わかんない」と言われた。難しいことは何も言ってないと思うのだけど。「どういう意味?」と訊かれたが、ポンコツなので同じ説明をまたしてしまう。で、また「全然わかんない」と言われた。そりゃそうだろうなあ。私、同じことしか言ってないからな。

 

コミュニケーションの難しさを知る11月上旬。

 

 

 

▼仕事でお付き合いのある方の読書量がすごくて年間千冊も読むという。驚いてしまった、と同時にちょっとがっかりしてしまった。というのも、彼は部下の叱り方が執拗で1時間ぐらいずっと叱っているときがある。隣席のTさんによると最長4時間という記録があるらしい。誰か止めたらと思いますけど。

 

注意された相手が、自分のミスの意味がわかってないならともかく、そんなに長く叱る意味もよくわからない。注意して同じミスをしないよう対策を立てさせれば5分か10分で終わりそうなものだけど。その人は話が長いのと、言い方がくどいので周囲からは浮いてしまっている。いくら本を読んでもまったく学習してないように思う。

 

本をたくさん読む人には憧れがある。読み続けていればどこかで私も荒俣宏さんのように温厚で博学多才な人になれるのではないかという儚い願い。しかしですね、年間千冊読んでいてこれならば、ポンコツはどこまでいってもポンコツということになりはしないか。読んでも考えないから、まったく人格に反映されないのだろうか。

 

そもそも私も偉そうなことは言えない。すばらしい人物が出てくる映画を山ほど観ている。それでこの人格だからなあ。あれかな、ネルソン・マンデラ元大統領のようなすばらしい人物の映画を観た後に、女子大生とおじいちゃんが裸でバスルームに閉じ込められるような映画も観ている。すばらしい物と変な物がお互いに作用して打ち消し合っているのではないか。だから私はポンコツなままなのか。知らんけど。

 

 

 

▼そういったわけで映画の感想「バスルーム 裸の2日間」「シング・ストリート 未来へのうた」「イップ・マン 継承」「日本春歌考」を書きました。書きすぎである。

 

「バスルーム 裸の2日間」は上に書いたような内容です。なんだこれという。「シング・ストリート」はアイルランドの音楽映画。「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」などのジョン・カーニー監督。ジョン・カーニーはいいのを撮りますねえ。「イップ・マン 継承」はカンフー映画。ドニー・イェン主演のイップ・マンシリーズの3作目。もはや佇まいが哲学者のよう。いい! 黙々と木人椿を打ち続ける姿をずっと観てられる。3時間観てられる。「日本春歌考」は本当に奇妙でよくわからない青春映画。予告編の威力がすさまじいので、是非予告編だけでも「親は呪え! 師は殺せ! 友は裏切れ! 女は抱け!」とか出る。頭おかしいのか。

 

 

 

▼ここ一週間、ゲームばかりやっていたのだ。「Destiny2」というFPSです。撃って撃たれて殴られてみたいなゲームである。荒涼とした惑星を転々としながら戦いますが、廃墟がうら寂しくていい感じですね。景色がきれいで和みます。和んでると死ぬけど。

 

 

「Destiny2」は11/18までPC版が無料配布されています。追加のダウンロードコンテンツ「孤独の影」は有料ですが、特にやらなくても楽しめますしクリアもできます。興味ある方は孤独の影を買いましょう。

 

洋ゲーの自由度の高さというのはやはりすごい。有吉さんが以前ラジオで言ってましたが、西部開拓時代を基にしたゲーム「レッド・デッド・リデンプション」で、アウトローになって金持ちの娘を縛り上げて線路に寝かせて楽しんでいるそうである。あんた、人の子かという。

 

あんまり滅茶苦茶やると懸賞金がかけられて町ですぐに殺されるから、山でマタギみたいな生活を送るしかなくなるみたいだけど。とにかく洋ゲーは好き放題できる。スカイリムでも無差別に町民を殺せることに感心した。町民が死ぬことでイベントが発生しないことがあるんですね。これよく決断したなあという。というのも、作り手の心情を考えると一生懸命に作ってるから、隅から隅まで楽しんでほしいはずなのに。日本のゲームだと、そういったキャラは絶対死なないように保護すると思うのだけど。そこまでして自由度を守っているところにすごさを感じる。

 

「レッド・デッド・リデンプション2」買おうかなあ。買って、金持ちの娘をさらって線路に寝かせようかなあ。なんのために。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 00:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
怒り芸

▼大トロ、中トロはあるのに小トロはない。なぜだろう。検索すればすぐ答えは出てくるだろう。しないけど。

 

 

▼家の本棚に佐藤愛子のエッセイがあったので読んでみた。65歳の時点でまだ怒っている。すごい。以前に書いたけれど、怒るには才能がいると思う。怒りそのものを観客や読者に提出するにはアクが強すぎるから、それを笑えるところまで持っていかなければならない。これが芸なのだと思う。

 

怒り方が上手な芸人は多いけれど、歳をとると少し難しいのではないかと思う。今までは本当に腹を立てていたことでも、お金ができたり、社会的に認められたり、精神的に余裕ができることで「まあいいか」と許せてしまう。この安定が問題に思える。毛沢東は、人が何かを成し遂げるための3つの条件として「若いこと、貧しいこと、無名であること」を挙げた。これは怒りにも共通しているように思う。

 

これらが満たされてしまった40代以上の芸人というのは司会にでもならないと活動継続が難しいのではないか。余計なお世話ですけど。本当はたいして腹を立ててもいないのにフリで怒り続けるというのもつらいわけで。そんなことを思いながら、せっかくなので佐藤愛子の「九十歳。何がめでたい」というエッセイも読む。

 

 

うーん、90歳になってもちゃんと怒り続けていて立派。人はいくつになっても怒れるのだろう。というか、文章を書き続けていること自体がすごいですよ。いや、そもそも生きているのがすごい。書くのをやめたらちょっと鬱病っぽくなったそうで、人は一生何かをし続けるのがいいのかもしれないですね。私も日記やブログを10年以上書いている。とはいえねえ、もうちょっと建設的に時間を使ったらと思うんですけど。渋谷のハロウィンで軽トラひっくり返したりとか。

 

とにかく、佐藤愛子はすごいという話。

 

 

 

▼映画の感想「マグニフィセント・セブン」「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」を書きました。「マグニフィセント・セブン」は「荒野の七人」をリメイクした勧善懲悪西部劇。何も考えずに楽しめます。「マイケル・ムーア」はとても面白いドキュメンタリーでした。働き方、教育、刑務所、死刑廃止問題などさまざまなテーマを取りあげています。お薦めです。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 16:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
鬼斬