RSS | ATOM | SEARCH
情熱

▼地元で迷子。オロオロ。子供が迷ったら迷子だが、おっさんが迷ったら不審者。気をつけよう。

 

手作りシュークリームの店を見つけて購入。迷ってみるもの。

 

 

 

▼友人夫婦の家にお邪魔。友人夫婦の子ター坊(中学2年)と話す。

 

ター坊、クラブ活動をあまり熱心にやってないようで父親から説教される。「おまえには情熱がない」といわれても、ケロッとしているター坊だ。情熱とはまた熱い言葉である。なんだか感心してしまった。ター坊の父親は中学時代、部活をやっていた。だが彼は水曜日になると、部活をさぼって帰っていた。当時、なぜ水曜だけ帰るのか理由を訊いた。

 

「家の近くの林にさあ、水曜になるとエロ本が捨ててあるんだよ。水曜はそれを回収しに行かないと」

 

行かないと、じゃないわ。おまえ、よくその口で情熱とかいえたな。おまけに「俺の教育方針は『獅子は千尋の谷に我が子を突き落として育てる』だ」などという。あ、この人、自分のことを獅子だと思ってるんだと知り、ちょっと恥ずかしい。またまた〜、ネズミ男みたいな顔して冗談ばっかり、と思いました。

 

ター坊はそれを聞いて、死んだ魚のような目をしていた。

 

強く生きろ。

 

 

 

▼ツタヤ図書館、お飾り用の読めない洋書購入に巨額税金投入…高さ9mの棚に固定(Business Journal

 

閲覧、貸出が一切できない飾り用の本、中身が空洞のダミー本を購入というのは、図書館をよく使う身としてはちょっともったいない話。オブジェのようなものとして考えればいいのかな。これで図書館利用者が増えるとは思えないのだけど。図書館を目玉に観光客でも誘致しようということなのかなあ。

 

そもそも本のオブジェって本当に意味があるのか。本が並んでいるのは確かに壮観かもしれないけど、それは読める本が並んでいるからであって、中身が入ってない空洞のダミー本とか、貸出も閲覧もできない洋書だとか、それを利用者が知っている場合はどうなのだろう。

 

こんなにフサフサになりましたというカツラのコマーシャルのような。みんながカツラと知っていた場合、カツラをする意味があるのかという。ちょっと微妙な気分になる話。開館時間を長くするとか、隣接している市とシステムを共通化して相互利用できるようにするとか、本の種類を増やすとかを先にしたほうが利用者は喜びそうだけど。

 

 

 

▼映画の感想「ノック・ノック」を書きました。キアヌ・リーブスが若い女の子にいじめられる話。情けないキアヌを見たい人は是非。後味は悪いです。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
閉塞感の正体

▼冬物とストーブを片付ける。バジルは日々、成長する。芽がそこかしこに出始めた。間引いたり、移し替えたりする必要があるのかもしれない。まだ全然育ってないけど。

 

ゴールデンウィークの予定はバジルをあれやこれやいじる。ああ、忙しい忙しい。哀しいぐらいに忙しい‥‥。

 

 

 

▼会長の句会の手伝い。東京オリンピックの頃の話を聞く。お年寄りに聞いても今の時代のほうが閉塞感が強いというのは本当のようだ。不思議。結局のところ「豊かである」ことより「将来、豊かになる。今よりもっとよくなる」という希望を持っていることが、人間の精神にとってはプラスに作用するのかもしれない。

 

今は生活水準も向上して60年代より格段に豊かになっているはず。だとしたら、不足しているのは希望ということか。物質的な豊かさが満たされると「思ってたよりたいしたことなかった」ということに気づき、向上していく希望を失ったことが閉塞感に繋がっているとしたら、こんな皮肉はないように思う。何を目指して生きてきたのか。それだけではなく格差の問題というのもあるのだろうけど。

 

「信長の野望」とか「三国志」というシミュレーションゲームが好きで、子供の頃によくやっていた。あのゲームのもっとも面白い時間は天下統一のときではなくて、序盤から中盤にかけて国が大きくなっていく時期にある。まだ安定しなくて、強いところにはかなわないのだけど成長していく楽しさがある。大きくなってしまえば安定して、あとは作業のようになるので飽きることもある。

 

現代は大きくなった状態なのかもしれない。でも、大きくなってからの楽しみ方というのもきっとあるし、それを探していくしかないのだろう。物騒なことをいえば、一度壊すとまた楽しいのかもしれんけど。

 

 

 

▼珍しくブログの内容についてメールをもらった。「みんなは読んでなくても、私は応援してます」と書いてあった。

 

「みんなは読んでなくても」の部分いるー? 真実はいつだって悲しい。わたしは強く生きていく。

 

 

 

▼被害者の瞳に映る容疑者(産経WEST

「徳島県警が逮捕した容疑者のスマホを押収、保存されていた被害者の顔写真1枚を解析し、犯行を裏付ける証拠としていた」

 

被害者の瞳に犯人が映っていたなんて、まるで小説のような話。

 

 

 

▼映画の感想「パージ」「籠の中の乙女」を書きました。パージは1年に1回、国民のストレス解消のために犯罪オーケーにしましたという話。籠の中の乙女は、世間の悪影響を避けるため、子供を外に出さずに育てる話。どっちも頭がおかしいものの、籠の中の乙女はかなりの珍作だと思います。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
現金を現金で買う

▼バジルが順調に育ってきた。だがまだ芽は2、3ミリ。バジルソースまであと一か月ぐらいでしょうか。グヒヒヒ。

 

 

 

▼メルカリ(ネットオークション)での現金出品。これはどういうことでしょうか。

現金を現金で買うとは。しかも売れているという。最初見たとき意味が解らなかったですが、ふと似たことを思い出した。

 

青木雄二さんの漫画「ナニワ金融道」で、金に困った男が金券ショップで新幹線チケットを買う場面があったと思う。これと同じなんですね。買うのにはクレジットカードを使い、買ったチケットはすぐに他のショップで売って現金化する。新幹線チケットや商品券は人気が高いので9割ぐらいで買い取ってくれる。クレジットカードの支払いは遅いので、手元にはとりあえず現金ができるというもの。

 

お金のない人が飲み会の幹事をやり、支払いは自分のクレジットカードで済ませ、みんなからはその場で会費を徴収するやり方も同じですね。しかし、オークションで現金を売るとは考えたなあ。これはとんでもなく儲かる。5万の現金を6万(実際に画像を見ると5万を59500円で売っている)で売って1万円儲かる。これを20回繰り返せばそれだけで最低限の月収ぐらいにはなる。支払いはクレカだし、仮に支払者が滞納してもカード会社が負担するのでとりっぱぐれる心配もない。税金が引かれるでもなし。手数料あるから、そこまで儲からないのかな。


出品者の商品説明画像には「この商品はメルカリ事務局が問題なしと認めた商品です」とある。本当に事務局が問題なしとしているかはわからないけど、切手、古銭、外国硬貨の販売とみなせば違法にはならないのかな。法律に違反してなくても企業としてどうかというのはある。暴力団の資金源になる恐れもある。

 

個人金融時代の到来か。

 

 

 

▼映画の感想「レヴェナント 蘇えりし者」「神の一手」を書きました。レヴェナントはディカプリオがひたすらいじめられる。熊、怖い。神の一手は囲碁の映画ですが、最終的には囲碁ではなく殴り合い。囲碁、いらないのでは。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark