RSS | ATOM | SEARCH
バリエーションの効用

▼エビやイカを入れた海鮮ヤキソバ(オイスターソース味)を作る。美味し。最初にキーを打ったとき「開戦ヤキソバ」と変換されてしまった。真珠湾を爆撃しそうな勢いを感じる。

 

今では付属のソースは使わず、オイスターソースをベースに醤油、みりん、砂糖、鶏ガラスープの素、酒などを混ぜてソースを作っている。たまに面倒臭くなって付属のソースを使って普通に作ることもある。そうすると「これはこれでいいもの」となる。ここら辺にバリエーションの効用というのがあるのではないか。いつもオイスターソース味や、逆にソース味一辺倒ならば飽きてしまう。別の何かが混ざることで、どちらも輝くことができる。オイスターソース味に戻ったときには「やっぱりこれだなあ」となる。ソース味があるからこそ、オイスターソース味がより輝きを増す。

 

ポテトチップスがいつも新しい味を出してはいるが、結局スタンダードな「うす塩」「コンソメ」「のり塩」の良さを再認識することと似ている。それで良いのじゃ。いつかはここに帰るのだ。だからバリエーションは必要で、なるべく多いほうがいいのではないか。たとえすべてが一流ではなくても。

 

 

 

▼Amazonプライムで映画をよく観る。以前から気になっていたけれど、洋画を翻訳したときの変な邦題に引っかかる。後ろの部分が気になるのだ。内容は良さそうなのに。

 

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

インスタント・ファミリー 本当の家族見つけました

ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた

 

後ろの部分、いるかこれ。今はこういうのが流行りなのだろうか。私もブログのタイトルに後ろの部分をつけようかなあ。「玉川上水日記 日常が僕に教えてくれたこと」

 

ジンマシンが出そうなので自害。

 

 

 

▼新型肺炎で「神対応」台湾の天才IT大臣やエンジニア達に賞讃の声(MAG2NEWS)の記事を読む。

 

台湾のデジタル担当政務委員(IT大臣にあたる役職)のオードリー・タン氏が台湾中の各薬局のマスク在庫状況のデータを公開。有志のエンジニアによって作成された「マスク在庫マップ」というツールにより、台湾中の薬局のマスク在庫量が確認可能となった。購入希望者は薬局をまわる手間がいらず、マスクを購入できる。マスクの購入に実名制も導入され、マスクを買うには健康保険証が必要となった。

 

アイディアと行動力がすばらしい。日本も台湾にならって同様のシステムを作れないものかと思う。仕様は台湾のものを真似ればいいし、緊急時なのでソースコードの提供もお願いできるような。そうすれば日本語入力が必要なフロント部分を変える最小限の変更だけで導入できるかもしれない。マスク購入に実名制を導入したことで、転売や個人の大量購入も防ぐことができるし、価格の高騰も防げる。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:59
comments(0), -, pookmark
システム

▼厚生労働省職員、ウイルス検査せずに職場復帰(TBSニュース)という記事を読む。

 

意外な話で驚いた。職員たちはクルーズ船から下船後、なんの検査もしなかった。この滅茶苦茶な判断はなぜ行われたのか。彼らがウイルスを広めてしまう可能性も十分ある。子供でもわかることだから、官僚が気づかないわけがない。だが、その当然な疑問を言い出さないことが省内では評価されるという空気があるのだろうか。優秀な人間が集まっても、明らかに誤った判断がまかり通るという状況は容易に出現する。トップが自分にとって面倒な提案を評価しないのと、言った人間がつぶされる、もしくは評価されない空気が省内にあるのかもしれない。システムが悪ければ優秀な人間がいくらいても機能しない。逆に、多少能力が劣る人間が集まっていても、健全なシステムが築かれていれば組織は有機的に機能するのではないかとも思える。

 

それとヒーローにすがるようなシステムを作ってはいけない、というのはよく言われる。できる人のがんばりに依存してしまうと、その人が抜けたときに組織が機能しなくなる恐れがある。組織はポンコツをベースにデザインする必要がある。私のような。という話を24時間くんとしたわけだが、彼は難しい顔で「じゃあ、ポンコツな人をたくさん集めないといけませんね」と言ったので驚いた。いや、そんなこと言ってないじゃん‥‥。

 

私は24時間くんを基準に業務システムを考える。

 

 

 

▼『コール・ザ・ミッドワイフ 助産婦物語』がいいんですよね。これは『ダウントンアビー』以来の当たり作品では。必死で一つの命を救おうとする助産婦やシスターのひたむきさに胸を打たれる。

 

 

そして、ゾンビがはびこる世界で生き抜くゲーム『ダイイング・ライト』を始めました。

 

 

20年ぐらい前に『サイレント・ヒル』というプレイステーションのホラーゲームがあった。あの頃のゲームはポリゴンのブロックが見えるほど粗いグラフィックだったし、キャラクターの顔もぼやけてはっきりと見えない。それでも人間の形をしたゾンビを殴り殺すのは抵抗があったし、怖かった。

 

しかし、いつの間にかそういった躊躇いは消えてしまった。『ダイイング・ライト』はくっきりはっきり恐ろしいゾンビが出てくるし、この世界には人間を襲うならず者もいる。今や人もゾンビも容赦なく、鉄パイプや釘バットでボコボコにしている。武器の耐久度が減るのが嫌だから、こけさせたゾンビを何度も踏みつけて殺している。省エネ。

 

『コール・ザ・ミッドワイフ』で命の大切さに涙したあと、『ダイイング・ライト』でゾンビをボコボコにしていると情緒がおかしくなる。ワシの人生、これでええんかの? ってなる。どちらも、お薦めです!

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 12:55
comments(0), -, pookmark
闇医者

▼エンジニアのWさんのお宅に寄り、グラフィックボードやメモリなどをもらう。家にあるパーツと組み合わせれば1台PCができるかも。ほほほほ。

 

WさんがPCのパーツを出してくれるのを待つ間、娘のナオちゃんと話す。小学2、3年ぐらいなのかな。しっかりした女の子。シルバニアファミリーというのだろうか、動物の家を持ってきていろいろ説明してくれる。洋服も家具も細かいところまで凝っている。人形の名前や設定など、一通りの説明を受けた。

 

 

「今日はどうしました?」「え‥‥?」「今日はどうしました?」

察しの悪い奴だな‥‥という表情のナオちゃん。どうやらお医者さんごっこが始まっていたようである。渡された茶色のクマが私なのだろう。「今日は‥‥今日は、ちょっと熱があるみたいで」「診てみましょう」

ナオちゃんは、横にしたクマの胸に聴診器を当てるような仕草をしている。しばらくすると、難しい表情で「‥‥手術しかないですね」と言う。先生、聴診器で診ただけで手術って、ヤブじゃん。というか狂人の可能性も。

 

「横になってください」クマはすでに横になっていたが、先生はシルバニアファミリーの家から注射器を取り出すと、クマに突き刺す仕草をした。「麻酔です」と重々しく言う。患者の同意なく、手術は始まっていた。そのあとにナオちゃんは笛を出してきて、ぴーひゃららと奇妙なメロディーを演奏しだした。先生の手術って、現地の呪術師がやるやつでは‥‥。それ、麻酔いらなくない? という私の疑問をよそに手術は終わった様子。

 

「治りました。手術代一千万円です」「先生! ちょっと高くないですか」ブラックジャックのような闇医者に頼んでしまったらしい。「そんなに払えないですよ」と泣きつくと、ナオちゃんは首を振りながら「わかりました。では『死』です!」と断言した。ちょっと笑ってしまった。せっかく治したのに死て。

 

WさんがPCのパーツを手に戻ってきた。Wさんによると、ナオちゃんはお医者さんごっこにはまっているらしく「食べ過ぎてお腹が苦しい」と言えば即手術、検温してもらうと毎回「120度」と答えるらしい。人は42度で死ぬ。

 

闇医者のところから無事生還し、ハムトマト卵サンドを作る。美味し。楽しい日だった。また診察してもらいたい。だが、死の危険がある。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:37
comments(0), -, pookmark
CABAL