RSS | ATOM | SEARCH
闇医者

▼エンジニアのWさんのお宅に寄り、グラフィックボードやメモリなどをもらう。家にあるパーツと組み合わせれば1台PCができるかも。ほほほほ。

 

WさんがPCのパーツを出してくれるのを待つ間、娘のナオちゃんと話す。小学2、3年ぐらいなのかな。しっかりした女の子。シルバニアファミリーというのだろうか、動物の家を持ってきていろいろ説明してくれる。洋服も家具も細かいところまで凝っている。人形の名前や設定など、一通りの説明を受けた。

 

 

「今日はどうしました?」「え‥‥?」「今日はどうしました?」

察しの悪い奴だな‥‥という表情のナオちゃん。どうやらお医者さんごっこが始まっていたようである。渡された茶色のクマが私なのだろう。「今日は‥‥今日は、ちょっと熱があるみたいで」「診てみましょう」

ナオちゃんは、横にしたクマの胸に聴診器を当てるような仕草をしている。しばらくすると、難しい表情で「‥‥手術しかないですね」と言う。先生、聴診器で診ただけで手術って、ヤブじゃん。というか狂人の可能性も。

 

「横になってください」クマはすでに横になっていたが、先生はシルバニアファミリーの家から注射器を取り出すと、クマに突き刺す仕草をした。「麻酔です」と重々しく言う。患者の同意なく、手術は始まっていた。そのあとにナオちゃんは笛を出してきて、ぴーひゃららと奇妙なメロディーを演奏しだした。先生の手術って、現地の呪術師がやるやつでは‥‥。それ、麻酔いらなくない? という私の疑問をよそに手術は終わった様子。

 

「治りました。手術代一千万円です」「先生! ちょっと高くないですか」ブラックジャックのような闇医者に頼んでしまったらしい。「そんなに払えないですよ」と泣きつくと、ナオちゃんは首を振りながら「わかりました。では『死』です!」と断言した。ちょっと笑ってしまった。せっかく治したのに死て。

 

WさんがPCのパーツを手に戻ってきた。Wさんによると、ナオちゃんはお医者さんごっこにはまっているらしく「食べ過ぎてお腹が苦しい」と言えば即手術、検温してもらうと毎回「120度」と答えるらしい。人は42度で死ぬ。

 

闇医者のところから無事生還し、ハムトマト卵サンドを作る。美味し。楽しい日だった。また診察してもらいたい。だが、死の危険がある。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 18:37
comments(0), -, pookmark
心の師

▼ツイッターで匿名で誹謗中傷していた人に対して、個人情報の開示請求をして訴えたという記事を読む。児童文学『ゲド戦記』(アーシュラ・K・ル=グウィン)の世界では、本当の名前を知られたら相手を従わせることができる。人は本当の名前を知られぬよう通り名のみを名乗る。匿名で誹謗中傷している人が、実名でSNSをやっていることも多いだろうし、裁判になれば実名も明らかになる。本当の名前を知られることが致命傷になるというのはまさに『ゲド戦記』のようで、古典が現実になったような不思議さがある。ただ、この『ゲド戦記』はとても醜いのだけど。

 

 

 

▼よく行くスーパーに心の師と仰ぐレジのおばちゃんがいる。とにかくよく気がつく人。エコバッグを持っていると、時間があるときはエコバッグのほうに会計した品物を入れてくれる。このスーパーでは会計の際、お腹の前で手を組むお辞儀をするのだけど、おばちゃんは忙しいときにはお辞儀を勝手に省略している。他の店員は上から注意されるのか、癖になっているのか、この変なお辞儀を省略しない。本当に重要なことはお客を待たせないことだから、ヘンテコなお辞儀などどうでもいい。気のつく人は、よく考える人なのかもしれない。

 

会計後、商品を詰める場所に「気になったことを社長室まで教えてください」というカードがあった。このおばちゃんのことを細かく褒めたが、異様に丁寧なストーカーのようになってしまった。でも、せっかく書いたので出す。師匠、これからもがんばってください。心の師、わりとそこらじゅうにいる。

 

 

 

▼イギリスドラマ『コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語』を観る。地味。まだ二話までしか観ていないものの、これは名作の臭いがするぞお。間違いない。

 

 

 

 

▼映画の感想『ミルカ』を書きました。インドの伝説的な陸上選手ミルカ・シンの伝記映画。インド映画にしては踊りません。面白かったです。

 

 

 

▼WEB拍手というのを付けていますが、覗くとずいぶんと押されているので驚く。ありがとうございます。押してくれた日のものを読み返し、誤字が多いことに驚く。一つの記事で、だいたい二か所ぐらい誤字があるような。ヨヨヨ‥‥。あらためて読むと、こんな平凡な日常を書き散らしていいのだろうかとも思う。いいのです。好きにやる。解決した。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:53
comments(0), -, pookmark
バレンタイン

▼隣席のTさんは先月、メゾネットタイプのアパートに引っ越した。メゾネットがよくわからない。ついでにロフトもわからない。室内が区切られておらず、ハシゴがあって二階部分があるのがロフトなのかな。メゾネットは階段があり、一階と二階が明確に区切られているらしい。Tさんによると、メゾネットはロフトの上位であり、メゾネット民となったTさんはこれからどんどんロフト民を見下していくのでよろしく、だそうです。知らんけど。

 

そんなTさんからバレンタインデーにキャラメル菓子をもらう。キャラメルをクッキーでサンドしてある。美味しそうだし、せっかくだから一緒に食べましょうと言うと喜ぶTさん。「そう言うと思って、自分が食べたいのを選んだんです」ちゃっかりしておる。

 

で、美味しい美味しい言いながら、キャラメルサンドを頬張っていたら、ふと口の中に違和感を覚えた。嫌な予感がして、キャラメルサンドを吐き出すと、1年程前に奥歯に詰めたセラミックがとれていた。「ハ、ハガトレマヒタ‥‥」と情けない声が出る。Tさんは「ヒーッ! ヒッヒッヒッヒ! おじいちゃん!」と、魔女のような笑い声をあげた。許さん。

 

帰路、Tさんを山に埋め、歯医者に寄って帰る。取れた歯はまだ使えるそうで、接着剤で固定して無事に治る。キャラメルを食べたら歯がとれたというのが子供のようで恥ずかしく「食事をしたらとれました」と嘘をついてしまった。

 

 

 

▼パワハラやセクハラの講習を受けたとき、こういったことをしてはならないということは教えてくれる。どれも当然のことだけど、なぜ人はいけないと知りながらもそういった行動をとるかは語られなかった。

 

 

BSプレミアムの『英雄たちの選択』にちょくちょく出る中野信子さんの著書『ヒトは「いじめ」をやめられない』は面白かった。人がなぜいじめに走るのか(これだけがすべてというわけではないですが)が書かれている。ここに書かれていることを受け入れられない人も多いだろうなと思う。

 

相手への信頼感、親近感を感じたときに分泌されるオキシトシンというホルモン。このホルモンは共同社会づくりには欠かせないものの、仲間意識を高めすぎてしまうと妬みや排外感情も同時に高めてしまう負の側面も持ち合わせている。もっとも愛情深い人間が、もっとも苛烈で非道ないじめをすることもありうる。

 

人は時として理性より情動をとってしまうことがあり、してはいけないと思いながら浮気をするし、いじめだってする。残念なことに、いじめが快楽という場合も存在してしまう。いじめがいけないのは当たり前でわかっているだろうけど、オーバーサンクション(過剰な制裁)を行う可能性が誰にでもあるということを自覚しておくほうが重要に思える。

 

児童虐待のニュースがしばしばありますが、動物の世界では子殺しは珍しくない。ライオンや猿の子殺しは有名で、オスは自分の遺伝子を残そうとしばしば子殺しをする。虐待はいけないと教えることも重要だろうけど、人も動物で、そういった残酷な気持ちになることがあるかもしれない。そんなとき、相談窓口はここにありますよ、というほうが児童虐待の件数も減るのではないか。私たちは残酷な存在で、それを認めることで少しだけ前に進めるように思うのだ。

         web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
author:しゅん, category:日常, 17:56
comments(0), -, pookmark
CABAL