RSS | ATOM | SEARCH
台風

▼風速60メートル以上の巨大な台風が来ている。京浜河川事務所は多摩川沿いにライブカメラをつけて公開しています。まだ台風が上陸してないのに多摩川が溢れそうになっている。このままだと夕方までもたないんじゃないのかな。携帯に避難勧告のメールが来て恐れおののく。ここは川から遠いので避難はしなくてよいのですが。

 

 

昨日のうちにいろいろ準備はしておいた。今はガトーショコラを食べている。

 

「どうせ僕なんか」が口癖の卑屈くん。台風の備えを何もしていなかったという。スーパーかコンビニで食事を買えばいいやと思っていたら近所は全店休業らしい。水しかないという。人は水で7日間は生きられるし余裕余裕。おばあちゃんがよく言っていたのは「人の苦しみなら何年でも我慢できる」。まさに。おばあちゃん、台風のときに川を見に行くような人だった。「興奮する」とのこと。いや、気持ちわかるんだけど。たまにニュースになるやつである。

 

卑屈くんは「裏の民家に柿が生えている」と言う。まさか、この男、柿泥棒になるのでは。たぶん食べても美味しくないやつで、裏の人もほっといていると思うんだけど。どこでもある程度は備えをしているだろうから、千円ぐらい持っていけば普通の食べ物を分けてもらえるんじゃない? と言ってみたが「声を掛けるのが嫌なんです」とのこと。泥棒になるのも嫌だから、双眼鏡で裏の柿の木を監視して実がこちら側に落ちるのを今か今かと待っているとか。実が敷地内に落ちても法的には泥棒なんだけど。

 

それが柿泥棒と交わした最後の会話だったのです。と、ならないようにしてほしい。

 

 

 

▼ラグビーワールドカップ、日本対サモア戦を観た。ルールも何もわからない。あんなに体格いい人ばかりだから一試合に二回ぐらい相手を殴ってもいいのだろうか、というレベル。

 

だけどわからないなりに楽しい。攻めても攻めても押し戻されていたのが、相手のディフェンスの隙をついて一気に進むと面白いですね。ちょっと気になったのがイギリスチームである。イギリスというチームはなく、イギリスの中でイングランド、ウェールズ、スコットランドと3チーム出ている。ずるい。おまえら、一家族ではないのか。アイルランドも出ている。

 

 

アイルランドは左側の島ですが、アイルランド北部だけはイギリス領でこれもまた扱いが難しいところ。アイルランド北部(イギリス領)の選手って、ラグビーのときだけ左側の大きいアイルランド代表として出るのかな、それともイギリスから出るのか。イギリスから出る場合はイングランド、スコットランド、ウェールズのどこに属するのだろうか。謎。

 

少し前に明治維新から150年ということで各地で記念行事が行われていた。明治新政府は薩摩(鹿児島)と長州(山口)が中心となって作ったものだから、当時、敵方だった会津(福島)では「明治維新150年」という祝い方をせず「戊辰戦争150年」という垂れ幕を出していた。明治政府は認めないという熱い主張。まだ引きずるかという。現地の人にとっては譲れないものがあるのかもしれない。

 

同様にイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドという区分も、イギリス人にとっては譲れないものがあるのだろうなあ。テレビを観ていたら、スポーツバーにいたウェールズファンの男性が日本人に「一緒にイングランドを倒そう!」と言っていた。おまえ、イギリスちゃうんかいと思いましたが、いろいろあるのだろう。ウェールズはあくまでウェールズでイングランドとは別。そういうしがらみがわかると、より一層楽しめそう。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 16:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ノーベル文学賞

▼この時期になると、村上春樹はノーベル文学賞を受賞できるかというニュースが流れる。もはや秋の風物詩。村上春樹を秋の季語として登録してもいいような。本人、嫌がりそうですけど。

 

賞をとってもとらなくても本の内容は変わらないわけだから、どうということはないはずだけど、ファンは外国の権威に認めてほしいものなのだろうか。価値を認めるのが自分だけでは駄目ということか。出版関連の方は売上に関わるけれど読者にとってはどうでもいいことに思える。というようなことを書いて、はや何年。今年も書いてしまった。来年以降も書くのでは。

 

 

 

▼Dlifeというチャンネルをよく観ていますが、そのCMで生島ヒロシさんをよく見かける。テレビショッピングで様々な商品(明太子、ウナギ、健康食品、梅干しなど)を売っている。自分が使わない物、あまり好きではない物だと、つい推せない部分が出てしまい、変な後ろめたさが出そうだけれどヒロシは全力で推すから偉い。「すばらしいですねぇ、これは!」と満面の笑みで推せる。

 

それが女性物のダイヤペンダントだろうがアコヤ貝真珠ネックレスだろうが関係ない。自分が使わない物を全力で褒められる。これがプロでなくて何がプロだろうか。いっそ清々しいとはこのこと。生島ヒロシを見るたびに「プロだなあ‥‥」とため息が漏れる。魂の売り渡しっぷりがすさまじい。いや、そもそも最初からヒロシの心にそんなものはなかったのだ。そこにあったのは販売のプロとしてのプライド。私はアコヤ貝真珠ネックレスと共に、ヒロシの魂も買うのだ。また適当なこと書いた。

 

 

 

▼ポイント還元について調べたら政府のページがわかりやすかった。ここに掲載されてないカード会社もポイント還元をやっているところが多い。具体的にポイントがどう還元されるのかなと思ったらカード会社によって違うんですね。引き落とし時期に自動で引き落とし金額から相殺されるものや、自社ポイントに貯まるものがある。私はネットショッピング以外でカードを使ったことがなかった。実際に近所のスーパーで使ってみたところ、あまりに便利なので驚く。今まで隣の村まで穴の開いた巨大な石をゴロゴロ押して買い物に行っていたのに、世の中、便利になっていたのだ。世間知らずがとまらない。

 

とはいえポイント還元事業は来年6月までの9か月間というので、それが終わってしまえばまた現金生活に戻るのかな。お財布にある分だけ使うというほうが身の丈にあっているような気がするのだ。また石を押すトレーニングしとこ。ゴロゴロ。

 

 

 

▼香港だけでなくインドネシアでもデモがやっている。こちらは学生に二人死亡者が出ている。民主主義を当然として生きてきたけど、世界ではそんなこともないのでしょう。イギリスのエコノミスト・インテリジェンス・ユニットが世界167の国・地域を対象にした民主主義指数を毎年発表している。

 

 

大雑把にいえば緑の部分が民主主義になります。「完全な民主主義」「欠陥のある民主主義」を合わせても44.9%。「混合政治体制」は23.4%、「独裁政治体制」は31.7%とある。独裁が世界の約1/3ということに恐ろしさを感じる。香港、日本とも「欠陥のある民主主義」に含まれています。民主主義でない国・地域の方が多い。民主主義は当たり前のものではないのですね。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 11:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark

▼『あきづき』という梨を食べる。八百屋のお婆さんの話では新種らしい。調べてみると『新高』と『豊水』を交配してできたものに『幸水』を掛け合わせて作成された赤梨とある。なるほど、しかない。梨に関して何も語れないポンコツである。

 

 

あのね、あま〜いの。そんで、普通の梨よりちょっとだけ皮の色が濃いのね。頭の良い幼稚園児に負ける感想しかない。

 

 

 

▼今までタマゴとエビのサンドイッチは作っていたけれど、家にホタテしかなかったのでタマゴとホタテのサンドイッチを作ったところ美味しかった。これからはタマゴホタテサンドの時代。書いていて思ったが「家にホタテしかない」状況ってあるんかな。ホタテ以外もいろいろある。冷蔵庫とかー、テレビとかー、エアコンとかー。

 

今日はなんだか心の小学生が日記を書いているような。いつも以上にどうしようもない感じが。

 

 

 

▼「丁寧な暮らし」という言葉を見かけるようになった。映画『かもめ食堂』のような暮らしをイメージしてしまう。質素ではあるものの、好きな物や人に囲まれ、ストレスがないのんびりとした暮らしという。そこへいくと、隣席のTさんは立派。

 

ボクシングを始め、ジムに通わない日は酒を飲み、土日は土日で酒を飲む。豪快。飲酒と好きな物(主に揚げ物、ポテチ)を食べるためだけにカロリーを消費しているという。おっさんなのでは。アンチ丁寧な暮らし。ここには小林聡美も、もたいまさこも出てこない。美味しいサンドイッチも、北欧風インテリアもない。仕事に疲れた鬼気迫る三十代の女がいる。

 

ジムで出会いはないのかと訊けば、鬼のような顔をしてパンチを繰り出しているらしく、誰からも声を掛けられたことがないという。パンチを繰り出す先には、誰の顔をイメージしているのか。震えて眠ろ。

 

 

 

「金貨や小判」1人で1億円超も…関西電力の役員ら3.2億円受領の実態FNN PRIME

関西電力の役員らが高浜原発がある福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題。まさか小判が使われていたとは。江戸か。お菓子の下に入れたりもしていたようですが、ちょっと越後屋ごっこをやりたくてふざけたのだろうか。「越後屋、お主も悪よのう」「お代官様こそ‥‥ほっほっほ」である。

 

である、じゃないわ。メインで使われることは少ないでしょうが、小判は賄賂としていまだに現役なのかな。しかし、小判を作れる技術を持つ企業は限られている。もしそんな越後屋ごっこが行われているとしたら、小判を作っている会社の顧客名簿を見れば贈収賄に関わった人がわかるのではないか。顧客名簿を見せるのは信用にかかわるけども。

 

私も一度は黄金色のお菓子を受け取ってみたいもの。こちら側の準備はできている。羽織袴に着替えたっていいし、なんならチョンマゲにしたってかまわない。一日千秋の想いで越後屋を待っている。だが、越後屋さんにはかって上げられる便宜がない。自作パソコンとか組みましょうか?

 

 

 

▼映画の感想『マンイーター』を書きました。巨大ワニ映画。大きいことはいいことだ(雑な感想)。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大航海時代V