RSS | ATOM | SEARCH
わりとどうでもいい謎

▼ものすごく長い愚痴を書いたが、読み返してみて「ちょっと‥‥」と思い消した。面白くない愚痴はたしかに罪だが、読み返さないという技術も必要。読み返したら負けだ。そもそも面白くないんだから、そこに気づく前にアップロードするしかない。脳直で勢いのままに書いてアップロードし、その後は記憶を失って意識不明。これが理想。

 

 

 

▼知人から家を買ったという話を聞いた後に、悩んだ末に電動シェーバー(もう10年ぐらい使っている)の替え刃を買った話をした。すごい顔された。いやね、電動シェーバー自体が五千円ぐらいなんですよ。で、替え刃がなかなか売ってなくて三千円以上すんの。もう新しいシェーバー買った方がよくない? とも思うんだけど、壊れてもいないのにシェーバーを買い替えるのは信念に反する。本当に小さなことで悩む人生である。

 

しかし、三千円の替え刃で悩んでいるわけだから、私が車や家を買ったらどうなるんだろ。死ぬんじゃないかな。怖い。そんなことにならないよう震えて眠る。

 

 

 

▼仕事を請けている会社へ。夏休みを消化してない人がいるので、まだ夏休み予定表が掲示してある。もう冬だぞ。夏休みは5日間あり、まとめて取る人が多い。だが、Sさんという人の予定を見ると1日ずつ刻んで取っているのだ。みんなが休みを取って人手不足が発生しそうなときは出勤し、人が余っているときに休んでいるように見える。こういう人がいると会社は助かるのだろう。でも家族は怒らないのかな。旅行にも行けないだろうし。

 

先週、この予定表を眺めていたらSさんが次に休みそうな日がわかった。「15日にSさん休みそうだなあ」と言っていたら、やはり休んだという。周りからなんで当たったのかと言われたけど、意外とみんな、会社に貢献している人に気づかないものなのかな。Sさんと雑談したとき、休みの取り方について褒めた。Sさんからは予想したのと違う答えが返ってきた。

 

「そんな褒められるようなことじゃなくて、まとめて休むと嫁の実家に行かないといけなくて、それが嫌で刻んで取っているだけ」

 

べつにいい話ではなかった。だが実際、業務の人手が足りないところで休んでいるようにも見え、照れ隠しで言っているのかもしれない。本当に奥さんの実家が嫌で嫌で仕方ないのかもしれない。実際のところはわからない。世の中にはどうでもいい謎がある。

 

 

 

▼amazonで購入したとき、操作を間違えてamazonプライムに入ってしまった。せっかくなので「ドキュメンタル シーズン1」と「戦闘車」を観た。いろいろあるなあ。アメリカのドラマとか観だしたら、時間がいくらあっても足りんような。何かお薦めのありましたら教えて下さい。

 

 

 

▼映画の感想「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を書きました。あの映画よかったね、と言い合うのも楽しいですが、なんだあれは? と言うのもまた楽しいもの。なんだあれは系映画である。正解が知りたい。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:40
comments(3), trackbacks(0), pookmark
料理番組

▼Dlifeというチャンネルをよく観ている。料理番組が多いのだ。バターをふんだんに投入し、珍しい調味料を使い、オーブンに入りきらないぐらいの大きさの肉を焼く「マーサの楽しい料理教室」。タワーマンションにキッチンがあるのか、おしゃれな雰囲気で料理を作る「ナイジェラのクッキングLife」。庶民置いてけぼりで金に糸目をつけないスタイルが清々しくていい。

 

その二つに対して「ジェイミー・オリヴァーの30MM〜ぼくのクッキングスタイル」は普段着の良さがある。使い込まれた鍋や皿。材料の値段も抑えてある。味見は豪快で、料理に指を突っ込んで舐めてみる。30分で5品も作るからとにかくスピードが速い。ジェイミーが言い放った言葉がすてきだった。

 

「美味しい料理に愛情は必要ない。必要なのは正しい調理法と手順だ」

 

キャー、かっこいい! 本当にそう。でも、私生活で何かありましたかと思う。ジェイミーを見守っていきたい。

 

 

 

▼打ち合わせで会った営業の人が悪そうな人だった。なぜ悪そうな男は魅力的なのか。悪そうな男は魅力的でも、悪そうな女というのはそれほど聞かない。不思議。悪女という言葉はあるけれど。

 

悪そうな男というのは未知の世界を教えてくれそうだからだろうか。あと、腕っぷしが強くて頼りになりそうな気もする。だがいいことばかりではないのかな。たまにネットで見かけるのは、店員に横柄な態度をとる男についての文句だけど、これも男性より女性のほうが気になっているような。女性がこれを嫌がるのは、男性と暮らしたときに、その横柄さが自分へ向かうことの無意識の警戒なのかもしれない。

 

私もここらで路線変更して悪そうな男を目指したい。エコバッグを持って買い物に行かない。アンパンマンのことをアンパンメンと言う。できることからやっていく。

 

 

 

▼映画の感想「スポットライト 世紀のスクープ」を書きました。カトリック神父による児童への性的虐待事件を追及した映画。地味ながら見応えのある作品。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 14:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark

▼打ち合わせまで時間があったので電気店に。ずいぶんと久しぶりにデジカメの棚を見る。以前に買ったデジカメはだいぶ古くなってしまった。7年前ぐらいのもので200万画素で2万5千円ぐらいだったと思う。もはや携帯カメラにも劣る。デジカメの性能も格段に向上し、いまや2000万画素のものが1万円というので驚く。しかし、私は安い物を買うのが好きだなあ。

 

前にどこかのお店の人が言っていたが、本当にいい物を勧めてもらうには店員に「あなたの親に勧めるとしたらどれ?」と訊くのが良いらしい。実際にやってみたところ、どんどん高い物を勧められる。私が購入しようかと思っていたデジカメは「これはお買い得はお買い得ですが、正直なところ今一つで、こっちがいいですよ」と押しやられてしまった。その方が勧めてくれたのは8万ぐらいの商品だった。待て待て。衝動買いするには高い。

 

結局、店員に押しやられた一番初めに目を付けたものを買う。「じゃ、この今一つのほうで」と言った。

 

 

 

▼で、その今一つのデジカメで角を撮る。

 

 

実はずいぶん前に親から角の処分を頼まれていた。父が若い頃に一旗揚げようとしたのか、アメリカで水牛らしき角の飾り物を作らせて輸入したらしい。我が親ながら怪しい人間である。近づきたくない。かなり古い商品で、私が生まれる10年ぐらい前(1960年後半)に作られたようなのだ。書類などはいっさいない。だから、これ水牛じゃないかもしんない。詳しいことを知る父は他界している。母は全くあてにならない。「ヤギじゃないよね?」などと言っていたので。どうしたらヤギに見えるのか。

 

 

牛のレリーフがあるので牛のはず。

 

 

長さが170センチ以上ある。オークションで出品しようにも、クロネコのサイトの料金表に値段が載ってないんですよね。いくらとられるか心配だ。直接、店に行って聞いてこなければ。こういう物が家に10本以上あるのかな。面倒くさいのでうっちゃってあったのだけど、そろそろ処分しないとなあ。今後は、おもむろに懐から角の写真を出し「こういうのなんだけど、一本どうですか?」と勧めて歩く人になる。以後、牛の人と呼んでもらいたい。お宅にも一本いかがでしょうか。時代は牛である。

 

オークションを見ても、この角のサイズの半分ぐらいのものしかなくて適正価格がわからない。実はすごく高かったりして。フヒヒイヒヒ‥‥。とりあえず古美術商とかのところに写真を持って行こうかと思います。

 

 

いよいよ自分の本業がわからなくなってきた。

 

 

▼映画の感想「ザ・ウォーク」「シン・ゴジラ」を書きました。「ザ・ウォーク」は世界貿易センタービルで綱渡りをした大道芸人の話。無茶な人だよ。「シン・ゴジラ」は石原さとみがゴッズィーラと発音していたのが印象に残った。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 01:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark