RSS | ATOM | SEARCH
モニタリング

▼アニメ「弱虫ペダル」を観ています。

ロードレースというまったく知らない分野なので、物珍しさもあって楽しい。まだシーズン2の最初辺りです。箱根学園の荒北がねえ、実によいですよ。スポコンものでかなり熱い作品。

 

この作品に出てくる先輩が、みんないい人でねえ。フィクションというのもあるけど。自分のことを振り返ってみると、学生時代、そんないい先輩に出会ってきてないんですよね。というのも、私がそんなにいい後輩ではなかったからではないか。かわいがりたくなるような後輩でなかったのは間違いない。自信があるんだ。

 

人にあれこれ注文つけるより、自分がまともにならないと。そんなことを急に反省したり。

 

 

 

▼バラエティ番組「モニタリング」を観る。前にも一度同じような内容を書いた気がする。ある家族が食事に行ったら、その店で芸能人と鉢合わせする。その芸能人は父親と知り合いで親しく会話を交わす。その様子を家族が見て、父親の株が上がるというドッキリ。当然、父親とその芸能人は知り合いでもなんでもない。

 

以前観たときは、さぞ家庭内で父親の地位が低いのだろうなあと、ちょっと哀れに感じた。そんな嘘までついてというか。父親の家庭内の評価が、芸能人の知り合いということで仮に上がったとする。だけど、これは嘘なわけだから番組が終わってみれば初期値より逆に低下するのではないかと思っていた。知り合いでもなけりゃ、嘘までついているわけだし。

 

そもそも「俺の知り合いに〇〇(有名人)がいて」というのが、恥ずかしいことに思えるのだけど。あなた自身はなんなんだ、という。だからこのドッキリをどう観ればいいのかよくわからなかった。テレビ局に電話して、これはどう楽しむのが正しいのかと確認したほうがいいのだろうか。狂人。

 

ま、そんなことをちょっと思ってもいたが、先日観たときに印象が変わった。父親は上のようなことすべてわかっていて、奥さんや子供たちを好きな芸能人に会わせてあげるために番組に参加しているのではないか。つまり、すべてわかったうえでピエロを演じているという。そう考えると、これは美談にすらなるのではないか。などと書いてみたものの、そりゃないな、と思いました。じゃあ、なんでこの文を書いたのだ。

 

 

 

▼映画の感想「ハロルドが笑う その日まで」を書きました。ノルウェーのコメディ映画。北欧映画のコメディはどの作品も淡々として、似通っている気がします。嫌いというわけじゃないけど。

 

 

▼ゲームの感想「Subnoutica」を書きました。海洋冒険サバイバルものです。未知の惑星に墜落して、がんばって生きのびるという。ほぼ海なのですが海中が美しくて和みます。ただ、すぐに水と食料が減るので和んでる時間はないのだけど。今なら無料配布しているようなので興味ある方は是非是非。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 00:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
吉備真備

▼昨日のBSプレミアム「英雄たちの選択」は奈良時代の学者・公卿の吉備真備(きびのまきび)。いよいよ取りあげる人物も尽きてきて、マイナーなところにきた。嬉し。日本史の授業では唐に渡ったことと恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱を鎮圧したぐらいしか触れられなかった気がする。

 

 

秀才だったという吉備真備の逸話が面白かった。唐に渡った真備は、ある日、碁の名人と勝負することになる。碁では名人にかなうはずもないのだが、名人の碁石を一つ飲み込むというインチキで勝利する。納得のいかない名人は真備の服をすべて脱がせ、裸にして調べるが見つからない。さらには下剤まで飲ませ、便の中まで調べるがやはり碁石は出てこない。真備は超能力によって碁を体内に留めて隠したという。

 

偉人に逸話が付き物だが、この微妙な話はどうなんだ。碁を一つ飲み込んでズルをした真備と、納得がいかないから裸にしてさらには下剤まで飲ませて便を調べるという名人の常軌を逸した執拗さ。そして碁を体内に留めるという変な超能力。あらゆる要素がポンコツですばらしい。そんなすごい超能力があるなら普通に勝てば、と思うのだけど。このねえ、登場人物が全員損をする逸話が最高ですねえ。みんなバカに見えるもの。こういう話を集めたい。

 

変な話はさておき、真備は藤原仲麻呂によって各地へ左遷(左遷かどうかは議論がある)される。で、出世しだすのが70歳(没年は80歳)を越えてからなんですね。ものすごいなあ。奈良時代の平均寿命は「寿命図鑑」によると28〜33歳ぐらいだったようです。この本がどれぐらい正確かはわからないけど。

 

面白かったのが磯田先生が語った真備のエピソード。貨幣を貯めておく蔵が火事で焼けたのだけど、代わりの蔵をあらかじめ私費で作っていたという話。恐ろしい人だ。そのおかげで政府は徴収した税を、真備が用意していた蔵に納めることができたという。真備が唐に留学したとき、向こうで同じような事件があったのかもしれない。だけど、真備の準備の良さは蔵が火事で焼失したから明らかになったわけで、蔵以外にも多くのことを密かに準備していたのだろう。なんて用心深い人だと思う。

 

西暦764年の初め、真備は致仕(役職を辞める)を願い出ている。致仕を願い出たから野心がないと思われたのか、真備は地方から呼び戻され都で造東大寺官に任ぜられる。寺でも作ってなさいという役職。だが、この年の9月に藤原仲麻呂が乱を起こし、孝謙天皇は真備を召して仲麻呂討伐を命じる。真備は見事に乱を平定する。当時、真備が都にいたことは僥倖に思えるが、真備の用心深さを考えると、仲麻呂の反乱を予見してあらかじめ備えていたのではないかと思ってしまう。底が見えない人。

 

 

 

▼先日は、書いた小説を読んでほしいなどと大それたことを書いたものだと思う。恥ずかし。「ここの意味がわからん」とか「漢字が違う」とか、それぐらい教えてもらえればと思っただけなのです。しかしですよ、「これ全然面白くないなあ」というか、もっと言うと「クソつまんねぇ」と思われても、読んだ方はなかなかそう言えないのではないか。みなさん遠慮深いので。それに私の性格からして、そんなこと言われたら放火しに行きそうじゃんかあ! 行かないけど。寒いから。寒くない場合、行く。

 

放火される危険を背負ってまで読もうという勇者は現れないのか。

 

 

 

▼映画の感想「ブラッド・ファーザー」を書きました。ちょっと私生活が大変だったメル・ギブソン。立ち直ってきたのでしょうか。主人公がメル・ギブソンとかぶるような作品。映画としてより、メル・ギブソンの人としての面白さが見えるような作品でした。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
講習

▼お世話になっている会社で、SNSの使い方というビジネス講習をやっていた。私も受講させてもらった。先日、M−1の審査に不服だったお笑い芸人が酔っぱらって動画を投稿したけれど、あれを例に出し、酔ったときにはSNSをやらないようにと注意を受ける。そりゃもっともなんだけども、それは無理なんじゃないのか。

 

みんな、酔っぱらってSNSをやらない方がいいことはわかっている。でも、酔うと判断力そのものがなくなるから「SNSをやらない方がいい」という判断が不可能になる。ということは、飲まなければいいが正解だと思う。それができれば苦労しないよということだろうけど。私は下戸なので飲みたくても飲めない。だから、飲む人たちから羨ましがられることもあるけど、飲まない人間からすると飲む人間が羨ましくもある。飲み会のときウーロン茶ばかりというのもねえ。

 

私も酔っぱらった勢いで暴力事件を起こしたいし、取引先や上司の悪口をアップして炎上したいし、目が覚めたら隣に知らない子が寝ていた、などの目に遭ってみたいものである。実にバイオレンスかつドラマチック。そういう劇的なことが一切ない人生を送ってきた。今まで私がやった最大の悪事は自転車の二人乗り。かわいすぎる。それが私の罪。なんですか、この日記。

 

 

 

▼40歳を越えたら、小説か俳句のどちらかを趣味にしようと思っていました。短編小説の公募があり、それをきっかけに初めて小説を書いてみた。楽し。面白いのかどうかよくわからないけど意外と書けるんですね。物語がするすると走り出し、でも目的地が定まっておらず思いもかけない形で迷走してなんとか着地するというのが新鮮で楽しかった。当初、考えたのと少し違う終わり方になるというのが自分でも予想できなくて、そこが楽しい。私が何をしたいのか、私がわかっていないという。書き終わって「なるほど、そうきましたか」とつぶやいた。

 

書いたら書いたで誰かに読んでほしいもの。応募する前に、読んでやって感想を言ってやるぞ、誤字脱字を指摘してやるぞ、おまえ下手くそだなと言いたい方など、もしいらっしゃいましたら是非ご連絡お願いいたします。

tamadiary01@gmail.com

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 19:02
comments(2), trackbacks(0), pookmark