RSS | ATOM | SEARCH

▼人は何歳ぐらいから演歌を聴くようになるのだろう。子供の頃は、40歳ぐらいになったら演歌に移るのかと思っていたが、そんなこともない。最近はSuperflyの「Wildflower」をよく聴いている。まだ演歌に移行しそうもない。

 

でも、歌詞だけは読むことがある。演歌の歌詞を読むと不倫の歌が多くて驚く。明日になればあなたは奥さんの元に帰ってしまうけど今夜だけは、みたいなのが多い。堪え忍ぶ女、尽くす女は現代ではファンタジーであって、徳川埋蔵金でも探す方が見込みがありそう。だが、演歌の世界にはこういった人たちがまだ現役である。現実社会とかけ離れているようだけど、はたして次の世代に受け継がれていくのだろうか。歌うときに感情が入らないんじゃないかなあ。

 

女の人も結婚後に働くことが珍しくない。そうなるとかつてのような堪え忍ぶ女、尽くす女というのは成立しにくい。作品には時代との格闘が不可欠だと思うのだけど、演歌はどうやって時代を反映していくのだろう。

 

嫁より稼ぎが少なくていびられる夫、断絶した親子関係・周囲からの孤立による孤独死、お互いにボケてしまう老々介護の夫婦。現代の問題を表せば地獄しかない。時代を反映したら恐ろしいことになった。どうしてくれる。

 

 

 

▼思えば、歌というのは不思議だ。詩だけで成立せずになぜ曲が必要なのだろう。これは歌だけではなくて、物語にも同じようなことを感じる。要点を端的に言葉で表せば短くてすむのに、わざわざ長い物語が語られる。ずいぶんと効率が悪い方法なのだ。でも、歌や物語がない文化というのは存在しないだろうし、またすべて端的にしたならずいぶん味気ないものだろう。

 

やはり言葉だけじゃ足りないのかな。心に浮かんだものを表現するのに、言葉にしたときに抜け落ちてしまうものがある。言葉にすればすべてを表現できたというのは思い込みで、だから誤解が生まれたり、うまく言葉にできないということも起きてしまう。言葉にできない部分こそが重要なのかもしれない。曲や物語は、言葉にできない部分を補っているのだろうか。

 

美しい曲を耳にしたとき、気分が高揚したり、心が慰められることがある。なぜ美しいものが感情を動かすかがよくわからないのだ。理由がわからず感動している。美しいからだといわれれば、そうなのだろうけど。以前よりも、美しい・面白いというものに価値があるように感じている。

 

 

 

▼映画の感想「CAGED -監禁-」「激戦 ハート・オブ・ファイト」を書きました。「CAGED -監禁-」はひとまずおいといて「激戦 ハート・オブ・ファイト」が熱かったですねえ。面白かったー。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 01:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メガネ

▼打ち合わせ。初対面の方だったが打ち解けて話せた。その方のツイッターのIDを教えてもらい「よかったらのぞいてください」といわれる。雑談では映画の話になった。どの映画か忘れたのだけど、主人公の頭がよくなったときに、場面が変わったら急にメガネをかけていたことがあった。メガネで頭の良さを示すという、あまりに古いやり方にちょっと笑ってしまった。メガネのつるをクイッとあげるような。それをギャグではなく、真面目にやっているという。

 

そんな話をしたとき、彼の反応がちょっと鈍かったんですね。で、家に帰って彼のツイッターを見たら、アイコンの画像がもろにメガネだった。また意図せずに人を傷つけてしまった。彼を笑うつもりなどなかったのに。わたしのようなゴミ虫の言葉など、無視してもらってかまわないのだ。ほら、ちょっとそう思っただけじゃん。

 

そんでまたさっき彼のツイッターを確認したら、メガネのアイコンは消え、代わりにお菓子の画像になっていた。思いっきり気にしとる。彼のツイッターなど見たことがないかのように、普通に仕事のやりとりだけをしている。そして今に至る。

 

もう余計なことをいわないように口を縫おうと思っています。

 

 

 

▼CREATIVERSE

今日も今日とて穴を掘る。前回、汚染エリアの敵を養殖して素材を得る計画は失敗に終わった。アイディアは悪くないと思うんだけどなあ。このゲームはいろんな道具を開発できるのだけど、説明がややこしそうなので読んでいない。苦労して作ってスカだと悲しいので、あまり作ってもいないのだけど。スイッチやセンサーはいろいろ使えそうなんだけどなあ。どう使うんだろ。

 

 

これは先日作った溶岩エリアの敵の養殖工場。ガラスによって中に敵が湧いたか確認できる仕組みになっている。道具にセンサーというものがある。センサーで敵を探知して、敵が湧いたのを感知したらセットしておいた爆弾を落として敵を殺して、出てきた素材を自動で回収するみたいな仕組みは作れないものか。そうすれば、もう何もやらなくてもよくなる。寝ているだけいい。そうなると、ゲームをやる意味がないのでは。おまえはいったい何がしたいのだ、という気もする。

 

ただ、素材回収とかの単純作業を代行するような手段はほしい。子供の頃、友人I君はドラクエを誰よりも早くクリアしていた。家にいるお父さんが、I君が学校に行っている間にレベルを上げてくれるからだという。当時、I君のことがうらやましくてしょうがなかった。今となってはI君のお父さんは何をやっていたのだということだけど。

 

なぜかモヤモヤする話を書いてしまった。とりあえず、今、わたしはお父さんがほしい。I君のお父さんがほしい。

 

 

汚染エリアの探索は「ヒーリング・ビーコン」という道具を開発することで急速に進んだ。この道具は設置することで汚染水や汚染床を浄化でき、回収して何度でも使える。汚染水をライフが回復できるミネラルウォーターに変えられるのが大きい。汚染水に落ちると即死してたし。

 

結果、汚染エリアが危険地帯ではなくなり、最強の剣とグラブも作ってしまった。養殖工場の必要もなくなった。うーむ、目的がなくなってしまった。なんだなんだ。もはや建築に生きるしかないのか。

 

 

ショップから、設計図を資材で購入できるので、石炭庫というのを買って作ってみる。ちょっと建築に凝る人の気持ちもわかるような。しかし、設計図なしで一からこういうのをつくってしまうのはすごいですね。

 

 

完成したら花火が上がった。

 

 

中はこういう感じ。みなさんの気持ちになってみると「こんなもの見せられても」だろう。わたしも、そう思っています。

 

 

 

▼映画の感想「ヴェルサイユの宮廷庭師」を書きました。タイトルを変換したとき「ヴェルサイユの宮廷にワシ」となった。ちょっと観たい。まあ、そんな内容の映画ですよ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 00:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
まや道

▼打ち合わせと打ち合わせの間に時間があり、近くにあった図書館に入る。1時間ぐらいで読めそうな本を探していたらアナウンサー小林麻耶さんの自伝「まや道 向かい風でも笑顔の理由」を見つけた。「道」は「みち」と読みます。

 

 

この本を手に取る人は小林麻耶さんのファンか、そうでなければわたしのように「なにか香ばしい予感がする」と意地悪な期待からではないか。なにせ、まや道である。とんでもないところに繋がってそうじゃないか、まや道。読み始めたら文章は読みやすくするすると入ってきた。30代の悩みを素直に吐露してあり、共感するところが多々ありました。

 

恋愛をあきらめた多忙すぎる局アナ時代から、結婚を焦ってちょっとおかしくなってしまった30代半ばまでを訥々と語っている。20代の女性アナウンサーに求められているのは能力などではなく、笑顔や未熟さなど、そこにいるだけで愛されるようなマスコット的役割というのを冷静に分析している。30代になるとそういった扱いに、心が軋みをあげてくるのかもしれない。

 

30代になれば結婚を意識し、周囲からのプレッシャーもあって、しだいに追い詰められていく。20代の頃は、入社2年目から月に3日ほどしか休みがなかったと書かれている。過労死やブラック企業などを報道するテレビ局がこれではまずいのでは、と思えるほど働いていて、30代になったら急に「早く結婚しないと」と圧力をかけられたら、そりゃ、頭にもきますよ。

 

テレビでの小林麻耶さんは、ただのぶりっ子というイメージでしたが、この本では人見知りで自分に自信が持てない繊細な女性という、かなり違った面が見えてくる。人見知りなどなさそうに見えて、学校になじめずいじめられた話や、美人ゆえの女性からのやっかみ、「男に媚びて仕事をもらっている」と周囲に思われているのでは? と思い込み、どんどん追い詰められていくさまはかなり辛そうに思えました。負の思考から抜け出て、明るく立ち直っていく様子も描かれており、良かったです。

 

巻末にはアイドルと勘違いしたようなポーズを決めた写真が掲載されており、「そういうところが嫌われる原因だからな!」と思わせてくれるのもいい。それすら、今ではわざとやっているのかもしれません。でも、やっぱり自分大好きなんだろうけど。一人の女性が自己を肯定できるようになった成長物語としても読めます。小林麻耶さんがとても好きになりました。良かったですよ。女性の方は特に共感するところも多いと思います。

 

 

 

▼CREATIVERSE

今日も今日とて穴掘りゲーム「CREATIVERSE」である。穴掘って、敵倒して、素材採って、武器作っての繰り返しである。穴はいくつかの層に分かれていて、普通の地下、マグマ、汚染された層となっている。この汚染された層が厄介で、汚染地帯にいると体力がみるみる減っていく。紫の汚染水に落ちると、薬を飲んでない限り即死である。薬も作るのが大変。んで、敵は強いという。

 

 

敵を倒すには良い剣がいるが、その良い剣を作るにはここの敵を倒さねばならぬという堂々巡り。どうすりゃいいのだ。

 

で、わたくし、考えましたよ。一匹ならなんとか倒せる。このゲームは建築ができるのだ。この汚染層の土地を掘りまくって、自宅近くに敷き詰めれば、そこから敵が湧くのではないか。4×4マスぐらいの小部屋を作り、敵を一体だけ湧かせて倒して素材を採る。天才!

 

 

2階部分にある茶色い小部屋が今回作った実験室。ウシシシシ、これで敵を湧かせてボコボコじゃーい! そう思ってたわけですが、湧いてこないのである‥‥。うーむ、条件が違うのだろうか。で、4×4マスでは小さすぎるのかと5×5マス、6×6マスと建物をちょっとずつ大きくしていく。なにせここの敵は強烈なやつが多くて、こちらの体力がごっそり持っていかれるから2体湧くとそれだけできつい。

 


 

で、最初のうちはちょっとずつ床面積を増やし、壁を作り、扉をとりつけて実験室を拡張し、出なかったらまた壊してとやっていたわけです。しかし、人は怠ける生き物である。もう面倒くさい。一々壁とか作ってらんない。壁を作らず、汚染床だけをひたすら敷き詰め始めた。はっきりいって、この状態で魔物が大量に湧いたら即死である。

 

 

手抜き工事発生の瞬間を体感した。こうして重大事故は起きる。だが、それでも面倒くささに勝てないのが人間の真理である。人間ではなく、おまえのだろうが、といわれそうだけど。

 

結果、実験は失敗して16×16マスの汚染床を敷き詰めても何も起きないのだった。うーむ、なぜだ。汚染度が足りないのかなあ。一応、この実験にとりかかる前に、もっと簡単に素材が集まるマグマ層の床を敷き詰めて同様の実験を行った。そっちは、ちゃんと魔物が湧いたし、なんと宝箱もたまに湧くのである。宝箱には貴重な鉄が入っている。ただし、敵がそこそこ強いので様子を見に行くと殴られる。

 

 

扉の隙間から、ほとんど盗撮状態で中を見ていたのですがよくわからない。奥に光っているのが敵です。入ったら殴られるし。この状態だと左右は壁でわからないのだ。こういうとき、どうするか。水族館である。人はこんなときガラスを使ってきたではないか。ネットで検索してガラスの作り方を調べると、ガラスは、珪砂(けいしゃ)、ソーダ―灰、石灰石の3種類から作られるとある。このゲームにはソーダ―灰と石灰石はない。で、ためしに砂を釜?のようなもので焼こうとすると、ガラスができたわけですよ。フヒヒヒヒ。

 

 

建物の正面部分をガラスに入れ替え、中の様子がスケスケでわかるようになりました。敵が3体いるのが見える。汚染層で敵を湧かす計画は失敗したものの、いろいろ得るところはあった。工夫が楽しい。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark